ピクシブ百科事典

望月千代女(信長の忍び)

もちづきちよめ

漫画作品『信長の忍び』の登場人物。
目次[非表示]

CV:田村ゆかり戦国大戦)/種崎敦美(アニメ版)

概要

武田信玄に仕える女忍び軍団「歩き巫女」が頭領。
年齢は不詳だが、武田勝頼(1546年生)よりやや年下であり、恐らくは千鳥(1550年生まれ)より少し上。
女好きの秀吉が一瞬で見惚れるほどの美貌に加え、胸の谷間から色々なモノを取り出せるほどの爆乳。しかも常に胸元を開け放った上着一丁のため、酒井忠次からは「なぜ零れぬ!」と突っ込まれていた。
感情の起伏に乏しく、過去に999人を殺した(長篠時点)ほどであるが、拷問を口にしただけで自分が痛がったりするなど結構マヌケでもある。髪は薄い灰色で、信玄の死を漏らしてしまった際に責任を取って剃髪したものの、10日でフサフサになってしまったほど伸びるのが速い。

実力は織田軍きってのワンマンアーミーである千鳥を凌駕するほど高く、武力は足利義輝北畠具教本多忠勝らと並ぶ最強の「10」である。しかしながら千鳥の考え付いたしょうもない技にひっかかったり助蔵の罠に悉く嵌るなど、かなり詰めが甘くドジっ子である。
信玄への忠誠心は高く、情報を漏らさぬためなら罪なき医師暗殺することも厭わない。
上記のいきさつで武田の行軍に泥を塗った千鳥のことを恨んでおり、長篠の戦いで「これであなたを殺せますね」と嘯いた際には、彼女から「私怨に固執してる時点であなたはもう忍び失格です」と鎧袖一触されてしまった。しかし千鳥も「あの無駄乳は私が倒す!」と吐き捨てており、私怨に固執している点では同レベルとも取れる。
その異常なほどの戦闘力と狂気の域に達した戦意で一度は千鳥を破るものの、助蔵の加勢もあって刀を折られ、最後は千鳥からの猛攻を受けてから突き落とされ、心肺停止まで陥る。しかし三途の川で信玄から「こっちは随分賑やかになったんだ、お前が来るのはまだ早ぇよ」と川を超えることを阻まれ、首の皮一枚繋がって蘇生する。
敗走する武田軍と合流を果たすも、今まで受け続けたダメージは既に限界を超えており、戦闘力を大幅に失ってしまう。しかし勝頼からは「お前はお前でいるだけで価値がある」と激励され、涙を流しつつ甲州への帰路を共にした。

なお、武田家の視点から描かれた『真田魂』でも1コマだけ登場している。

余談

重野なおき氏の別作品である麻雀漫画『雀荘のサエコさん』の主人公サエコさんにキャラクターが酷似している。

関連項目

信長の忍び くノ一 巨乳 灰髪 ダークヒロイン 敵女 ライバル

pixivに投稿された作品 pixivで「望月千代女(信長の忍び)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4253

コメント