ピクシブ百科事典

大包平(刀剣乱舞)

おおかねひら

日本の太刀「大包平」をモチーフとした『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士。
目次[非表示]

刀について詳しくは→大包平参照

プロフィール

大包平
刀帳53番
種類太刀
刀派古備前派
刀工備前国包平
一人称
身長不明
小野友樹
小宮国春


天下五剣がなんだ。俺は池田輝政に見出されたんだぞ」
「大包平。池田輝政が見出した、刀剣の美の結晶。最も美しい剣の一つ。ただ……」

概要

鶯丸には大包平があたかも既に本丸にいるかのように言及されており、その存在はサービス開始当初から示唆されていた。
加えて2015年4月には、運営からも来年(2016年)には実装するとアナウンスがあり、登場すること自体は確定的なものとなった。
2016年12月19日、全身画像公開と共に正式に実装が発表され、2016年12月20日~2017年1月17日のイベント「連隊戦」で登場。
連隊戦の獲得アイテム・御歳魂(おとしだま)を10万達成する事で得られる最終報酬だった。

公式Twitterの紹介

古備前派の刀工包平作の太刀。
共に刀剣の横綱といわれながら、天下五剣でもある童子切安綱をライバル視する。
歴史的な逸話や伝説にやや乏しく、池田輝政に見出されたという一説は彼の拠り所。
同郷の鶯丸に観察されている。
(公式Twitterの紹介文)

キャラクター像

勝ち気そうな印象の赤髪の青年。
戦装束は赤と黒を基調とした学ラン風の洋装をベースにしており、底に大鎧の大袖、栴檀板を重ねてからベルトで留めている。
内番衣装デザインは鶯丸とお揃いで、赤と黒を基調としたジャージ。

見た目の印象通り、尊大で勝ち気な性格。
名君・池田輝政に見出されたこと、現存する全ての日本刀の中の最高傑作であることを誇りとしている。
しかしその一方で逸話に乏しく、天下五剣には引け目を感じてもいる様子(天下五剣は室町時代に刀の技術面や価値よりも逸話から選ばれているため)。これに対して当人は「見出されるのが遅かっただけ」と述べている。
とはいえ天下五剣に選ばれこそしていないものの、刀としての技術面や価値は間違いなく日本刀の最高傑作と呼ぶにふさわしい。
特ランクアップ後のステータス総合値は406で、を除く全刀剣男士のなかで第2位の値。

長らく池田家で家宝として大切にされていた事もあってか、出陣中のボイスは上から目線な物言いが多い。
たとえば資材マスでアイテムを見つけると「誰か、拾っておけ!」と他メンバーに命じたり、会心の一撃のセリフが「俺に殺されるんだ、名誉に思え!」と確実に自分が仕留める前提だったりする。
真剣必殺のボイスも「ふっはははは!!これがぁ↓、俺のぉ↑、必殺技だぁ!!!」と、物凄い悪人面で決めている。

童子切安綱とともに「日本刀の東西の両横綱」と並び称されているが、天下五剣の一振である彼に対して強いライバル意識を燃やしている。
これについて鶯丸は「天下五剣の称号を気にしすぎだ」と評しているが、日本刀の最高傑作としてやはり執着がある様子。

これに関連し鶯丸や天下五剣、刀剣の父を自称する小烏丸と内番で手合わせをすると特殊台詞が発生する。
その他の内番も大いに乗り気というわけでもないが、さりとて不満を漏らすでもなく取り組んでおり、また鶯丸とは違いサボることはないようだ。

同じ刀派で「兄弟のようなもの」と自称する鶯丸からはその性格を面白がられており、公式ツイートにもある通り観察対象にされている。
回想では童子切と決着をつけんと息巻いている大包平が鶯丸にからかわれるという、非常に微笑ましい一幕が見られる。
童子切が今後実装された際にはどのようなやり取りが見られるのか期待したいところだ。

余談

シナリオ担当・芝村裕吏氏いわく最初に作った刀剣男士である。

関連イラスト

大包平
おおかねひら


無題
大包平


関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 太刀男士
鶯丸 天下五剣
古備前派

他ジャンルのそっくりさん(かつ中の人繋がり)

火神大我

pixivに投稿された作品 pixivで「大包平(刀剣乱舞)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368207

コメント