ピクシブ百科事典

高度育成高等学校

こうどいくせいこうとうがっこう

「高度育成高等学校」とは、MF文庫Jから刊行されているライトノベル「ようこそ実力至上主義の教室へ」に登場する物語の舞台となる高校。
目次[非表示]

概要

東京の埋立地にある日本政府が作り上げた、未来を支える人材を育成する全国屈指の名門校。希望する進学、就職先にほぼ100%応える学校。
3年間外部との連絡は断たれ、学校の敷地内から出るのは禁止され、寮生活になるが、60万平米を超える敷地内は小さな街になっており不自由なく過ごせる楽園のような学校。

学校のシステム


敷地内には校舎の他に、各学年ごとに生徒一人一人が一部屋で暮らせるマンションや、ショピングモールにカフェやカラオケ、映画館などもあり街となっている。各学年A、B、C、Dの4クラスになっている。

Sシステム

学生証カードを使い、プライベートポイントを消費して敷地内にあるすべての施設を利用したり、商品を購入できる。

プライベートポイント

ポイントは毎月1日に10万ポイントが振り込まれ、ポイントは敷地内で1ポイント=1円に換算されるため、毎月10万円のお小遣いが支給されるのと同じである。この学校ではポイントで買えないものはない。

実態

この学校の正体は優秀な者が好待遇を受ける実力至上主義の学校だった。

クラスポイント

各クラスごとにもポイントがあり、クラスポイント×100がそのクラスの生徒のプライベートポイントとして毎月支給される。このクラスポイントは日頃の態度などで減点される。クラスポイントは入学直後1000ポイントで全クラス平行線だった

クラス分け

学年のクラス分けはクラスポイントの多いクラスからA→Dとなっており、クラスポイントの増減によってクラスが入れ替わることもある。
クラスのメンバーは入学時のクラス分けで優秀な生徒からAクラスとなり、下位のクラスになるほどレベルが低くなり、Dクラスは不良品と呼ばれている。

ただし、Dクラスにも堀北など
優秀な生徒もいるが、この学校の評価基準は学力や運動能力だけじゃなく、協調性なども基準にしているため能力が高いからAクラスになる訳ではない。(もしそうなっていたら下位のクラスが逆転するのはほぼ不可能となる。)また、中学までの間に大きな問題を起こしていたりすると優秀でも下位のクラスになることもある。

そして、希望する進学、就職先にほぼ100%応えるというのはAクラスで卒業すればの話であり、他のクラスでは応えてもらえない。(Aクラス以外で卒業した場合どうなるかは明かされていない。)また、他の学校と違い、クラス替えはなく入学した時のメンバーで3年間戦うことになる。(例外として2000万プライベートポイントを払うことで任意のクラスに移動できる。)

定期・期末試験

各学期のテストでは赤点を1科目でもとれば即退学となる。赤点の求め方は各クラスごとに各教科の平均点割る2をする。(少数点は四捨五入)

特別試験

この学校には通常の試験とは違う特別試験が年に数回行わなれている。試験の内容は試験ごとに様々で基本的にはクラス対抗のものが多いが他のクラスの生徒とグループを作り、試験の間協力するものもある。特別試験は3年以上の周期で同じものが行われているめ、上級生にアドバイスなどは期待できない。

試験で活躍したり、上位になったりすると、プライベートポイントやクラスポイントが貰えることがある、反対に下位になると持っているクラスポイントやプライベートポイントが減るなどのペナルティが課される。試験によっては特定の生徒に退学などのペナルティが課される場合もある。

結果によってどれほどのポイントが増減するかは試験のルールごとに違っており、試験後はクラスが入れ替わることもある。各々が作戦を立てたりと戦略が鍵となる頭脳戦が繰り広げられる本作の見どころのひとつである。

退学

この学校で3年間過ごすために何としてでも避けなければいけない事態。退学になればその生徒はその日の内に荷物をまとめ、学校を去らなければならない。なお2000万プライベートポイントと300クラスポイントを消費することで退学を取り消しにできるが負担するプライベートポイントが多すぎるのと、300クラスポイントというクラス順が入れ替わりかねないポイントを払うため現実的ではない。

なお、10巻ではたとえ退学になったとしても消費することで退学を取り消しできる プロテクトポイントが登場したが今まで1年の各クラスに1人ずつの4つのみで内2つは次の特別試験で消費されたため、2年生編第一巻の段階では2人しか持っていない。また、このポイントはプライベートポイントと違い誰かに譲渡できない。

この学校はクラスで3年間戦うため、その間に何人もの生徒が退学に追い込まれたりしている。

2年生編では

校舎が改装され、チョークを使う黒板から電子黒板になり、教科書が全てタブレットに置き換わった。

『OAA』の導入
正式名称は『over all ability』現生徒会長である南雲雅が学校を真の実力至上主義にするために学校側に提案し、承諾され導入されたアプリ。全生徒の名前や顔写真、成績が入っており、これにより、全生徒の学校側からの評価が丸裸になった。評価は前年度の成績は固定されているが今年度の評価は現在進行形で変わっていく仕組みとなっている。2年生編からはこのアプリがあるからこその特別試験も行われるようになった。

関連タグ

ようこそ実力至上主義の教室へ よう実
高校 学園もの

関連記事

親記事

ようこそ実力至上主義の教室へ ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ

子記事

兄弟記事

コメント