ピクシブ百科事典

本位田又八

ほんいでんまたはち

「本位田又八」とは、吉川英治の小説『宮本武蔵』及びそれを原作にした漫画『バガボンド』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

宮本武蔵の幼馴染。
作州宮本村の浪人で、お杉の息子(バガボンドでは実子ではなく妾の子)。宮本村時代には武蔵と好んでつるんでいた。戦で名を挙げようと、武蔵が村を出る切っ掛けを作った。

初期の合戦では一度の戦闘で数人ほど一太刀も受けずに斬り殺していたが、情夫を続けるうちに次第に弱くなってきている。結果、水をあけられる形となった武蔵に対して時おり嫉妬心を露わにしている。
狡猾な面があり自らを強く、大きく見せようとすると同時に、英雄や豪傑への憧れも強い。だが、酒と女を覚えて詐欺を働いてきた都の日々を振り返る中で、自身が欺瞞や虚栄で塗り固められた人間であるということを強く恥じている。

原作では、かつて愛人関係にあったお甲の娘・朱美と結婚し、巌流島へ赴く武蔵を見送る。

大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」では、鉄砲商人として成功を収めるが、その存在が江戸幕府に脅威を与えると警戒した柳生宗矩の放った刺客に暗殺される。

バガボンドでは、年老いた後、路傍で武蔵と小次郎の話を講談のように語り継いでいる。

関連イラスト

本位田又八
もしも「バガボンド」が実写化されたら3
武蔵と又八



関連タグ

バガボンド 宮本武蔵 佐々木小次郎 モーニング

pixivに投稿された作品 pixivで「本位田又八」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 606

コメント