ピクシブ百科事典

艦これIL-2

かんこれあいえるつー

艦これIL-2とは、伍長が制作する艦これの二次創作ドラマである
目次[非表示]

概要

伍長(コーポラルザラーン)氏がニコニコ動画及びユーチューブにて連載している艦これドラマ。本家の「艦これ」メンテ日にアップされることが多い。メンテ待ちの間に楽しむのもオススメ。
艦これ二次創作においては未実装装備が登場することがあるが、この作品ではそれが顕著である(※1)。また、投稿時には未実装だったもの(※2)もある。
コンシューマーゲーム「IL-2 Sturmovik 1946」を用いる戦闘主体の本編と、提督や艦娘、妖精さん達の日常や会議をMMDで描くMMD編の二種類がある。
秘書艦が二人いたりするが、そこは大きな心で寛容にいこう。

※1.未実装装備の例:Bf110、Me410(50mm機関砲装備型)、二式戦闘機鐘馗、20cm単装砲(パラオ泊地の赤城が装備し、敵水雷戦隊との砲撃戦に使用)など
※2.初期投稿分に未実装だったもの:二式水上戦闘機、強風、二式飛行艇、一部ドイツ艦・一部ドイツ装備、イタリア艦・イタリア装備、連合国艦・装備等

独自設定


  • 戦闘はメンタルモデル型で行われる。艦内には妖精さんが乗り組んでおり、提督が乗り込む事もできる。
  • 同盟国(直接言及はされないがここここ)との連絡網以外の対外通信網は破壊され、復旧していない
  • 深海棲艦側は連合国の装備を模倣(?)している(ゲームの仕様上仕方のないことではある。また、これがのちに混乱をもたらすことになるが、それは本編を確認していただきたい)。)

主要登場人物

艦娘や一部の妖精、人間を除いて、提督たちは所属地+提督。それ以外は階級で呼ばれる。

パラオ泊地


パラオ提督

パラオ泊地の司令官を務める提督。秘書艦は由良。階級は中将。
戦闘指揮を執るシーンも有るにはあるが戦力を分散させようとするなどあまり得意とは言えず、作中でも「戦下手」と言われてしまっている。(士官学校を第3位で出ていたりしっかりと戦果を挙げているなど決して無能ではなく、戦下手を自覚しており艦娘や妖精の意見にもしっかりと耳を傾ける、部下の艦娘と妖精へ厳しい態度をとることはほとんどないなどかなりいい上司である)その代わり政治的駆け引きや交渉、口車に乗せることなどはめっぽう得意であり、酸素魚雷や新型機、三式弾、挙句の果てには艦娘をそこら中からかすm…譲り受けており、一部の上層部から憎まれてはいるものの登場キャラからの評価は基本的に高い。ちなみに、艦娘を譲り受けるのには一度失敗している(後述)。ラバウル提督と犬猿の仲。
水観妖精曰く、キモオタっぽい見た目をしているらしい。海軍軍人としてはあるまじき欠点を抱えている。

由良

長良型軽巡洋艦4番艦。パラオ駐留艦隊所属艦隊総旗艦。14cm単装砲を7門装備した美人さん。
少しヤンデレ(?)の気があり、同泊地所属の金剛や新人着任時に来る有明の女王が不必要なまでに近づいたり、おもわせぶりな言動を取るとハイライトが消え、M712ベ式機関短銃をおもむろに取り出す。
パラオ泊地の中で唯一、劇中1回も改装を受けていない

由良搭載水観妖精

由良搭載の零式水上観測機を操る妖精さん。艦隊の目として欠かせない存在で、先行偵察、味方の誘導、着弾・雷跡・戦況観測を行う。激しい対空砲火の中上空に居座り任務を続けられる技量と度胸があり、時に水上戦闘機を駆り敵機を屠る。ある意味本作の主人公である。専用BGMのつけられた数少ないメンバー。一人称はオイラ。搭乗機は零式水上観測機、二式水上戦闘機、強風(増加試作機)など。彼の二式水上戦闘機は(パラオ提督の名前で)翼内機銃の弾倉が100発入りに変えられている(本来の二式水上戦闘機は60発入り弾倉)。他艦所属の水観妖精を「兄弟」と呼ぶ。

