ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ぐってぃ氏によるオリジナル2コマ漫画

様々な人物が主人公・山下健人に絡んでは悉くフラグを折られてしまうコメディ2コマ漫画。

大抵は1コマ目にある人物が主人公に絡み、2コマ目で主人公にあっけらかんとした態度で流される(または冷めた様子で正論を言われる)という流れとなっており、キャプションにはその後のやり取りが書かれている。

過去編も投稿されている。

ニコニコ静画と作者のツイッターアカウントにも投稿されており、前者ではキャプションのやり取りも漫画化されていて、後者では話の時系列がやや不規則である。

登場人物

主要人物

  • 山下 健人(やました けんと)

一応、主人公。
色んな人に絡まれては冷めた態度で悉く返り討ちにしたり流したりする鋼メンタルの持ち主の高校生。
興味ないことにはとことん興味を示さず、我が道を貫くマイペースな性格。
よくDQNな輩に絡まれたりやっかみを受けたりしているが、冷めた態度で流したり正論を言って論破(無自覚)して返り討ちにしている。一方で、美女・美人に絡まれることも多く、中には明らかに好意を持って揶揄ったり誘惑したりする者もいる(そして、例外なく流される。ただし、本人自身は女性に全く興味が無いわけではない)。
それ以外では相談を受けることも多く、適当に見えて実は適格なアドバイスをして解決や向上につながっているため、非常に頼りにされている(ゆえにモテることが多い)。
オタクな面があり、漫画家になることを目指しているが、画力は高いものの話構成がイマイチとのこと。
父の浮気によって両親が離婚して母・縫子と妹・美江と三人暮らしだったが、後に母が再婚して義父・剛太郎と連れ子の義姉・瞳の五人で暮らしている。

  • 蒼崎 翼(あおざき つばさ)
健人のクラスメイトの男装女子。妹に燕がいる。
以前は男子として健人とつるんでいたが、思い切って男装していることを明かすも軽く流されてしまい、その後も変わらずつるんでいる(明かした際、多少は女扱いしてほしいとお願いしている)。
健人に好意を抱いている様子で、積極的なアプローチはしていないものの時々大胆な発言をしたり考えてたりしている。また、健人に流されたり正論を言われた人に対し、フォローしているようでより貶したり追い込んだりしていることが多い。
容姿は整っており、身体は引き締まっている上に胸も大きい。女と明かして以降は男子に言い寄られることが多くなったが、格闘技をやっているのか腕っぷしがかなり強く、言い寄って来る輩に鉄拳制裁して追い払っている。

  • 仲ノ内 カオル(なかのうち かおる)
健人のオタク仲間の男子……だった
何故か性転換して女子(しかも、かなり巨乳)になってしまうというかなり非現実的なことが起きるが、それでも健人に軽く流されてしまう。
その後はなんとか元に戻ることを目指すが、周りは特に女になったことを気にする様子はなく、母親に至っては女物の着物を着せる等、色々と不憫な目にあっている。
また、女になってからは(無自覚な)モテ自慢などをする男子に対して過激な発言が多くなった。

山下家関係者

  • 山下 瞳(やました ひとみ)

健人の母と再婚した父・剛太郎の連れ子で、健人と美江の義姉。
現役人気アイドルで、当初は健人にツンツンしてて馴れ馴れしくしないでと言ったが、興味が無いと言われたことに傷つき、何とか振り向かせようと以降はライブのチケットを渡したりするなどデレな面が多くなる。
義妹の美江とも仲良くなろうとして上手くいかなかったが、健人に押し付けられる形で美江と一緒に寝た時に(健人の悪口言って)少し仲良くなる。

  • 山下 美江(やました みえ)
健人の実妹。
現在は思春期による絶賛反抗期中で、健人に家以外で話し掛けないでと言うが、学校で本当に他人扱いされてショックを受け、家に帰ると理不尽に激怒するなど、扱いがメンドくさくなっている。だが、なんだかんだで義理チョコをあげたり、添い寝をお願いしようとするなど、健人のことは嫌っていない。

  • 山下 縫子(やました ほうこ)
健人と美江の実母で、瞳の義母。
学生二人の子を持つ身でありながら若々しい容姿をしている。
前夫・昌平が浮気したことにショックを受けるが、健人の後押し(?)によって離婚に踏み切る。
以降は二人を養うために働きに出るが、そのせいで自分が構ってあげられなかったことで健人が素っ気ない性格になったのではと気に病んでいた(実際は元からそういう性格であった上に、むしろ構ってもらえないことを「上等」と思っていた)。
後に剛太郎と再婚し、仲睦まじい夫婦になっている。

  • 山下 剛太郎(やました ごうたろう)
健人と美江の義父で、瞳の実父。
会社の社長を務めている。縫子と同じく元妻の浮気で離婚した過去を持つ。
健人の素っ気ない態度の所為で彼に家族として認められていないと勘違いしていた(実際は最初から家族として認識している)。

  • 桜坂 しずく(さくらざか ――)
健人のいとこ。
既婚者で、モラハラ夫と嫁いびりの姑に精神的に追い詰められていたが、健人の後押し(?)と論破によって無事離婚する。
離婚の手助け(?)に感謝しており、健人に対して「お試しで同棲してみない?」と誘っていたが断られる。

  • 斎藤 文穂(さいとう ふみえ)
健人の家庭教師の女子大生。
健人に好意を持っている様子で、今度のテストで全教科百点だったら「お願いを何でも聞いてあげる」と言ったが、健人から「新作のスパロボを買ってください」と言われて唖然。
その後、健人の影響でスパロボにハマってしまう。

  • 笹野木 風香(ささのき ふうか)
健人の幼馴染。
黒髪ロングの美女だが、先輩の大貴に寝取られて靡く。その後、見せびらかすように健人の前に現れて彼を振って二人で嘲笑っていたが、健人からは幼馴染であること以外何の想いも抱いていないことを知って愕然。
だが、本当は未練があると決めつけており、その後は大貴との子を妊娠した上にそれを年賀状(写真付き)で健人に知らせるという暴挙に出て健人と瞳をドン引きさせ、将来を心配されていた。ちなみに、さすがに母親に妊娠のことを知らせていなかった(後に健人経由でバレる)。
その後、子供を出産(ツイッター版では中絶を示唆するセリフになっていた)するが、大貴に捨てられた上に学校も退学になるという自業自得に相応しく落ちぶれていき、何故か付き合っていないにも関わらず彼女面して健人と寄りを戻そうとするも相手にされなかった。
過去編では健人に一方的に結婚の約束をしていた(しかも、上から目線)。

  • 笹野木 ゆたか(ささのき ――)
風香の母親。
縫子と同じく若々しい容姿で、のほほんとした性格。
風香が妊娠した時は太ってきただけと思ったり、何度もナンパ男に騙されそうになるなど天然。
健人と風香は付き合っていると思っており、健人の口から知らされるまで大貴と付き合っている(と妊娠している)ことに気付いていなかった。

  • 加河 昌平(かがわ しょうへい)
健人と美江の実父で、縫子の元夫。
健人が幼い頃、貢いでいたキャバ嬢と不倫していたのを健人に見つかり、口止めするもあっさり縫子に告げ口されてしまう。だが、開き直って縫子に離婚届を見せつけて脅し黙認させようとするが、健人に離婚届(そいつ)は脅しの道具じゃないと言われたことで、離婚を決意されてしまう。
その後、金が無くなったことでキャバ嬢に捨てられて落ちぶれていき、高校生になった健人の前に現れ、縫子と寄りを戻してもらおうと頼むがすでに再婚していることを教えられた。

学校関係者

  • 本野 大貴(ほんの だいき)

健人の先輩。
絵に描いたような下衆なDQN先輩。
健人に何か恨みを抱いているのか、彼の幼馴染の風香を寝取った(と勘違い)後に二人の仲を見せびらかせて優越感に浸っていたが、そもそも付き合っていない上に幼馴染以上の感情を抱いていないことを知って愕然とする。
その後、風香が子供を出産すると彼女を捨てて行方を晦ました(退学になったのかは不明)。

