ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV金子はりい
I2社から派遣されたデュエリストを狩る「プレイヤーキラー」の1人。本名不明。
アニメでは、決闘者の王国編『漆黒の決闘! 闇晦ましの城』にて登場する。
闇遊戯に「臆病者」と連発された人

人物

全身黒づくめの長身の男。
真夜中に孤立しているデュエリストの隙を狙ってはデュエルを強要し、「闇晦ましの城」の効果で周囲を闇に包む戦術で勝利しスターチップを奪うことが目的。これはペガサス・J・クロフォードの命令ではなく、I2社の命令であり、またペガサスを「ペガサス様」と敬称で呼んでいることから彼には従順であることがわかる。だが、ペガサスが決闘者の王国において用意した莫大な優勝賞金は、参加者を呼び込むための建前で、最初から渡すつもりはなかったことに関しては、「ああ見えてかなりケチな男」と酷評している(原作のみ。アニメでは「渡すつもりはない」というセリフはなく、プレイヤーキラー自身もペガサスに関与していない)。
孔雀舞をさらい、彼女を圧倒した後、駆けつけた武藤遊戯一行が事情を知り、闇遊戯とデュエルする。同じ戦術で遊戯を圧倒するも、その戦術は安全性を求めないと勝てない自信のなさの裏返しであり、そのことを闇遊戯に「威圧的だが、安全を確保しなければ攻撃できない臆病者」と酷評された上、最後は闇遊戯の「カタパルト・タートル」の効果で「闇晦ましの城」もろとも破壊されて敗北。その後、闇遊戯の罰ゲームにより闇に包まれて失明したらしい(アニメではマインドクラッシュで悪の心を砕かれた)。

姑息な戦術でデュエリストに勝利していたとはいえ、デュエル自体は正々堂々と行っており、バンデット・キースのようなイカサマや暴力行為を行っておらず、舞に対してもデュエル以外の要求はしていない上に危害すら加えていない。だが、アニメでは自身が敗北しても往生際が悪く、デュエルリングに設置してあった火炎放射器で遊戯を焼き殺そうとする卑劣な場面が見られた。

原作で遊戯が罰ゲームを執行した最後の相手である(決闘者の王国編ではプレイヤーキラー以外に罰ゲームは執行せず、うち三番目に登場した迷宮兄弟は前二者ほど姑息な手段や挑発を行わなかったためかやはり執行されていない)。ペガサスとの闘い後は心境の変化もあり、罰ゲームを行うこと自体をやめてしまった。

使用カード


関連タグ

遊戯王 遊☆戯☆王

関連記事

親記事

遊戯王 ゆうぎおう

兄弟記事

コメント