ピクシブ百科事典

ゴースト骨塚

ごーすとこつづか

高橋和希の漫画『遊戯王』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:鈴木真仁

ゴーストデッキを使用する不気味な風貌の少年で、その特徴は本作の初期に登場する井守はじめと共通点がある。
語尾に「~なんだゾ」を付けて喋るどこか弱々しい印象の持ち主の不気味なデュエリストで、背は低く小柄な容姿。ゴースト系カードを中心にした「ゴーストデッキ」を操る事からゴースト骨塚という異名を持つデュエリスト。王国編で初登場。
見た目やホラー系のものを好む割には、逆にそういった類のものが苦手である一面があり、王国編では作り物の骸骨に驚く場面がある。
キース・ハワードの傘下に身を置き、彼の命令で二人の仲間である佐竹高井戸清と共に城之内を拉致。墓場フィールドで、キースのカードを含んで再構築された自身のデッキと彼のバックアップの下、後一歩という所まで城之内を追い詰めるが敗北を喫する。その後、洞窟に遊戯達を閉じ込める手伝いをさせられるが、激昂したキースに罵倒されボコボコに痛めつけられ、スターチップまで強奪され、事実上脱落する。

その後、バトルシティに参加しているが、バトルシップ戦前にバクラにデュエルで敗北している姿以外、他に見せ場は無かった。アニメ版では羽蛾並みに性格が悪くなっており、モブのデュエリストからデュエルディスクを恐喝しパズルカードを入手していた(アニメ版で性格が改悪されたのは竜崎がいるが骨塚の場合はアニメ版の悪事を除いても城之内を拉致し自身が優勢なデュエルを彼に挑む、原作でのバクラとのデュエルで本人曰くパズルカードを盗んでいた等の犯罪行為をしていた為、原作でも下衆であるのには変わりはない)。バクラにも恐喝を行うが返り討ちにされてしまい、デュエルを挑まれる。敗北後、彼に闇の罰ゲームを受け、王国編の際に共にした仲間と共に地獄に引きずり込まれたという自業自得の罰を受けた。

ゲーム版におけるゴースト骨塚

デュエルモンスターズ8では、ネオ・グールズとして暗躍するキースの傘下に着くよう、レア・ハンターから強要されるが拒否している。やはり、決闘者の王国編における屈辱を根に持っているらしく、逆に善玉として遊戯一行に協力する姿が見られた。
デュエルリンクスではゴースト骨塚の撃破報酬とレベルアップ報酬でゴーストリックが入手でき、キャラ取得時にこのカテゴリについての会話が聞ける。どうやら公式でもネタにされているようだ。

使用カード


関連タグ

遊戯王 遊戯王DM
バンデット・キース 佐竹(遊戯王) 高井戸清
アンデット族

小悪党

関連記事

親記事

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ゆうぎおうでゅえるもんすたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴースト骨塚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21367

コメント