ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして

境界線上のホライゾン』における、
長岡忠興細川忠興)の襲名者である少年長岡・忠興と、長岡玉細川ガラシャ)の襲名者である女性クリスティーナとの男女カップリングについては、
長岡夫妻
へどうぞ。

長クリとは

「長」と付いてはいるが、平均的なクリトリスより長ければ
どんぐり並みだろうがペニス並みだろうが腕並みだろうが太かろうが細かろうが付けられる。
巨クリとの区別は曖昧である。

長クリはクリトリスの長さの割りに、クリトリス包皮が短く描かれた露核の場合が多い。
陰核亀頭が完全に包皮で覆われた包核は、包茎のペニスと見分けがつきにくいからである。

長クリとふたなり

長さにかかわらず、クリトリスは女の子のおちんちんであって、
おちんちん=陰茎ではないのである。
単に大きなクリトリスであるペニクリはペニスの機能を持たないため、「おちんちん」ではなく「女の子のおちんちん」であるが、ペニクリを持つ女の子でもふたなりと呼ばれる場合はある。

長クリの問題とその対策

問題

長いクリトリスへの摩擦と圧迫

長クリには問題があり、パンツの上からクリトリスの形が確認できてしまう。
また、履いているショーツと擦れて不用意に性感を得て、洪水を起こしてしまうことがある。

真性包核であっても、陰核亀頭とショーツの間は、薄皮一枚しか遮蔽物が存在しないため    ショーツとの摩擦で洪水を起こしてしまう場合がある。

露核の長クリの場合は、長い陰核亀頭が包皮から露出しているので、神経の集中する性感帯とショーツが直接擦れてしまって、真性包核のそれよりもこの危険性が高い。

勃起していない状態では亀頭が露出しない仮性包核の長クリでも、クリトリスの勃起は不随意で起こる反応であり予防が不可能であるため、意図せずに亀頭が包皮から飛び出ることもある。
更に、勃起していない状態では包皮に隠れている仮性包核の亀頭は、常に包皮から露出している露核の亀頭よりも感度が高く、亀頭が露出してしまうと露核の場合よりもショーツと亀頭の摩擦が大きな問題となることが多い。
そのため、仮性包核のクリトリスは、皮オナや陰核亀頭へのソフトタッチのような形でオナニーを行い、敏感な陰核亀頭をある程度刺激に慣らしておく必要がある。

放尿の邪魔となる長いクリトリス

クリトリスの長さが一定以上長いと放尿する際に、おしっこが尿道口の前にぶら下がる長クリにかかってしまう上に、クリトリスが尿道口圧迫しておしっこが前に飛びにくくなる。

そこまでクリトリスが長くないならば、放尿中にはクリトリスを軽く勃起させておけば、尿道口への圧迫は消える上に、上を向いたクリトリスにはおしっこがかかることはない。
しかし、放尿前にクリトリスを勃起させるための自慰行為が必要であり、放尿の前にはクリトリスを勃起させるための時間を持てるように余裕を持って放尿を行う必要があるし、羞恥から自慰行為ができないものも存在する。

一方で、長すぎるクリトリスは軽く勃起してもその重さで尿道口を圧迫するし、更に尿道口から放出される尿がかかってしまう。
そのため、長大なクリトリスは放尿の際には大きく勃起させる必要があり、個人にもよるがクリトリスが小さい場合よりも放尿の前の自慰に時間がかかる。
放尿する前にクリトリスを大きく勃起させる余裕がない場合は、クリトリスを手で持ち上げながら放尿することになる。
この際に、両脚を大きく開くことなくクリトリスを真上に持ち上げすぎると尿道口が閉じてしまうため、おしっこが真下に落ちずに股間に這うように広がってしまう。
そのため、クリトリスが長すぎると両脚を大きく開くにはパンツを脱ぐ必要があるし、放尿中にクリトリスを適切な角度で持ち上げるには練習が必要となる。
慣れるまではおしっこの軌跡を観察しながらクリトリスを持ち上げる角度を微調整する必要があるため、慣れないうちは放尿中にはスカートを脱がずに放尿することができない問題もある。

対策

摩擦と圧迫への対策

クリトリスとショーツの摩擦への対策としては、長クリを圧迫するズボンではなくスカートを着用して、その下にはオープンショーツを着用して長クリをショーツの外に出し、更にふたなりが用いるようなペニスソックスをクリトリスに着ることで長クリと太ももやスカートの間の摩擦を抑えるという三段構えの方法をとる場合が多い。

水泳の際には、クリトリスを圧迫する女性用水着ではなく、ふたなり用水着を使用することがある。
ふたなり用水着は、ペニスを露出させるための穴がクロッチに開いていて、水着から飛び出たペニスを隠すためのペニスソックス水着を併用する。
長クリの場合は、ふたなりのペニスのように水着から長クリを出して、その後にペニスソックス水着で長クリを覆い隠す。

この方法でも長クリとペニスソックスの摩擦によって性感を得てしまうならば、ペニスソックスの下の長クリにコンドームを着用する必要があるが、夏はクリトリスが蒸れてしまう問題がある。
コンドームを着用する場合は、クリトリスが勃起した状態でコンドームを着用し、ゴム着用の状態ではコンドームのブレを抑えるために、クリトリスの勃起を維持する必要がある。
特に仮性包核の長クリの場合は露核の長クリと違って、勃起が萎えると包皮が亀頭へと届くため、露核の長クリよりもコンドームがぶれやすい問題がある。
また、真性包核のクリトリスもコンドームの装着が困難となる。
包核の長クリは、コンドームがぶれやすい以外にも包皮の内側にクリカスがたまってしまう問題もあるため、コンドームの着用が困難であるならば包皮切除を行うこともある。

コンドームを使う場合はブレを防ぐためにクリトリスリングなどを用いて、勃起を維持する必要がある。
クリトリスを勃起させる道具の中で効果的なものの一つに、短い突起のついた小さなビーズ、鈴口ビーズがある。
これはクリトリスの鈴口の内部に入れるものであり、長クリ用の尿道パールと言える。
尿道が通ってないクリトリスの鈴口に異物を入れることは、ペニスの鈴口に異物を入れる場合と比較して遥かに安全であり、クリトリスリングと違ってコンドームとの干渉が小さくて使いやすいメリットがある。
しかし、真性包核のクリトリスには使うことができない上に、コンドームを付ける前に鈴口ビーズを鈴口に埋め込む必要がある。
また、クリトリスリングもコンドームの上からだと効き目が弱い上に、コンドームの下に付ける場合はコンドームがぶれやすくなる可能性もあるため、コンドームを付ける前にコンドームで覆われていないクリトリスの根元にしっかりと装着する必要性がある。

また、コンドームを装着するとペニスが常に勃起してしまうため、勃起した長クリが一定以上の長さであるとスカートを持ち上げて、勃起したペニスがパンツで形成するようなテントを作ってしまう。
とはいえ、勃起したクリトリスをバンドなどで無理やりふとももに押さえつけると、コンドームがぶれやすくなってしまう問題が生じる。
そのため、一定以上の長さのコンドームを常用する必要のあるクリトリスは、スカートを持ち上げてしまうことが不可避であり、スカートが長クリに持ち上げられていてもそれを指摘しないことがマナーであったし、指摘するとセクハラ訴訟させる危険性もあった。

しかし、ペニスが勃起していても亀頭が下を向くように、錘を入れたペニスソックスが開発された。
このペニスソックスはペニスからずり落ちる必要があるため、ペニスソックスをフックで固定する専用のガーターベルトと併用する必要があるが、長クリであることを隠すことができる画期的な下着である。

放尿を容易にするための方法

オープンショーツならば下着を脱がずとも両脚を大きく開いて放尿することができるため、両足を開くために下着を脱ぐ必要が省ける。
オープンショーツでもクロッチの開口部が小さいものは、尿でショーツを汚してしまう可能性があるため、開口部が大きいものか、放尿前に開口部を広げられるものを選択することが推奨されている。
また、ペニスソックスをクリトリスに着用している場合は、放尿の際にペニスソックスを汚さないようにするため、ペニスソックスを脱いでから放尿することが推奨されている。
特に錘の入っているペニスソックスは、放尿の際にペニスを上に向けるために必ず脱ぐ必要がある。

クリトリスがさほど長くない場合は、放尿の前にクリトリスを勃起させるだけで済む。
放尿前の自慰行為を拒否するものが少なからず存在することが問題となっているが、クリトリスを弄ることは自慰行為だと本などで認識することが原因とされている。
自慰行為という概念を本などで知る前に、クリトリスを弄ることは放尿の動作の一環であるということを体験によって認識させておくと、自慰行為という概念を本などで知った後でも放尿の前にクリトリスを弄ることに羞恥心を覚えなくなるとされ、幼少のころからこの習慣を覚えさせることが普及してからは、放尿前の自慰行為を厭う者の数は減りつつある。

また、鈴口ビーズやクリトリスリングを使用することで、放尿前に自慰行為なしでクリトリスを勃起させることができる上に、自慰行為でクリトリスを勃起させるよりも時間がかからないと言うメリットがある。(これらは大人のおもちゃではなく、医用品とされているため、自慰行為を嫌がる者も手軽に使用できる。)
鈴口ビーズやクリトリスリングの中には紐が取り付けられているものがあるが、これはあらかじめショーツのリボンなどに結び付けておくことで、使用する際に前にかばんやポケットから取り出す手間を省くためのものであり、放尿中に鈴口ビーズやクリトリスリングが下に落ちても、途中で止まるようにするための安全装置でもある。

しかし、ゴム着用の状態で放尿の直前に鈴口ビーズを使うには、コンドームを一度取り外さなくてはいけないため、紐のついた鈴口ビーズは常時のゴム着用と併用するには、放尿の度にコンドームを交換する必要があるので、現実的とは言えない。
また、クリトリスリングもコンドームを着用してから根元まで嵌めようとするとコンドームが破れてしまう可能性がある。
紐のついているものはコンドームと併用できないが、コンドームを使う場合は常に勃起を維持しなければいけないため、放尿前だけクリトリスを勃起させる道具と併用することはあまりない。

クリトリスが長くて放尿の際はクリトリスを適切な角度に持ち上げる必要がある場合は、鈴口ビーズやクリトリスリングを使用するだけではなく、長クリを上向きに固定するためのフックとリボンがついているオープンショーツの使用も推奨される。
これはクリトリスを手を使わずに持ち上げるためのものであり、クリトリスを持ち上げる角度を微調整可能な構造となっている。
放尿する際には、スカートを一度持ち上げてから、勃起させたクリトリスを適切に調整されたリボンに引っ掛けてに固定すれば、放尿中は手を使わずともクリトリスを固定することができる。
しかし、クリトリスを固定する適切な角度を知るためには何度もテストが必要であるし、クリトリスをまったく勃起させていない状態ではリボンからクリトリスが抜けてしまうこともあるため、鈴口ビーズやクリトリスリングなしで使うことは推奨されていない。
エアバッグがあってもシートベルトが必要であることに同じである。

関連記事

親記事

クリトリス おんなのこのおちんちん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「長クリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1286501

コメント