  • 梅沢 りな(うめざわ ――)
健人の後輩。
小悪魔的存在なギャルで、度々健人に絡んで揶揄おうとしているが流されるか返り討ちに遭う。実は健人に好意を抱いている様子で、バレンタインでは彼にチョコ(本命か義理かは不明)を上げている。
地味に健人を本気で苛立たせたことがある数少ない人物。

  • 日倉 輝美(ひくら てるみ)
健人のオタク仲間の女子。
人見知りな性格で前髪で隠れて顔が見えにくいが、実はかなりの美女。声優になることを目指しているが、自信が持ていないことを健人に相談して彼の薦め(?)で演劇部に入部する。
その後、才能が開花したのか自信を付けている。ついでに顔が見える髪型に変えている。声優の夢が叶ったら健人の作品に出たいと告げるが、健人に「その前に賞を取って連載デビューしないと」と現実の厳しさを告げられる。

  • 荒天寺 舞衣子(こうてんじ まいこ)
健人の同級生のお嬢様。お金持ち1号。
高飛車な性格でよく健人を絡むが、自慢話をした後に上から目線で彼を誘ったりするなど素直じゃないツンデレな面もある(そして、悉く断られる)。

  • 金元 喜札(かねもと きさつ)
健人の同級生のお坊ちゃま。お金持ち2号。
大企業の社長を務めている父親すごい人物だが、本人自体に特に自慢できることが少ない典型的な親の七光り的存在。

  • 浦瀬 聖子(うらせ しょうこ)
健人の同級生の女子。クラスのマドンナ的存在。
しかし、裏の顔があるらしい。健人にそれを知られた時は、バラしたら社会的に消すと脅すが、「俺に発言力があるとでも?」と返されて唖然とする。

  • 愛川 蘭華(あいかわ らんか)
健人の同級生の女子。お色気担当。
大人の女性ぶっているが、キスは未経験。

  • 足神 奏子(あしがみ そうこ)
陸上部の色黒の女エース。
健人を気に入り、勝負を申し込み健人が勝ったら自分と付き合ってもいいと告げるが、「俺がアンタに勝てると思ってるのか!!」と拒否される。ちなみに、付き合ったら足が速くなるほど特訓に付き合うらしい。

  • 一乗寺 麗子(いちじょうじ れいこ)
生徒会長。
直感で健人を気に入り生徒会へ勧誘するも断られ、今の生徒会は自分含め女生徒ばかりと教えても逆に肩身が狭いと拒絶される。

  • 主人 コウジ(おもびと こうじ)
所謂、鈍感系主人公みたいな同級生。
幼馴染の広美とインコから好意を寄せられていることにカオルから憎々しく思われている。また、会話しただけで健人達のことを友達と思い込むなど、自分本位な性格。
だが、広美とインコが露骨なアプローチをしているにも関わらずその好意に気付かず、それどころか「恋人とか作ればいいのに」と発言する始末(健人からは「そう言ってる奴に限って失って後悔する」と思われていた)。
カオルに悔し紛れに「寝取られてしまえ」と言われるが、その度を越えた鈍感っぷりが祟ったのか皮肉にも本当にDQN達に寝取られてしまい、それをカオルが原因と逆恨みして襲い掛かるが翼に制圧される。

  • 石田 広美(いしだ ひろみ) / 江川 インコ(えがわ いんこ)
コウジの幼馴染の女子。広美はギャルっぽい見た目で、インコはポニーテールが特徴。
コウジに好意を寄せており、彼にべったりくっついたり家に入り浸っていたが、彼が好意に気付くことなく、いつの間にかDQN達に寝取られてしまう。
その際、寝取られDVDを撮っていたが、何故かコウジではなく健人にDVDが送られてしまう(しかも、健人はDVDを学校で捨てたことでコウジに発覚されてしまう)。

