ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

戦時中に起きた『津山事件』の犯人であり、『八つ墓村』のモデルとなった人物である。現代でも日本犯罪史上最凶の殺人鬼として語り継がれている。


人物像

1917年3月5日に岡山県で生まれ、幼くして両親が結核で他界し、姉とともに祖母に引き取られ、後に津山事件が起きる貝尾集落に引っ越していた。
学業はそこそこ優秀であったが、睦雄を溺愛する祖母に進学を反対され、さらに数少ない理解者であった姉が嫁入りして家を出てしまった事で、次第に引きこもるようになった。
その一方では、美白で容姿が優れており、青年に成長した頃には村の女性達にモテるイケメンとなっていた。

事件の経緯

20歳になって受けた徴兵検査で肺結核の診断と事実上の不合格が突きつけられた事をキッカケに人生が転落。
当時結核は不治の病と呼ばれて結核患者に対する偏見や差別が横行しており、睦雄もその例外ではなかった。

徴兵検査の結果があっという間に村中に広まり、今まで夜這いによって関係を持っていた女性達が次々と掌を返して睦雄の悪口を言うようになってしまう。(当時は徴兵は一種のステータスで
強い男の要素でもあった。しかし、病気による不合格であるため理不尽な差別に対する恨みに関しては同情はできる)

更には病気が原因で農作業等もできずにふらふらと無為に生きなければならなくなったために、集落の人々からは白い目を向けられて極力関わらないように距離を置かれて孤立。
理解者であった姉の結婚、結核患者への差別、不合格への嘲笑、夜這いの関係だった女性達の裏切りによってプライドを傷つけられて人生に絶望。
自身を蔑ろにする村人達に復讐するため、あらかじめ日本刀やライフル等の凶器を揃えて犯行を計画。
一度は祖母が警察に告発した事で計画を邪魔されたものの、既に堕ちるところまで堕ちた執念によって頓挫することなく密かに準備を完了させた。

そして、1938年(昭和13年)5月21日に計画を実行。
手始めの村の電線を切断して停電を起こすと、最初に祖母を家にあった斧で斬首して殺害した後、懐中電灯を頭に付け、日本刀を片手に散弾銃やライフルを背負い、かつて心を通わせていた女性達や自分の悪口を言った人間の家に乗り込んでいき、仰天する家人達に対し、ある者は日本刀でぶった切り、ある者は散弾銃で頭を吹き飛ばし、ある者は股間にライフルを撃ち込むなどして、わずか2時間で30人もの村人を次々と血祭りにあげた。

犯行を終えた後は荒坂峠で、遺書を書き残して自らの心臓に猟銃を当てて自らの命を絶った。

凶行中、特に自分を蔑んでいた者に対しては日本刀で何度も斬りつけたり、原型を留めない程に散弾を撃ち込むなどした反面、最初から関係ない者、抵抗しない者には刃を向けなかったといい、
最後に訪れたとある家(その家へは遺書を作成する為の紙と筆を借りに訪れた為、一人も殺していない)でそこに住む少年に「勉強してかしこくなれ」と励ましの言葉を送って自殺した為、精神状態は考えられているよりも正常だったと思われる。

その後、警察の検死を終え返却された睦雄の亡骸は、既に嫁いでいた彼の姉が引き取って弔う事となったものの、甚大な被害を受けた村人達の手前、貝尾集落に葬るわけにもいかず、最終的に自らの嫁ぎ先にして睦雄の生まれ故郷でもあった加茂町倉見(現・津山市加茂町倉見)の村の墓地に祖母と共に埋葬する事になった。

また、結核によって職につけなかった睦雄は事件を起こすまでに祖母の家の家財を食いつぶし、更に一連の犯行の準備資金を工面するに当たって、方々から合計600円(現在のレートで約120万円)の借金を重ねており、それらの借金は住む者のいなくなった貝尾の都井家の家屋や土地を抵当にして処分しても相当な額が残る事となり、それらを請け負う羽目になった姉一家は一時は無一文同然になる程に経済的に追い込まれたという。さらに倉見の集落でも睦雄の犯した凶行の話は瞬く間に広がり、姉家族を含む都井家親族は後年に至るまで『殺人鬼の一族』として風評被害に晒され続ける事となった。

