ピクシブ百科事典

煩悶のドッペル

はんもんのどっぺる

煩悶のドッペルとは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(ドッペル)の一体である。
目次[非表示]

概要

煩悶のドッペル
その姿は、舞踏会。
この感情の主は、予知した未来を変える事を使命としている。
風が咲き、花が散り、花びらは異界へと迷い入る。やがて立ち込める霧があたりを包み込むと、その時は訪れる。
霧はたゆたう花びらと混ざり合い、宴の幕は開く。そしてこのドッペルはステップを刻み始める。
そのステップが最高潮に達した時、まるで花に嵐の例えのように敵影は姿を消し、舞踏会は贄が供されることとなる。
(『マギアレコード』内アーカイブ「ドッペル一覧」より)

プロフィール

出演作品マギアレコード
分類煩悶のドッペル
真名Sotria
姿舞踏会
元の魔法少女美国織莉子
キャラクターデザインムラ黒江


外見

織莉子の下半身から具現化。4対の脚が生えたドレス姿の女性の下半身。

特徴


ゲーム上の性能

レアリティ効果
★5敵全体にダメージ[Ⅹ] & MP回復(自) & 必ず回避(自/1T)


★5に覚醒した後、固有技「ドッペル」として使用可能となる。

その他

名前は「soter(ソテル・救世主という意味。女性形はsoteira)」が由来だと思われる。
敵対者悪魔となった事を考えると妥当とも言えるが殺害対象神に等しくなったと考えると皮肉ともとれる名前となっている。
ある意味、主人公でも敵役でもある彼女の立場を表している。
そして攻撃時には織莉子の顔が恐ろしい変化を遂げる
しもべの変身ムービーといい、驚かせにかかってくる主従である。

また呉キリカが魔女化した際の真名が「Margot」と類推されていたことがあった(詳しくはこちら)が、マギレコにおいて彼女のドッペル名(≒真名)が判明したことでその可能性は消え、代わりに「Margot」は織莉子の魔女名であるという推測が一部でなされていた。
しかし今回織莉子のドッペルが解放されたことで「Margot」はどちらの魔女名ではないことが判明し、この名前に対する予測は白紙となった。

名前に本来の女性名「soteira」ではなく「sotria」を用いたのは、キリカのドッペルLatria」と名前を揃えるためであろう。さらにこの二人のドッペルはそれぞれが人間の上半身と下半身を表しており(その場合、胸部と足の数は一致しないが)デザインの面でも二人の繋がりを感じさせるものとなっている。

関連タグ

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ 美国織莉子
ドッペル(マギアレコード)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「煩悶のドッペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393

コメント