ピクシブ百科事典

小次郎(ゲゲゲの鬼太郎)

からすてんぐのこじろう

ここでは6期鬼太郎に登場する烏天狗の小次郎について解説する。※メインイラスト左の人物。なお、小次郎たちの一族を束ねる長老についても解説する。
目次[非表示]

CV/阪口大助

概要

第17話で初登場。
大山で暮らしている烏天狗一族の若者で、本作における第5期準レギュラーを務めていた黒鴉ポジションのキャラクターだと思われる。
ちなみ年齢は人間換算で中学生高校生ぐらいと思われるが、詳細については不明。

若い故にまだまだ未熟者で詰めが甘い部分も多々見受けられるものの、根は優しく非常に真面目な好青年で、蟹坊主の一件で目玉おやじと共に大山を訪れていたまなが崖下へと転落した際に助け出して以来、彼女に想いを寄せているが、本人が奥手である事や、まながそっち方面ではかなりのにブチんである事も手伝って中々その思いを伝えられていないようだ。

また、一族の固定概念にさほど縛られていないらしく、(おそらく)人間と妖怪は相いれないという理由で人間と関わるべきではないと考える一族の長である長老とは対照的に(積極的という訳ではないだろうが)人間とも関わる事も良しと考えている節もある(その為、まなが同伴していた為なのか、長老と知り合いでもある目玉おやじの呼び掛けにも全く反応しなかった烏天狗の中で彼だけが颯爽と駆けつけて彼女を救出しか可能性も否定できない)。

彼もまた、本作におけるテーマの1つである「人と妖怪の距離感」、「多様性の在り方」を体現するキャラクターの1人だと思われる為、今後の活躍が期待される人物でもある。

主な活動歴

目玉おやじと共に大山を訪れていたまなを助け出した後、彼らを一族の隠里へと連れて行くも、妖怪と人間は係るべきではないと考える長老とその意向を重んじる一族の者たちは誰1人として彼らに全く協力しようとはしなかったが、小次郎のみは長老の考えに背き、長老に内緒でこっそりと蟹坊主に銅像にされた人々を元に戻すのに大山の霊水を使う事を提案。

早速為にに水筒一杯に汲んだ霊水を銅像にされた庄司に掛けて元に戻す事が出来ることを確認した後、早速霊水を大量に運ぼうとしていた所にやって来た蟹坊主と対峙(ちなみに小次郎の一連の行動については長老は既にお見通しだったが、見て見ぬふりをしていた模様)。

自身が忠誠を使い大切に思っていた主君の姫の死を受け入れる事が出来ず(実際には薄々感ず居ていた為、姫の眠る境港の地で眠る為にわざと倒されるためだったことが示唆されている)暴れる蟹坊主に対して六尺棒や手投げ弾のような物で応戦していた。

その後、無事に事件が解決した後はこっそりと思いを寄せるまなを望遠鏡で眺めていたが、既に彼の思いや行動を見抜きやって来た長老から蟹坊主の様にはなるなと注意されていた。

が、未だにまなのことが忘れられず修行に集中できず、長老の分身も見破る事が出来なかった為にこっぴどく叱られてしまいショックからその場から飛び出していってしまう。

その際にたまたま境港へと向かっていたアニエスとまなにぶつかりそうになり、偶然にもまなと再会。
その後、まなを自分が落ち込んだ際に訪れる場所へと案内し、そこから見える雄大な景色を見せてあげようとしるが、偶然にもその場所は嘗て日本征服を目論みやって来た悪魔ベリアルの魔力を封じた“やさかりの玉”が安置されている塚がある丘であり、霧が掛かり景色が見えなくなってきたため、まなのために切りを吹き飛ばしてあげようとした所、誤って塚を壊してしまい封印を解いてしまうという事態を招いてしまう(ちなみに一連の出来事はまなの持つ『偶然力』によるものなのか、名無しが彼女に施した呪により『偶然力』が悪い方へと働いたためなのかは不明)。

一族の隠れ里で起きた異変を察し、自分は大変な事をしでかしたとまなを伴って急いで里へと向かうも時すでに遅し。復活したベリアルの手により長老を始めとするほかの殻図天狗たちは隠れ里事地下深くへと封印されてしまい、怒りと後悔の念から単身ベリアルに挑むもその実力の差は歴然で一方的に嬲られ痛めつけられてしまいばかりか、まなにまで危険が及びそうになるが、西洋妖怪の長であるベアードからの招集を受けたベリアルがその場より撤退した為、九死に一生を得る。