また、被害者達への莫大な損害賠償は、睦雄の祖母の所有していた田畑を引き継いだ睦雄の祖母の甥をはじめとする貝尾集落に住んでいた都井家の親戚が合同で請け負う羽目になり、その結果、自分達の生活が立ち行かなくなった上、遠縁とはいえ集落にとっては死神の様な存在となった睦雄の親戚という理由で、集落の人々から「睦雄の計画を知りながらも止めようとしなかった」「実は睦雄に加担していたのでは?」と非ぬ噂に晒され、最終的にほぼ全員が貝尾集落から出ていく事になったという。

こうして、睦雄の尻拭いをさせられた事で人生を大いに狂わされた都井家一族の間でも、睦雄は深く憎まれ、忌み嫌われる事となった。
姉が祖母だけでなく睦雄も両親の入っている墓に入れようとした際には、他の都井家の親戚一同から「大量殺人犯を先祖代々の墓に入れようだなんてとんでもない」と猛反対され、中には「これだけの大事件をしでかした奴を、墓になど入れてやる必要はない」と断固拒絶する意見も上がる中、睦雄の姉が涙ながらに嘆願した事で、土葬ながらも都井家の墓地内に埋葬する事は認められた。

姉は仕方なく睦雄一人の為に立派な墓を用意するつもりでいたが、夫から「ここが“都井睦雄”の墓である事を他人に知られてはダメだ!」と頑なに反対されてしまい、最終的に睦雄は祖母と両親の眠る墓の傍らの草むらに葬られ、更にその墓も、姉がせめて墓石の代わりにと近くの川から拾ってきた大きな石を土饅頭の上に乗せただけのペットの墓も同然な超簡素な墓に葬られた。

死して尚も、貝尾の村人達ばかりでなく親戚からも蔑まれ、そして恨まれ続けた睦雄であったが、唯一人、睦雄の姉だけは、亡くなるまで弟を犯罪者や疫病神として蔑視しようとせず、都井家の墓参りの際には家族の制止を押し切って、他の親族と別け隔てなく手厚く弔ってあげていたという。

事件から90年近く経った現在、事件の起きた貝尾集落や都井家の故郷である倉見集落は、住民の高齢化や他所への転居、過疎化の進行もあって、当時を知る者は皆無に近く、事件そのものも歴史の影に隠れて風化しつつある状況で、2021年現在では、睦雄の生家も取り壊され、都井一族の人間もほぼ全員が倉見を去っており、手入れをする者がいなくなり、墓地全体がすっかり荒れ果ててしまっている状態にあるという。
しかし、日本の犯罪史上に名を残し、多くのフィクションや創作物に影響を与える程の大事件を起こした犯人である事に興味を抱いたり、その悲劇的ともいえる生い立ちや経緯に同情した一部のオカルトマニアや犯罪・サスペンス研究家、作家などが墓参りに訪れる事があるらしく、睦雄の墓と、被害者の一人である彼の祖母の墓の辺りだけは、墓参りに訪れた者が手入れをしてくれていたり、ビールやお茶を供えたりされている事があるようである。

ちなみに、現在に至るまで睦雄の墓は増水や土砂崩れなどで何度か移動したらしいが、その最中に遺骨が喪失したらしく、現在ある墓石の下に睦雄の遺骨はないのだという。

関連タグ

津山事件 無敵の人 殺人鬼 村社会 村八分 ぼっち 不幸 シリアルキラー 迫害
八つ墓村

アンドリュー・チェレンコフジェイソン・ボーヒーズ…社会的差別で孤立して大量殺人に走った架空のキャラ。

筋肉少女帯…日本のバンド。2014年に彼をモデルにした「ムツオさん」という楽曲を発表した。

関連記事

親記事

津山事件 つやまじけん

pixivに投稿されたイラスト pixivで「都井睦雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11450

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました