ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ふたなり水着とは、ふたなりでも着易い女性用水着である。

なぜふたなり用の水着が存在するのか

女性用の水着はふたなりの着用が考慮されていないため、陰茎を持つふたなりが着用するには不向きである。
ブルマ状の女性用水着の下腹部にはペニス金玉のためのスペースが存在しないため、ふたなりが着用すると敏感なペニスや金玉を痛めつけるように圧迫する上に、水泳中にチンチラしてしまう可能性もある。
また、下部がスパッツ状の水着ならばチンチラの危険はないが、やはりペニスや金玉を痛めてしまう問題が残る。
そのため、ふたなりはふたなり用の水着を着用することが奨められている。

ふたなり用水着の構造

ふたなり用の水着は、ペニスを覆うペニスソックス状の水着と、ペニスを出すための穴を設けられた体用の水着が存在し、これらをセットで着用する構造のものが多い。
ふたなりは体だけではなくペニスのサイズでも水着を変える必要がある。
そのため、ペニスソックス水着と体部の水着を一体化すると、水着のサイズのバリエーションを沢山用意しなくてはならない問題が生まれてしまう。
故にペニスソックス水着と体部の水着は一体化していない場合が多い。
そのため、ペニスソックス水着は、ペニスの頭である亀頭に被せる水泳帽であるとも考えられている

ふたなり用水着のトイレでのメリット

ペニスから放尿しない女性が、一般的な女性用のトイレおしっこするには、股布ずらしでの放尿、ずらし放尿をするか、水着を脱いで放尿することになる。
前者は、ずらし方が不十分だと水着を尿で汚す危険がありおもらしするのと大差ないほどに水着を汚してしまうこともある。
後者の場合は水着を脱ぐ手間がかかる。ビキニならばブラを外す必要もなくショーツを下ろすだけですむが、スクール水着競泳水着などのワンピースの水着ならば全裸放尿することになる。
水着は液体を透過させるため、敢えて水着を着たまま着衣放尿することもあるが、その後にプールに入るのは衛生的な問題があり、泳ぎ終えてプールに二度と入らないを除くとマナー違反の手段であると言える。
また、尿道口に付着する尿が水着を汚さないように、最後には紙で尿道口を拭く手間もかかる。

一方で、体とペニスの水着が割かれている水着ならば、ふたなりはペニスソックスを脱ぐだけで男性用の小便器立ちションできる。
ふたなりならば、尿道口がペニスの先端に位置するため水着を尿で汚しにくいし、排尿後には紙を使うことなく、ペニスを振るだけで尿道口に付着する尿を振り払うことが出来る。

とはいえ、女性用の小便器であるサニスタンドならば、ふたなりでなくとも立ちションが容易であり、ビキニを着ている時ならばショーツを下ろして前かがみになるだけで、後ろ飛ばしに放尿できる。
しかし、ワンピース水着ならば全裸になるか、もしくは股布をずらす手間が必要であるし、どちらにせよ、花摘みの後には紙が必要となる。

ふたなり用の水着の問題点

ふたなり用の水着は一般的な女性用の水着と違って痛めつけるようにペニスを圧迫することはないがペニスソックスは締め付ける形でペニスを圧迫する。
ペニスソックスのペニスへの圧迫は未精通のふたなりにはおちんちん勃起させるだけではあるが、精通後のふたなりには意図しない射精である遺精誘発してしまう。

そのため、プールの中での遺精を防止するために、精通済みのふたなりは水着に着替える前に意図的に射精を行って体内の精液を抜いておいて、水着を着てからは精液が出にくいようにするという、射精管理を行うことが多い。
射精管理の後には亀頭の鈴口裏筋に付着する精液がプールに溶け出すことのないように、射精後に亀頭をしっかりと洗浄して、ペニスに付着する精液を洗い流してから水着を着用するのがエチケットとされている。
よって、ふたなりの場合は水泳後だけではなく水泳前にもシャワーを浴びることがある。

  • 学校などで用いられるふたなり用水着
一般的に学校などで用いられるペニスソックス水着は、体部の水着から出ているペニスを全て覆い隠す構造でシンプルなデザインのものが多い。
体部の水着のペニスを出すための穴から数cm程の筒状の布が伸びており、ペニスソックスと重ねることで、ペニスの竿状の部分を隠す構造となっている。

  • 競泳用のふたなり用水着
ふたなり用水着はペニスを突き出す構造であるためどうしてもペニスが水の抵抗になってしまうが、ペニスの角度が体の角度と平行である場合は水の抵抗を最小化できる。
ペニスの角度が体と平行になるのはペニスの亀頭が泳ぐ方向か、その反対を向いている場合であるが、ふたなり用水着はペニスを勃起させてしまうため、ペニスが泳ぐ方向と反対の向きを向くことはない。
一番水の抵抗が大きくなるのは、泳ぐ方向の鉛直を向いている状態である。
つまり、中途半端にペニスを勃起させた状態が一番抵抗が大きく、ペニスを完全に勃起させた状態が一番抵抗が少ないため、競泳用のふたなり用水着はペニスを強く締め付けるものが多い。

さらに、競泳用のふたなり用水着は、水流を捕らえる特殊な生地で作られていることが多く、水流が剥離しないように表面に凹凸の加工が施されたものも存在するなど、少しでも抵抗を減らす工夫が施されている。
しかし、この加工はペニスに水流が纏わりついて刺激を与えてしまうので、遺精を誘発しやすいという問題がある。

ふたなりの競技水泳にはペニスを強く勃起させたほうが水の抵抗はなくなるが、ペニスへの刺激が強すぎると射精してしまって、勃起が弱まってしまうというジレンマが存在し、特に早漏のふたなりには重大な問題である。
そのため、水泳前には入念な射精管理を行って、体内の精液を空にしておくことや、ペニスに刺激を与えても中々射精しない遅漏のペニスを作ることで、タイムを向上させようとする動きもある。

また、競泳用の水着は後述するペニスキャップと併用されることも多い。

  • 見せることが目的のふたなり用水着
見せることが目的の水着にはフリルなどで装飾された女性らしいペニスソックスも存在する。
ペニスの包皮は性器ではなく皮膚であるため、亀頭さえ隠しておけば、竿の部分を露出させるようなデザインも合法であり、竿を覆う部分には穴があけられているものも存在する。
中にはあえて亀頭部分のみを覆い隠すショートタイプのペニスソックスや、包皮を伸ばしてからひも状の水着で縛ることで亀頭のみを隠すものまで存在する。

コンドームの着用

ふたなり用の水着はペニスを圧迫してしまうため、精通済みのふたなりは、水泳中には日常生活中よりも遺精しやすい傾向がある。
水泳前に射精管理を行っても水泳中に遺精してしまう可能性があるふたなりは、コンドームを着用することになる。
また、射精にまでは至らなくとも、カウパー液が先走りすることもあるので、精通済みのふたなりはコンドームの着用が義務ではないものの推奨されている。
そのため、ふたなり用の水着は、予備のコンドームを入れておくためのポケットがついているものも多い。

よほど射精量が多いふたなりでない限り、コンドームを交換せずに複数回の射精をしてもコンドームが破れることは少ないが、精液で膨らんだコンドームはズレる危険性がある。
コンドームがずれてしまうとコンドームが破れることはなくとも精液が漏れてしまうため、精液袋が大きく膨らみすぎる前にコンドームを交換する必要がある。

また、真性包茎ではなく仮性包茎のふたなりの場合は、ペニスソックスの圧迫でペニスが勃起に至り、そのことでペニスが包茎から露茎となることがある。
普段は包皮の内側に隠れていた亀頭が勃起することで包皮の外に飛び出してしまい、ペニスソックスと擦れて痛みを覚える場合は、亀頭とペニスソックスの摩擦を防ぐためにコンドームを使用する場合もある。

