ピクシブ百科事典

田口線

たぐちせん

かつて存在した豊橋鉄道の路線
目次[非表示]

愛知県南設楽郡鳳来町(廃線当時)の飯田線本長篠駅を起点として北設楽郡設楽町の三河田口駅までを結んだ豊橋鉄道の鉄道路線。開業の目的が「御料林で産出された木材の輸送」のため、「軌間1067mmの森林鉄道」と一部で呼ばれていた。1965年に台風に伴う水害によって清崎-三河田口間が休止され、1968年再び台風による水害の被害に遭って三河海老-清崎間が休止となった後、全線が廃止された。

路線データ

以下のデータは水害によって路線が一部休止される前の1965年時点のデータである。

路線距離22.6km
駅数12駅(国鉄管理駅の本長篠駅も含めている)
軌間1067mm
複線区間なし
電化区間全線直流1500V
閉塞方式タブレット閉塞

歴史

廃止時は豊橋鉄道の路線だったが、開業時は「田口鉄道」という会社の路線だった。段戸山系の御料林で産出される木材を運搬するため、開業時には宮内省が出資し、現在の飯田線の前身会社である豊川鉄道鳳来寺鉄道の出資分と合わせると77%もの出資比率を占めていた。

豊川鉄道・鳳来寺鉄道の両社と車両も共通で運用されていたが、豊川鉄道・鳳来寺鉄道が国有化されて鉄道省飯田線となった時、田口鉄道は国に買収されなかった。しかし国有化前から3鉄道の一体運営がなされていたことから、1952年まで国鉄による運転管理が行われた。

終点の三河田口駅は田口の市街地から4kmも離れた寒狭川沿いに設置された。これは清崎駅から田口の市街地へは急勾配があって当時の電車では登り切れないため、木材運搬の利便から株主の宮内省が寒狭川沿いの設置を主張したためである。これが後年の利用客減少に大きく影響した。

運行状況

開業時は全線を最速45分で結び、水害による一部休止前の1965年9月時点では最速43分で結んでいた。
沿線には日本三大東照宮のひとつである「鳳来寺山東照宮」を擁する鳳来寺山があり、参拝客の便をはかって国鉄飯田線との直通臨時列車が運行されたこともある。中には、名鉄線・近鉄名古屋線から名鉄や近鉄の車両が団体専用列車として、名鉄小坂井支線(1954年廃止)を経由して乗り入れてきたこともある。現在でこそ標準軌に改軌されたことで狭軌の名鉄と乗り入れできない近鉄名古屋線だが、伊勢湾台風以前は狭軌で、新名古屋駅構内で名鉄・近鉄同士のレールが接続されていたからこそ出来た芸当である。

廃線跡

本長篠-三河大草間を除いて廃線跡は比較的多く残っており、国道や県道、通学路等地元住民の生活道路として活用されている。県内最長の稲目トンネルは廃線後、バス専用トンネルとなり、拡幅工事完了後は県道の一部になった。終点三河田口駅の駅舎は廃線後も放置され、2005年に朽ち果てて半壊、支えの少ない北側待合室部分が崩壊した。それから6年後の2011年8月21日の深夜に全壊した。廃線から実に43年も持ちこたえ続けた事になる。

廃線区間全線に渡って豊鉄バス田口新城線が運行されており、廃止代替バスとして機能している。本数はあまり多くない上、終バスも早い。

コメント