  • 猿島 和彦(さるじま かずひこ)
見た目が某ラブコメ漫画に登場する友人に似ている同級生。
モテたい願望が強いが、下ネタを平気で口にする変態キャラ。

  • 盛川 熱志(もりかわ あつし)
テニス部員の暑苦しい男子。
無駄に熱い中身のない熱血発言をするが、テニスの腕は部内で最弱。
翼に好意を抱いて健人に翼を賭けた勝負を挑もうとするも、商品扱いされたことに翼の逆鱗に触れる。それでも必死にずっと前から好きだったと伝えるも、そもそも初対面である上に「好きになったのは女と解った後」と図星を突かれる。

  • 上川 東二(うえかわ とうじ)
オタクや絵描きを馬鹿にするDQNな男子。
健人に絵を描けと強要するも、依頼料として一万円を請求された上に絵師のイラスト模写してから出直せと言われたことに逆上。一応、描いて来たもののあまりに酷い絵にも関わらず楽勝と発言し、何故かその絵をSNSに投稿して絵師全般を侮辱する発言をしたことで炎上する。

  • 島栗 多江(しまぐり たえ)
自称「天然のドジっ子」の女子。
健人の前でコケてドジっ子を演じるが、気付かれてすらいない。その後もコケすぎて受け身が上手くなる。
ちなみに、家では鼻くそをほじって食べるという女として色々とアウトな行動をしている。

  • 龍凰寺 司(りゅうおうじ つかさ)
所謂、オレ様系男子。
「お前 面白れぇ女だな」と言ったり壁ドンしたりして女に迫るナンパな男で、現在十股中。
カオルや翼にも言い寄ったが、(元男の)カオルにはドン引きされ、翼にはボコボコにミンチにされて失敗。以後、翼にトラウマを抱く。

  • 神読 逆女(かみどく さかめ)
保健室の女先生。
色気のあるセクシーな女性のため、男子生徒・男教師からの人気が高い。健人にも色目を使っているが冷めた対応をされているも、満更でもない様子。

その他

  • 蒼崎 燕(あおざき つばめ)

翼の妹。
シスコンな性格で、健人が翼と付き合っていると勘違いし、健人が勉強しに翼の家に来たところに立ちはだかったが、翼にO・HA・NA・SHIされる。

  • 吉田 純菜(よしだ じゅんな)
健人の女性編集担当者。
健人が持ち込む漫画を厳しく評価している。
アラサー手前に焦っているのか、合コンや婚活に参加しているが連敗中。たまに担当する漫画家をそういう目で見てしまうのを堪えている。

  • 篠崎 やみえ(しのざき ――)
しずくの友人。
ヤンデレ気質の持ち主。既婚者で旦那を愛しているが、旦那の浮気癖のことでしずくのツテで健人に相談して、チ〇コ切り落とせば?とアドバイス(?)される。が、わりと乗り気。

  • 宝賀原 忍(ほうがはら しのぶ)
荒天寺家のメイド。
自分を「感情の無いただの人形」と称するほど感情が乏しい。趣味は寺巡り。
最近、荒天寺家に雇われたが、舞衣子に感情の無さを心配されて健人に相談される。そして、健人から「人形だったら思考すらしないのでは?」などと追及されたことに戸惑い、さらにカオルの変態発言に引いて人形と自称することを止めようと考える。

  • 神(ゼウス)
過去編に登場するガキ大将の少年。
健人に絡んでは返り討ちに遭ったり変態扱いされたりする。
神(ゼウス)というキラキラネームを誇らしく自慢しているが、健人に将来浮気してそうな名前だなと一蹴される。
その後、動画配信を始めたが、住所を特定されたことで引っ越しを余儀なくされた。

関連タグ

WEB漫画 オリジナル漫画 2コマ漫画

外部リンク

漫画シリーズ
漫画シリーズ過去編
ニコニコ静止画
twitterアカウント

関連記事

親記事

WEB漫画 うぇぶまんが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「平凡でも非現実でもない日常」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7453621

コメント