コンドームとペニスソックスの併用の可否

コンドームの上にペニスソックスを着る時に注意することは、コンドームの精液貯めの突起が、ペニスソックスと擦れて破れることを防ぐために、コンドームの使用を前提としたペニスソックスを使うことである。
コンドームの着用を前提としているペニスソックスの先端には、コンドームの精液貯めを外に出すための穴を設けてある。
ゴム着用状態でゴム射してしまうとコンドームの精液貯めが精液で膨らむが、膨らんだ使用済みコンドームがペニスソックスに圧迫されても破裂してしまうため、ペニスソックスの先端の穴は、出来るだけ大きなものの方が良い。

とはいえコンドームを着用する場合はペニスソックスを着用しない場合も多い。
ペニスソックスの着用がきつすぎるなどで、コンドームが破裂する恐れがあるからだ。
そのため、近年はコンドーム自体が使いきりのゴム製のペニス用の水着とも考えられ、水着と合うような色やデザインのものも多い。

また、水泳中に遺精してしまっても使用済みコンドームが水着に圧迫されて破れる危険はないが、精液で膨れたコンドームが水圧に耐えられないと破けてしまう。
そのため、ふたなり用水着と併用する場合は、水圧で破けることがない頑丈な水泳用のコンドームの使用が推奨され、一般用のコンドームを用いることは少ない。

コンドームを着用する時にペニスが勃起していても、その後にペニスが萎えてしまうとコンドームがずれてしまうこともある。
そのため、コンドーム併用型のペニスソックス水着はペニスの勃起を維持するため、通常のペニスソックス水着よりもペニスへの圧迫が強いものが多く、ペニスへの圧迫感を強めるためにシリコン製のボールなどを埋め込んだものも存在する。

コンドームを付けない状態でコンドーム併用型のペニスソックス水着を着用すると、先端の穴から亀頭が見えてしまうため、コンドームを併用せずに使うことは殆どない。

競技水泳とコンドーム

競技水泳ではペニスの勃起を極端に強くした方がタイムが速くなる傾向があるため、競泳用のペニスソックスはペニスへの刺激を大きくして勃起の強さを維持するものが多い。
そのため、射精管理を行っても遺精の頻度は決して低くないため、精通済みのふたなりが競泳用水着を使うときはコンドームの併用がほぼ必須と言える。

しかし、そのコンドームの使用の目的は射精を防ぐことだけではなく、ペニスを圧迫して勃起を激しくこともまた目的である。
そのため、本来のサイズよりも小さいサイズのコンドームの使用が好まれるが、コンドームを付けた後に射精しないために、丹念な射精管理が求められるという煩わしさも存在している。

ペニスソックスは、円筒形のペニスを締めるように圧迫するが、コンドームはペニスの太さを締め付けるではなく、ペニスの長さを押さえつけるような圧力も発生させる。
そのため、コンドームは太さに対する締め付けの強さよりも、ゴムの伸びにくさによるペニスの長さへの圧迫が重視される傾向がある。

競泳用の水着は水の抵抗を減らすために予備のコンドームを入れるためのポケットを設けておらず、水泳中にコンドームを交換する場合に手間がかかるという問題が存在する。

また、競技水泳では一般的な水泳よりもコンドームに高い水圧がかかるため、先端に穴のあいたのペニスソックスが用いられることは少ない。
後述するようにペニスキャップでコンドームを水圧から保護することが多いため、ペニスキャップと併用し易いデザインのペニスソックスが多い。

ペニスソックスの色

コンドームを使い慣れてないうちは、コンドームの下のペニスの状態が確認できる、透明なコンドームを用いる場合が多い。
しかし、透明なコンドームを使用する場合は先端の穴から垣間見られる亀頭が目立ってしまう。
それを防ぐために赤いペニスソックスを用いて、ペニスの露出を誤魔化すようにして使う。
体の水着の色が赤でなくても、ペニスソックスは赤色のものを使う場合もある。

コンドームの付け方に慣れて、コンドームの下のペニスの状態を確認する必要がなくなると、様々な色のコンドームを使用する場合が多い。
水着の色とコンドームの色を合わせることが多いが、あえて違う色を使ってペニスソックスの隙間から覗くコンドームをアクセントにする場合もある。

着用前の注意

コンドーム併用型のペニスソックス水着は、水の抵抗の低減やコンドームのブレ防止のためにペニスを強く勃起させる機能を持つものも多いが、それは遺精が促進されることをも意味する。
最悪の場合は着用した瞬間に射精してしまうことまである。
遺精が促進されることで短時間で何度も射精してしまうと、コンドームを頻繁に交換しなければならず、コンドームを大量に消費してしまう。
これを防ぐため、水着を着用する前には、あらかじめ射精管理を行って精液を減らしておくことが多い。
精液の量を減らしておけば1枚のコンドームをできるだけ長時間使えるし、最悪でも水着をつけた瞬間に射精してしまうことを防ぐことができる。
とはいえ水着を着用した後にコンドームの交換回数を減らすためにも、勃起させる程度にペニスを圧迫させても射精に至るほどの強い刺激を与えにくい、程よい締め付けのペニスソックス水着を選ぶことも必要となる。
また、コンドームを着用する場合は、水泳前の射精管理の後に、亀頭を洗う必要はない。
亀頭に精液が少々付着していても、コンドームでペニスを覆えば、亀頭に付着した精液がプールに漏れることがないためである。

日常生活において常にコンドームを着用しているふたなりに多いことではあるが、水着を着る前からコンドームを着用していて、そのコンドームにまだ射精していない場合は、水着を着る前に射精するためには着用中のコンドームに射精するか、もしくは着用中のコンドームを外してから射精するしかない。
そのため、水泳前の射精管理の際には着用中のコンドームを1枚消費してしまう。
着用中のコンドームを捨てるのを躊躇して、射精管理無しで泳ごうとする者もいるが、水泳中に射精するリスクが高くなるという問題がある。
水泳中にコンドームを交換するには一度プールから出る手間がかかる。
更に、射精してしまうとコンドームをつけていても、コンドームのズレや破損によって精液がプールに漏れてしまう可能性は0とはいえない。
コンドームの着用はあくまで精液をプールに漏らさないための予防的な措置であって、水泳中に射精しないことが理想であり、コンドームをつけていることが水泳前の射精管理を怠る理由とはならない。
何より水着を着用した瞬間に射精してしまう場合もあり、その場合は水着を外してから再度コンドームを付け直す必要があるため、コンドームをケチらずに射精させておくことが良いとされている。

トイレの前に

また、水泳中に尿意を催して排尿の必要が生まれた場合は、排尿する前に着用中のコンドームを外す必要がある。
たとえコンドームを着用してからまだ一度も射精していなかったとしても、放尿するためには着用中のコンドームを捨てて、その後に新しいコンドームをつけ直すことなるので、コンドームの消費量が増えてしまう。
着用中のコンドームを未射精の状態で捨てないようにするためには、コンドームをつけたあとにはできるだけ尿意を催さないようにする工夫が必要となる。
それには、遺精の後に使用済みコンドームを交換する際には、必ず排尿してから新しいコンドームをつけるという心がけが求められる。
また、排尿のために未射精のコンドームを外してしまう場合にも、新しいコンドームをつける前に意図的に射精して体内の精液を減らしておくことで、新しいコンドームの中に射精するまでの時間を伸ばすことができる。

ペニスキャップの使用

ここまで遺精による精液を漏らすことを防ぐための方法を記述してきたが、ペニスソックスの先端に設けられた穴から、精液で膨らんだコンドームが飛び出して目立ってしまうため、遺精した精液を封印することはできても、射精の事実を周囲に隠すことは不可能である。
また、膨らんだコンドームが破けることはなくとも、水の抵抗物になってしまうため、タイムを落とすことになってしまうし、動きが激しい競技水泳ではコンドームのズレや破損可能性も捨てきれない。
この問題を解決するために、特に競技水泳ではコンドームを付けたペニスとペニスソックスの先端の間にペニスキャップを挟み込むことが多い。

