ピクシブ百科事典

御手洗朝子

みたらいあさこ

御手洗朝子は『ミラーマン』の登場人物でヒロイン。SGMの準隊員で同組織の創設者の娘。
目次[非表示]

演:沢井孝子

説明

SGMの創設者で国際的な宇宙物理学の権威かつ国際地球防衛会議の日本代表の御手洗健一の娘で17歳。第27話からSGMの準隊員となっている。
年齢的には女子高生相当で、同時期に放送されていた同じ円谷プロダクション作品の『帰ってきたウルトラマン』前半のヒロインで18歳の坂田アキより1歳年下。

主人公で23歳の鏡京太郎とは恋人同士であり、劇中でデートをしていることもある。
また父の健一が京太郎の育ての親で26話で自宅が破壊されるまで京太郎が御手洗家で同居していたので、幼馴染でもある。
ちなみに京太郎同様に近所に住む中学生の大川一郎から慕われている。

嫉妬深い一面を持ち、インベラーの襲撃で記憶喪失になった洋子に思い出してもらうために京太郎が関わりを持っているのを見て不機嫌になっていたりしている。

父親から京太郎の正体がミラーマンであることを教えてもらっていなかったが、50話で知ることになり、最終回の51話で京太郎が故郷の二次元の世界に帰ったので別れることとなる。

父同様に世界観的には、『ミラーマン』の続編にあたる『ジャンボーグA』では登場しなかった。

余談

最終回でのキスシーンは、日本の特撮番組では初のキスシーンともいわれている。

同じ円谷プロダクション作品で『ミラーマン』50周年にあたる2021年に放送予定の『ウルトラマントリガー』のヒロインであるシズマ・ユナとは、本人と父親の年齢や幼馴染がいる点が類似している。ただし、ユナの方はGUTS-SELECTの正規の隊員である。

関連タグ

ミラーマン(特撮)

関連記事

親記事

SGM えすじーえむ

兄弟記事

コメント