ピクシブ百科事典

死の宣告

しのせんこく

死の宣告とはファイナルファンタジーシリーズに登場する技である。
目次[非表示]

概要

ファイナルファンタジー4以降に登場する状態異常技。
技を掛けられた時点でカウントダウンが始まり、カウントが0になると強制的に戦闘不能にさせられてしまう。

このカウントダウン状態はエスナ等で解除することは出来ない為、この死の宣告のカウントが0になるまでに戦闘を終わらせるか、或いは戦闘不能を覚悟するしかない。尚、カウント0による戦闘不能は即死耐性を無視するのが普通であるため、理論的にはボスも倒せるが、ボスには死の宣告そのものが効かないことが多い。

FF4で初登場した『アクティヴタイムバトル』における戦闘中の時間経過という仕様をを活かした状態異常であり、カウントダウンのスピードはコンフィグで設定できるバトルスピード(時間の流れの速さの設定)に依存する。
このため、バトルスピードを最高にしているほど、カウントダウンが速くなり、低くするほど遅くなる。

FF4・FF4TA

初登場作。
アーリマンプレイグが使ってくる。プレイグの場合は全員に掛けてくる為、対策なしの場合カウント終了で全員戦闘不能になってしまう恐れがある。

この作品ではスタート時のカウントが10であるため、あまり余裕が無い戦いとなる。
更にアクティヴタイムバトル自体の初出作ゆえか、バトルスピードの変化による戦闘中の時間経過の速さの振れ幅が極端な嫌いがあるため、スピードが標準の時点でかなりのカウントダウンの速さを誇る上、ひとメモリだけでもスピードが上になっているだけで恐ろしいほどにスピードが速くなる。
上述の通り、バトルスピードに依存しているので、スピードを下げてしまえば楽に対処できる。

続編の4TAでは、同じくアーリマンが使用してくる。序盤にいきなり登場して使ってくるので、なおのこと焦りは禁物。終盤に暗黒騎士も使用してくるなど、出番が増えている。

FF5

青魔法として登場。4の時と異なり多くの敵が利用する。死の宣告という技の他にもグランドクロスの追加効果として発生する場合もある。基本的にカウントは30であり、死の宣告の場合「30カウント後の死が約束された!」とメッセージ表示される。

また、この作品ではヘイスト状態になるとカウントが半分になり、スロウ状態になるとカウントが倍になってしまうため要注意(ストップで止める事が出来る)。

全体攻撃として使われることは無くなった為、安心出来るが、使う敵は多いので要注意。

FF6

やはり青魔法として登場。今作でもFF5同様に技の追加効果として発動するケースもある。今作では解除手段としてマッシュの必殺技スパイラルソウルがあるが、マッシュの命と引き替えになってしまうので普通に戦闘不能になった後回復するケースが大半であろう。

ちなみに今作は即死耐性があると無効化出来る(カウントが0になっても戦闘不能にならない)。

FF7

食らうと60カウントで戦闘不能になる。

FF10

今作ではターン制に近い流れのため、カウントは自身の行動順が来た時に為される。よって、必然的にカウントの数値は低く、5カウント後に戦闘不能となる。

しかしながら、敵に使う際には無効化されなくともカウントの数値がマチマチであり、場合によっては数百以上のカウントになってしまう場合もある。

実はモンスター訓練所の大半のモンスターにも有効である。カウントの数値は尽く数百ではあるが、
リレイズなどがあれば強引に倒す事も出来る。

FF13

敵専用。今作では今までの作品と異なり、必ずパーティリーダーに掛けてくる。パーティリーダーが死亡=ゲームオーバーとなる今作の性質上、死の宣告が来たらそのカウント以内に必ず倒さなければならなくなる。

カウントの時間は非常に長い……ように見えるが今作では1秒で10カウント、つまり0.1秒毎にカウントが進んでいくため結構焦らされる。

召喚獣利用時はカウントがストップするので時間稼ぎすることも不可能では無い。

ボス戦などであまりにも戦闘時間が長引くと使ってくる場合もあるため、実質、戦闘時間の制限があると思っても良い。

チョコボレーシング

魔石の一種。茶色い魔石にドクロが描かれている。
相手1人に死神を取り憑かせ、10カウント後にクラッシュさせる。
クラッシュ前に他のキャラに接触することで、そのキャラに死神を押し付けることが可能である。
ストーリーモードでは、グルグ火山で初登場する。

関連タグ

ファイナルファンタジー 青魔法 余命

pixivに投稿された作品 pixivで「死の宣告」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 830206

コメント