ペニスキャップの構造

ペニスキャップは亀頭とペニスソックス水着の間に空間を作るものであり、ゴム射したあとのコンドームの膨張をその空間に逃がすもので、コンドーム併用型ではないペニスソックスでもコンドームを併用可能にするものである。
また、水の抵抗を抑えるために、先端が尖っているデザインが多く、高価なものは専用のペニスソックスと組み合わせた使用が前提になっていることが多い。
ペニスキャップには穴があけられているが、射精によってコンドームが膨張するときに亀頭とペニスキャップの間の水を逃がすためのものである。
ペニスキャップを装着すると、亀頭への水流の刺激が減るため、つけてない状態よりも勃起を維持しにくくなるが、遺精を抑える効果もある。
そのため、亀頭が弱点のふたなりは、水泳中の遺精を抑えるためにペニスキャップを使用することもあるが、ペニスを萎えさせてしまうとペニスキャップが外れてしまうこともある。
ペニスキャップの外れを防止するためにペニスキャップの裏側に複雑な凹凸加工を施して、凸凹で亀頭を刺激するものもある。
とはいえ過度に亀頭を刺激すると射精しやすくなってしまう問題があるため、個々人の感度に応じて適度な刺激を与えるものが望ましい。

ペニスキャップの問題点

このペニスキャップは、内部の空洞のスペース以上にコンドームが膨張すると、コンドームが破裂してしまうため、遺精による精液の量が多いふたなりが使用することはできない。
遺精での精液が少ないふたなりでも、1回の遺精が起きたら、2回目の遺精が起きる前にコンドームを交換することが推奨される。
これらの理由のため、ペニスキャップを使う場合はそうでない場合よりも、水着を着用する前の精液抜きは入念に行わなければならない。

また、ペニスキャップという異物を装着する感触によって、遺精したことに気づかない場合もある。
そのため、遺精の感覚がなくとも水泳中には定期的にトイレや更衣室に行って、水着とペニスキャップを外してコンドームが膨らんでないかを確かめる必要がある。

水泳後

水着のペニスソックスは日常用のペニスソックスよりもペニスへの圧迫が強いために射精感が溜まりやすく、定期的な射精管理によって日常生活中に遺精しないふたなりでも、水泳中には遺精してしまうものも多い。
また、水泳中に遺精に至らなくても射精感が溜まる事は避けられず、射精に至らない場合は溜まった射精感が未処理であり、生殺しの状態であるといえる。
これを処理するために水泳後に射精することが良く見られ、シャワーを浴びる際に自慰行為を行うことが多い。
着用したコンドームに未射精で水泳を終えたふたなりは、精液の処理を楽にするため、コンドームを付けたままマスターベーションに及んで、そのまま射精することが多い。
特に仮性包茎のふたなりは、コンドームを外してしまうと亀頭が包皮の中に戻ってしまう場合があり、その状態で射精すると包皮の内側を汚してしまってチンカスが溜まる原因となってしまうが、コンドームを着けたままでオナニーすることで射精すれば包皮の内側を汚してしまう危険がない。

水泳中に遺精しないふたなりはコンドームを着用しないで済むが、水泳中に射精感が溜まることは避けられず、それを処理するために水泳後に射精管理を行って、ペニスから精液を射精させることも多い。
しかし、水泳中にコンドームをつける必要があるふたなりよりも射精しにくいため、水泳後に意図的に射精を行おうとしても長時間を要する必要がある。
水泳中の射精と水泳後の射精の違いは、コンドームの着用程度である。
そのため、本来は水泳中に遺精しないふたなりの中でゴム着用に抵抗のないものは、射精しやすい細工が施されたふたなり用水着やペニスキャップを着用して性感を強めて、敢えて水泳中に遺精させて、水泳後の煩わしい射精管理から開放されようとするものさえ存在する。

関連記事

親記事

ふたなり ふたなり

兄弟記事

コメント