ピクシブ百科事典

アルヴィン(TOX)

あるゔぃん

アルヴィン(Alvin)とは、RPG『テイルズ オブ エクシリア』およびその続編『テイルズ オブ エクシリア2』の登場人物である。
目次[非表示]

pixiv内での登録タグは『アルヴィン』がほとんどである。

概要

CV:杉田智和
性別:男性
年齢:26歳
身長:182cm

キャラクターデザインは藤島康介

ラ・シュガル国の首都イル・ファンの研究所で軍の最高機密を知ってしまった事で、ミラと共に軍に追われていたジュードを助けた謎の男。フリーの傭兵を自称し、恩を売れば金になるという事でミラの護衛として一行に加わった。
軍に追われる二人に一体何をしでかしたのかとよく尋ねるが、実際は2人が研究所にいたことや、ミラが巨大兵器「クルスニクの槍」を壊そうとしていた一部始終を目撃しており、それを隠している時点で既に怪しさ全開である。
上記の件以外にも、シルフモドキ(鳥)を使って頻繁に何者かと連絡を取る、度々意味深な視線を向ける等と序盤からプレイヤーにとってこの上なく胡散臭い。レイヴンなんて眼じゃないくらい胡散臭い。
 
性格は基本的に気さくで面倒見は良く、よく冗談や軽口を言う。まだ旅に慣れていないジュードやミラに旅や戦闘の知識を教えたり、四大を失って戦う力を失い剣すらまともに振れなかったミラに剣術を教えたりと、2人からは非常に頼りにされている。
一方で自分が話したくない事は全く話さず、話題を別方向に持って行こうとしたりはぐらかして、常に他人と一定の距離を置いている。己の目的の為には仲間を裏切る事も厭わず、物語の裏で常に暗躍している。そのため度重なる離反や敵との内通によって仲間たちとの溝を深めていくことになる。

他人に勝手なニックネームをつける癖があるらしく、ジュードを「優等生」、エリーゼを「お姫様」、ローエンを「じいさん」などと呼ぶことがある。
巻いている長いスカーフはお気に入りのものらしい。

「テイルズ オブ」シリーズは多くの作品でパーティメンバーに1人は裏切るキャラクターがおり、アルヴィンもキャラクターデザイン公開の時点で「今回の裏切り担当」と噂されていたが、彼の場合「アルヴィンは裏切りキャラ」と仲間に言われてしまうほど裏切る描写が顕著であったため、「クズヴィン」とニックネームが付けられるなどネタ的には散々な評価である。アル憫

戦闘

武器は両刃大剣。戦闘タイプは銃剣士。
右手で大剣、左手で銃を使う独特な戦闘スタイルをとり、必要時にはこれらを合体させて技を強化する。攻撃力が非常に高く、敵のガードを崩すのが得意。精霊術は一切使えない。
見た目通りパーティの中ではHP・攻撃力・体力が最も高く、特に序盤の戦闘では攻撃の要。
固有特性は「チャージ」で、技発動後、ボタンを押しっぱなしにすると「チャージ状態」となり、この状態ではセットしている技が「チャージ技」に変化する。
固有サポートアビリティは「ブレイカー」で、ガード頻度の高い敵でもガード状態をブレイク(解除)し、スタン(気絶)状態にする。ガード頻度の高いガード種の敵に有効。

外伝作品への出演

12章「混沌と煌めきの道標」で名前のみ登場。救世軍と共に行動している。
ただし11章「歴史と伝説の世界」において、名前は伏せられているが、マークから、イクスミリーナの幼馴染であるフィルについての調査依頼を受けている。
その後は姿を見せずに同じ世界から来た仲間たちを密かに助けながら裏で暗躍していたが、終章前編「嘘と真実 ~偽りの世界~」でようやく姿を見せる。ジュードとも対面し、救世軍と行動していた事は生きるためにやむを得なかったとしながらも、異世界に来てまで仲間を裏切るのは本意ではなかったらしく素直に謝罪。鏡映点が囚われている地下牢の情報をイクス一行にもたらして去って行った。
その後はマーク陣営、ファントム陣営及びクラトス陣営の間で三重スパイとして動いている。
2018年3月のイベント「ティル・ナ・ノーグ ホワイトデー 砂糖菓子の恩義は裏切れない」で加入。ミリーナたちの陣営に本格的に加わった。
魔鏡技は「魔神閃光断」「咆牙地連陣」






正体(ネタバレ注意)


何でも受け入れて・・・・・・そういうのがムカつくんだよ!!

その正体はマクスウェルの命を狙うアルクノアの構成員であり、20年前に旅船ジルニトラと共にリーゼ・マクシアに漂流したエレンピオス人である。名家スヴェント家の子息であり、本名は「アルフレド・ヴィント・スヴェント」。
クルスニクの槍を起動させるために「カギ」の在処を探る任務を受けおっており、またミラの監視も兼任していた。共にリーゼ・マクシアへ渡ってきた病床の母のため、ひたすらに故郷へ戻るための行動を続けていた。
エレンピオス人であるため精霊術は一切使えず、リーゼ・マクシアに火薬技術がないことを利用して、普段は銃の火力を火系の精霊術の一種と偽っていた。

飄々として余裕のある様子を見せながらも、実際には精神的な幼さを振り切れずにいる「大人になりきれない子ども」というのが本性。内心では事態に流されているままの自分を自覚し、自ら道を切り開くミラの強さに憧れ、段々と成長していくジュードに対して嫉妬の感情を覚えていた。
ジュード達を救うのにクルスニクの槍を起動させたミラを、断界殻を開きエレンピオスへ帰るために見殺しにするも断界殻は開かず、後にミュゼと裏で取引する。取引に応じてジュードとレイアを口封じのために殺そうとし、レイアを銃で撃ってしまう。
ジュードの説得の末に姿をくらまし四象刃と行動を共にするが、終盤において「ただ仲間と共に居たい」という願いと「もうどこにも居場所がないから。嫌われてでもしがみつくしかないと思った」という理由で、裏切り続けた仲間に歩み寄ろうとする成長の兆しを見せ、自身の迷いを隠さずにさらけ出すようになる。怪我を負わせたレイアとは特に険悪な雰囲気になっていたが、後に皆と和解した。
エリーゼには出会った当初から警戒されており、何かと彼女をからかって怒らせていたが、終盤には完全に立場が逆転し、己の不甲斐なさを感じているところを慰められてしまうという意外な展開となった。

一年後

次のステップへ
ピーチパイと優雅なひととき



ウソつきたくないんだよ、もう

続編の「テイルズオブエクシリア2」では、衣装等が変わって再登場する。
現在は商人として働いており、新しい商売を軌道に乗せるべく、日々奮闘中。一年前の旅で一皮剥け、自分の素性を隠して他人を騙すことはもうやめると強く決意しており初対面時のルドガー・ウィル・クルスニクに対しても仲間になる際に元アルクノアであることを正直に告げたりしており人間としても成長した一面を見せる一方で、これまでの人生経験から人間関係での身の振り方で悩んでいる。
たまにからかうことがあっても、前作のようにパーティメンバーに対して距離を置くような言動をとったりニックネームで呼ぶことがなくなっている。
キャラクターエピソードではそんな彼の葛藤や商売パートナーであるユルゲンスとの関係について描かれている。ヒゲを生やすなど容姿がより胡散臭くなっているが、人当たりの良い相棒に対して自分は「コワモテ担当だから」らしい。

その他

【TOX】アルクノアなアルフレド【捏造注意】


公式設定資料集や「テイルズオブマガジン」で掲載されているスピンオフ作品『アルヴィン・クロニクル』などでは彼の壮絶な過去についても知ることが出来、それを踏まえた上でゲーム本編に触れると彼の行動や言動にまた違った一面を感じる事ができるかもしれない。

関連イラスト

光葉の


遊撃手
使い捨ての矜持



関連タグ

ゲーム
テイルズオブエクシリア テイルズオブエクシリア2 テイルズオブシリーズ TOX TOX2
名前
アルヴィン アル憫
パーティーメンバー(TOX)
ジュード・マティス ミラ=マクスウェル レイア・ロランド エリーゼ・ルタス ローエン・J・イルベルト ティポ
パーティーメンバー(TOX2)
ルドガー・ウィル・クルスニク エル・メル・マータ ガイアス ミュゼ ルル


カップリングタグ

NLアルミラ アルエリ アルレイ アルプレ
BLアルジュ ジュアル ジラアル ガイアル バラアル


他の記事言語

Alvin

関連記事

親記事

テイルズオブエクシリア ているずおぶえくしりあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルヴィン(TOX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15887

コメント