自身が恋にうつつを抜かし、全く修行に身が入らなかった為に力不足に陥り、今回の事態を引き起こしたと落ち込む小次郎だったが、まなに恋することは決して悪い事ではないと一括され元気付けられ復活した小次郎はなまの言葉を胸にベリアルさえ倒せば里の皆を助け出す事が出来ると思い立ち、ベリアルに再戦を挑むべく立ち上がる。

その後、「アルカナの指輪」を狙いやって来たベリアルと対峙し、苦戦する鬼太郎の所に駆けつけると恋のパワー(?)で見事に“心眼”を開眼。

ベリアルの急所である心臓に六尺棒を撃ち込み鬼太郎がベリアルの撃破する反撃のチャンスを作り出すのに貢献する。

しかしベリアルの死後も彼の魔力による封印は解けておらず、再び後悔の念に囚われそうになるが、アニエスが魔法で封印を解呪し里は無事に復活を果たし、長老からも一連の彼の活躍や経緯から自分の抱いている恋についても認めてもらう事が出来るのだった(ただし小次郎とまなの間だけだとは思うが……)

長老
CV/中博史
大山に暮らす烏天狗一族の長。目玉おやじとは古くから付き合いがあり、楓の団扇を使い突風を起こす事で自在に水を操ったり、分身の術を心得ていたりなど数々の神通力を備えており、特に後述する理由から一族を束ねる存在に相応しい強大な妖力を備えていると推測される。

その一方、鬼太郎たちが人間たちと付かず離れずの一定の距離を保ちつつ人間たちの良好な関係を築いているのに対して、“妖怪は人間と関わるべきではない”との考えから人間とはほとんど関わろうとはせず、戦国時代にとある小国の武将に加担して、その娘であるの護衛を担っていた蟹坊主にあまり人間に関わるなと警告を伝えるなどの行為を行っていた(もっとも昔からの一族の仕来りからそのような思想になっているのか、はたまた人間と妖怪が近づきすぎて数多くの悲劇や悲恋を見て来た為にこのような考えを持つようになったのかは不明)。

それ故なのか、初登場となった第17話では助けを求めてやって来た古くからの知り合いの目玉おやじがまなと共に訪れていた為なのか、彼の呼び掛けに自分から一切答える事も無く、一族の1人である小次郎が里に連れて来てやっと対応したかと思えば、(数多くの人間たち以外にも鬼太郎や猫娘、子泣き爺たちも犠牲になっているにも関わらず)蟹坊主の過去を話して聞かせただけでそれ以上の事は何もしないなどのスタンスを貫いていた(なお、この思想は小次郎を除いた一族の掟として見なしたがっている模様)。

ここまでくると単なる古めかしい掟に縛られたただの頑固爺とも捉えかねないが、小次郎が自分の教えに背いて人間に干渉した際や蟹坊主が暴走して暴れた時は「しようがねえな」といいつつたつまきを起こして大山の霊山を街に巻いてどう増加された者たちを元に戻して戦況を覆したり、過去、日本征服を目論み日本へやって来たベリアルが暴虐の限りを尽くした際はそれを阻止するべく戦いを挑み、一瞬の隙をついてベリアルの魔力を封じて無力化する等、自身の一族が関わった時や妖怪絡みの国の存亡がかかった大事件の際には何だかんだと言いつつも自らが事件に干渉する事もある。

また、蟹坊主に一件が解決した後も小次郎に対して注意をするだけでそれ以上のペナルティは与えた様子はなく、32話ではまなへの恋煩いから修行に身が入らずに成果も出せなかった小次郎に対して「人間に恋をするなどもっての外」としかり飛ばし、そのショックから小次郎が飛び出して行った後に溜息をつきながら「今どきの若い者には今までのやり方ではダメなのかもしれないなぁ~」とボヤくなど、決してただの古臭い仕来りに縛られた石頭という訳でもないようだ。

その後、復活したベリアルの報復により地底深くに封じられてしまうが、恋のパワーを持ってして奮闘し心眼を開花させ、見事にベリアルを打ち取る事に貢献した小次郎の健闘を称えると、小次郎が人間に恋を抱くことを許し、多少なりとも今までの考え方が変わり始めているかのような乗車が見られ始めており、今後の動向が注目される人物でもある。

関連項目

烏天狗 黒鴉 6期鬼太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「小次郎(ゲゲゲの鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 341

コメント