ピクシブ百科事典

覆水盆に返らず

ふくすいぼんにかえらず

ことわざ及び故事成語の一つ。
目次[非表示]

概要

「覆水」は「こぼれた」または「溢れた水」、「盆」は「器」を指し、「こぼれてしまった水は元の容器には戻らない」、つまりは「一度起きてしまったことは二度と元には戻らない」という意味。

語源

紀元前11世紀の中国(王朝)にて、太公望貧乏なのに一切働かずに読書ばかりしていたため愛想を尽かした妻は太公望の許を去っていった。しかし後に太公望が出世して朝廷の要職に就くと出ていったはずの妻が復縁を求めて戻ってきたが、その際に妻の目の前で器の中の水をこぼし、「この水を元通りにできたら復縁に応じよう」と言って断ったという故事にちなむ。

  • ただし、これは太公望ではなくて朱買臣にまつわる説話だとする説もある。

同様の言葉

英訳

It is no use crying over spilt(spilled) milk.(こぼれたミルクを嘆いても無駄である)

関連イラスト

無題
ぷりん


関連タグ

ことわざ 故事成語

pixivに投稿された作品 pixivで「覆水盆に返らず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44965

コメント