赤城

本編12話(か号迎撃作戦3マス目)から登場。艦載機であればその一話前から登場。パラオ泊地最大の正規空母。登場時点で高い練度を誇り、相手が水雷戦隊だったとはいえ、これを一撃で全滅させるという偉業を成し遂げ、艦隊の主力となる。中々に血の気が強く、船体後部に搭載された20cm単装砲と、飛行甲板脇にある高角砲群で水雷戦隊と撃ち合ったり、ノックなしで開け放たれたドア目掛けて素早く銃剣を投擲し、二本目を構えたりしている。お前のような空母がいるか

大佐

本編12話(か号迎撃作戦3マス目)から登場。初出撃は01号作戦から。同盟国からやってきたJu87(艦これ的にはJu87C改)の妖精さん。牛乳をよく飲む。105話では大口径機関砲搭載型を駆り、深海棲艦の陣地攻撃に参加する。
モデルはもちろんこの方

陸軍大佐

MMD編14話(キス島撤退作戦5マス目)から登場。役職は陸軍第十一飛行団団長。陸軍の力を誇示するような言動が多いが、それが原因で墓穴を掘ることの方が多い。軍人としては優秀で、部下の糧食事情を鑑み、苦し紛れでありながらも屈辱に甘んじるという、部下想いな側面もある。
浴衣姿の艦娘三名を見て頬を赤らめたり、パラオ提督からメルセデスベンツのtyp770を受け取った時には恍惚とした表情を浮かべ、スペックを空暗示するなどかわいい場面も。
※ちなみに、このメルセデスベンツtyp770は昭和天皇の御料車にも選ばれるような車である。

ショートランド泊地


ショートランド提督

海軍中将。秘書艦は海風。初登場はMMD編13話(モーレイ海哨戒9マス目)。
日に焼けていて男前。パラオ提督とは同期の桜。由良によれば、人脈縁故、組織運営管理、卒業席次は低いが、戦術指揮、提督としての器、そして男の色気が高いという評価を受けている。

呉鎮守府


呉提督

階級不明(おそらく中将)。秘書艦は加賀。初登場はMMD編24話(アルフォンシーノ方面進出25マス目)
日焼けなのかなんなのか、こちらも色黒。基本的に優秀だが、加賀さんには頭が上がらない。

ラバウル基地


ラバウル提督

海軍中将。秘書艦は大和。初登場はMMD編28話(北方海域艦隊決戦20マス目)
主人公(?)であるパラオ提督とは犬猿の仲で、それが提督たちを統べる横須賀提督の前であってもいがみ合う程。軍人としても、パラオ提督に引けを取らないほど優秀。卒業席次は第2位で、横須賀提督がいなければ実質1位だった。
劇中数少ないパラオ提督の「譲り受け」失敗の原因でもある(パラオ提督が「譲り受け」ようとしたのは大和であるが、実際に来たのは陸奥だった。その大和がラバウルにいる)。

横須賀鎮守府


横須賀提督

海軍大将にして近衛中将。皇族でもある。秘書艦は翔鶴瑞鶴。初登場はMMD編27話(アルフォンシーノ方面進出28マス目)。
言動から察するに、パラオ提督や前述のショートランド提督、呉提督やラバウル提督と同期。横須賀提督が首席の為、彼を除けば各員のランクがひとつづつ上がることになる。
遠まわしに怒りを伝えるタイプで、それをくみ取ったラバウル提督とパラオ提督が顔を青ざめて取り繕う程。
パラオ提督が秘書艦と仲がいい(意味深)なことに嫉妬(?)して、パラオ提督を呼びつけて、秘書艦との交友の深め方を聞くほどに女付き合いが下手。

単冠湾泊地


作中唯一の外部出演。詳細は単冠湾泊地シリーズを参照。初登場は本編65話(アルフォンシーノ方面進出13マス目)から。

その他


元帥

名前だけが登場しており、詳細は一切不明。

関連タグ

艦隊これくしょん 二次創作

WarThunder…実は本作品の使用ゲームである「IL-2 Sturmovik」の派生作品である

外部リンク

YouTube再生リスト
ニコニコ動画マイリスト

関連記事

親記事

二次創作 にじそうさく

兄弟記事

コメント