ピクシブ百科事典

権現坂昇

ごんげんざかのぼる

権現坂昇とは、『遊戯王ARC-V』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「笑わせるのと笑われるのでは 天と地ほども違う!」
CV:大林洋平

概要

榊遊矢の幼少期の頃からの親友。
「権現坂道場」の跡取りという立場から遊勝塾には入っていないが、よく遊矢達と行動を共にしている。遊矢の幼なじみである柊柚子とも仲が良い。

ファンからの通称は「権ちゃん」。これは作中で紫雲院素良が呼んだことが始まりで、後に登場したデニス・マックフィールドも使っている。

初デュエル以降、漢気溢れる姿が人気を呼んでおり、一時期は「その場にいなくても株が上がるキャラ」とファンからは言われたほど。
その関係もあるのか、物語の後半につれていわゆる「かませ役」に立たされる事を残念に感じる人も少なくない。一方で、彼の敗戦はタイラー姉妹戦を除いて味方を庇うためや相手に喝を入れて全力を出させた結果など、筋を通して敗北するため、負けても株を上げるとも評価されている。

人物像・来歴

外見に違わず、暑苦しくも友情に厚い性格。
遊矢と同じ14歳なのだが、厳格な父親の元に育てられた影響からか、話始めに「男、権現坂」と付けたり、怒る際に「けしからぁ~ん」と返すなど年齢に似合わない喋り方をするため、「おっさん臭い」と言われたこともある。その一方で、デニスが勝手に始めたヒーローショー風デュエルで一方的に悪役を押し付けた事に怒りだし、逆にデニスの方が悪役だと主張するという歳相応な一面もある。

遊矢との友情は深く、彼の父・榊遊勝が失踪した後は周囲の非難から守り、ストロング石島に勝利した際は一番に喜び、遊矢のペンデュラム召喚をマスターするための特訓に夜通しで付き合ったり、遊矢の公式戦の相手を自分の塾生から紹介したりとエピソードは多い。
しかし、LDSとの三番勝負で刀堂刃に引き分けた後はそれを甘すぎたと考え、遊矢のジュニアユース選手権を賭けたデュエルの4人目の相手として立ちふさがった。

最終的に遊矢がデュエルを制したが、その後の努力によって大会の参加締切ギリギリのところで出場条件である勝率6割を満たして無事に選手権へ出場。
かつての兄弟子であり、遊矢にとっても因縁の相手である暗国寺ゲンと相まみえ、更には最初の相手として対戦することになり、遊矢を巻き込んだ精神攻撃を仕掛けられるも見事に勝利。2回戦にも勝利し、順当に勝ち上がっており、3回戦時点では優勝候補の一人と報じられるようになっている。
3回戦のバトルロイヤル後は、融合次元に対抗するべく設立された組織「ランサーズ」のメンバーに選ばれる。選ばれたメンバーの中でも責任感は人一倍強く、シンクロ次元到着後には途中ではぐれてしまった仲間を真っ先に探そうとした。

シンクロ次元では違法の賭けデュエルをしていた(というよりスカウトされた)黒咲隼、デニスに巻き込まれる形で捕まり、収容所送りにされた。しかし、ここでもぞんざいな扱いをされていた囚人を助けるために、自身のカードを看守に渡すという男前ぶりを見せた。そして収容所でようやく遊矢と合流し、感極まって号泣した。

その後は、赤馬零児の計らいで仲間共々釈放され、フレンドシップカップに出場。
1回戦でクロウ・ホーガンと対戦。開幕戦にふさわしい互角の戦いを繰り広げるも、あと一歩のところで敗北。強制労働施設に送られてしまう。

対人関係

  • 榊遊矢…幼い頃からの親友。正反対といえるお互いのデュエルを認め合っている。
  • 柊柚子…友人。バトルロイヤルではタッグデュエルのパートナーとなった。
  • 刀堂刃…シンクロ召喚を伝授した師匠。
  • デニス・マックフィールド…ランサーズの仲間。シンクロ次元到着後は彼と共にいた。
  • 黒咲隼…ランサーズの仲間。バトルロイヤルでは彼のアシストをした。ちなみに黒咲とは、遊矢シリーズの親友という共通点がある。


デュエルにおいて

使用デッキは「超重武者」シリーズをメインとした機械族デッキで、「不動のデュエル」を標語としている。この人とは関係ない。
ちなみにデッキに魔法・罠カードは一切入れてないフルモンスターデッキ。これはキーとなる超重武者シリーズの多くが、効果発動に「墓地に魔法・罠カードが一切無いこと」が前提条件となっているためである。このため、追加カードを獲得できるアクションカードの回収も一切行わない。(唯一の例外は、バトル・ビースト戦で自分を庇うために的になった遊矢にその借りを返し、彼を守るためのみ)
このデッキ構成には、素良、光津真澄だけでなく、その場に居た志島北斗「正気の沙汰じゃないぞ…!」と驚愕していた。

いかなる状況にあろうとその場に佇むその姿は、まさに彼のエースカード「超重武者ビッグベン-K」の如く、不動のデュエルを体現しているといえよう。
超重武者の特徴として、守備表示を元にしたスペックが基本となり、破壊耐性や高い守備力を誇り、上級モンスターやシンクロモンスターのアタッカーは、守備表示のまま守備力で攻撃出来ること。そのため、攻撃力減少等の効果が全くデメリットにならない。
更に超重武者装留と言う、超重武者専用で装備カードになって超重武者の打点向上やサポートするユニオンモンスターに近い性質を持っている。
相手の展開自体はほぼ阻害出来ず、ソリティアをさせるだけさせてエースの召喚を許してしまうが、打点の高さとインフレは凄まじく、ビートダウン指向が強い相手ならガチデッキ相手でも無双可能なポテンシャルを秘めている。逆にバトル以外での除去や効果を無効化するタイプとは相性が悪い。

LDSとの対抗戦の後、自身の殻を破って成長するため、刃に弟子入りしてシンクロ召喚を体得。遊矢とのジュニアユース選手権出場を賭けたデュエルで新たなエースモンスター「超重荒神スサノ-O」を呼び寄せ、遊矢たちを唖然とさせた。

関連イラスト

遊戯王ARC-V
ノーマル権現坂くん



関連タグ

遊戯王ARC-V 榊遊矢 ランサーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「権現坂昇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 847258

コメント