ピクシブ百科事典

塀内久雄

へいうちひさお

千葉ロッテマリーンズに所属した元プロ野球選手(内野手)。

概要・人物

愛媛県出身。三瓶高時代は「四国バース」と呼ばれていた。
1999年ドラフト4位で千葉ロッテマリーンズに指名され入団。

一軍デビューは3年目の2002年。しかしこの年に大ケガを負ってしまい、2003年は一軍出場なし。
2004年に一軍に復帰すると、2005年には二軍で打率3割を超えるなど活躍し、この年の日本シリーズにも2番・セカンドで出場したこともあった。
2006年も二軍では活躍したが、一軍では打率が2割を超える程度でレギュラー獲得はならず。翌2007年TSUYOSHIのケガから出場機会は増えたものの、打撃不振でレギュラー定着はならず。
2008年には根元俊一田中雅彦の台頭も許し、さらにキャンプ中には打球が頭を直撃するなど苦難の一年となった。
2009年林昌勇からデッドボールを受けタンカで運ばれるなど災難は絶えなかったが、この年は規定打席不足ながら打率3割をマークし、キャリアハイの成績を残した。
2010年は内野の守備固めとして1年間一軍フル帯同。チームの日本一に貢献した。
2011年2012年は特に目立つことなくシーズンを終えている。2014年戦力外通告を受け、現役引退。マリーンズ・アカデミーのコーチに就任した。
現役時代の思い出として、マリーンズの2度の日本一の瞬間にグラウンドに立っていられたことを挙げている。

名字に関しては、字が似ている堀内とよく間違われている。
また、折れたバットが頭を直撃、(上述したが)外野でキャッチボールをしていたら打球が頭を直撃など不運なケガが多いことからなんJ男村田スレでは塀内、謎の変死という扱いを受けられている。またの名を暗黒王子

pixivに投稿された作品 pixivで「塀内久雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663

コメント