ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

室町時代から始まった刑罰

細川晴元が、敵対する三好家臣・和田新五郎を捕縛した際に、和田を一条戻橋で見せしめを切ったことが記録上最初といわれている。


鋸はに比べて粗いために斬首刑より苦しむ刑罰とされ、

江戸時代にはそば罪人身動きとれぬ状態にして首を差し出すように通りに置くことで、

通りを通った人間が自由罪人の首を鋸で切ることができた

(とはいえ、流石に切りたがる庶民は多くなく、しばらく晒された後には刀で斬首されることが多かったらしい)。


鋸引きの刑に処されたので有名なのは、杉谷善住坊(信長狙撃した)や大賀弥四郎(元家康家臣)がいる。


関連タグ編集

牛裂き 車裂き

北斗の拳

関連記事

親記事

拷問 ごうもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3642

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました