ピクシブ百科事典

概要

東京都で商家の家で生誕。後に神奈川県川崎市に移住し育つ。
大学を卒業後に金属製品の会社に内定するが、胸部疾患が見つかり就職を断念。療養中にアメリカの漫画を見たのをきっかけに漫画家の道に進む。代表作には読売新聞で1966年~2004年の実に38年間連載していた『サンワリ君』がある。

お笑いマンガ道場での富永一朗とのイラストで互いを毒を含む茶化し合いは番組の名物であったが、実際は鈴木と富永は数十年にわたる盟友を公言してはばからない仲であった。仲がいいからこそできたやりとりであったとされる。
その為、鈴木の死に対して富永は「もう一度マンガ道場で一緒にやりたかった」と肩を落としている。

関連タグ

富永一朗 お笑いマンガ道場

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴木義司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51904

コメント