ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

納豆菌

なっとうきん

枯草菌のうち、納豆の製造に利用される系統。稲藁に多く付着している。
目次 [非表示]

概説

納豆の製造に利用される細菌。枯草菌の一種で、日本では稲や麦藁などのイネ科植物の枯れ草に普通に付着している。


納豆菌の芽胞は高熱に強いので煮沸消毒する事で雑菌が死に、納豆菌だけを繁殖させる事ができる。納豆菌はカビの増殖を抑制するので農薬にも使われる。


納豆菌は数ある微生物の中でも最強と言われており、シャーレに何種類もの菌株を入れて一晩置いておいたら、納豆菌だけが生き残って繁殖していたという蠱毒めいた逸話もある。


この納豆菌の強さ故に、日本酒醸造に関わる杜氏には、仕込み時期の納豆の喫食が禁忌とされている。 チーズ工房でも、納豆菌が乳酸菌と競合して増殖してチーズの醸造作用を阻害するため、納豆を食した後は三日ほど工房の出入りを禁じられる。


もっとも、納豆菌は「無敵」というわけではなく、条件によっては乳酸菌の方が優勢になる場合もある。ただし、納豆菌と乳酸菌は競争相手というより共生関係にあると言われており、納豆菌と乳酸菌がタッグを組んで悪玉菌の増殖を抑え、また納豆菌の産生する物質や、納豆菌自体(あるいはその死骸)が乳酸菌の餌になることで腸内環境の改善に役立つという。


余談

きちんと準備をすれば、その辺の田圃の稲藁どころか、イネ科の雑草でも納豆を作る事もできる


納豆菌の強さを物語る逸話として、大学の実験室の細菌研究所に納豆菌持ち込み厳禁の規約を知っていたにもかかわらず、納豆巻きを持ち込んだ生徒に謹慎処分が下された事例もある。


ところが何と、韓国のテジャン(韓国味噌)や韓国醤油は、納豆菌またはその近縁種の菌で大豆を発酵させる→乾燥→乳酸菌や麹菌で発酵させる、という上記の日本の常識からすると無茶苦茶な工程で作るのが一般的である。なので、日本の調味料だけしかない場合に韓国料理を作る際のコツとして「挽き割り納豆を隠し味に使う」というものがある。


関連タグ

細菌 イネ科

納豆 枯草菌

関連記事

親記事

細菌 さいきん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6293

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました