ピクシブ百科事典

鴬谷小梅

うぐいすだにこうめ

鶯谷小梅とは『ようこそ!恋ヶ崎女学園へ』に登場するメインヒロインのことである。
目次[非表示]

プロフィール

所属恋ヶ崎超女学園(1年生)
所属部男子部
カード属性キュート

概要

恋ヶ崎超女学園に通う、ピンクのツインテールが特徴の明るく元気な少女で、桜子桐華と同じく『男子部』に所属している。
ミルク(牛乳)が大好きで常に常備しており、自分が飲むのは勿論の事、他の人にも手品のように牛乳瓶を取り出して遠慮なく振舞っている。小梅の持っているミルクはスーパー等で買える市販の普通のものではない牧場から取り寄せたこだわりの逸品で、他のヒロインのエピソードや限定イベントのストーリーでもそれを材料としたスイーツも登場している。またもミルクと同じ位に大好きで、それが後述の通り主人公との恋の成就のきっかけとなった。

恋の成就に至るまで

ある日、男子部の活動で学外を掃除していたのだが、小梅の様子がおかしかったので気になった主人公が尋ねるも、小梅にはぐらかされてしまう。
それから数日後の昼休みに主人公は小梅を見かけるも様子がおかしい上に、小梅はいつもなら常備しているミルクを持っていなかったのである。
流石に「これは何かある」と思った主人公(とナナ)は後をつけて確かめると、小梅は数日前の学外の掃除の時に見つけた捨て犬を内緒で世話していたのである。
(ちなみに恋ヶ崎超女学園ではは勿論の事、学園内でも動物を飼う事は禁止されている)
小梅から事情を知った主人公は、元気がない子犬のためにドッグフードを買ってきたり、子犬の件を秘密にすることを小梅に約束する。小梅はそんな主人公に内面の良さ(優しさや何かをしようとしたら応援してくれる所)を感じたのだ。
それからは主人公と小梅の二人だけで誰にも内緒で子犬の世話をする日々が続くのだが、いつまでもそんな日々が続くはずもなく、とうとうパトロールをしていた風紀委員に見つかってしまい、子犬を取り上げられてしまう。
翌日、風紀委員に取り上げられた子犬のことが気になって男子部の活動でも全く集中できずにいた主人公と小梅は、桜子に子犬の件を伏せながらいい案はないか相談するも『飼育委員会や授業用で管理している動物ならともかく、学園に住みついた子犬では保健所に回収されてしまうしかない』という残酷な事実を告げられてしまう。
桜子と桐華が帰った後、小梅は主人公と二人きりになった時に「自分が見つけて短い間だったけど先輩と二人で大切にお世話をしたあの子が殺される」そう悟ってしまい、我慢できずに大粒の涙を流して大泣きしてしまう。
そんな小梅に主人公は真剣に考えた子犬を救うための『自分たちの代わりに実家暮らしの生徒に飼ってもらえるように頼む』という考えを小梅に提案して、たった一人でそれを実行する。
その結果、主人公の必死の奔走の甲斐あって里親になってくれる女子生徒を見つけることができて子犬は助かり、そんな男らしく行動力があって心優しい主人公の頑張りが恋の成就に繋がったのである。

余談

桜子沙月がそうであったように、小梅を演じている声優さんも同様で小梅以外にも静乃つむぎ伊乃美姫と複数のヒロインの声を演じている。

小梅は桜子桐華(そして主人公)が所属している男子部の一員であるのだが、実は所属する女子で唯一の胸が小さいという特徴を持っておりそれが小梅にとっての悩みの一つだったりする。更に言うと追加ヒロイン柳沢雨音立派な物を備えているので、年下にすら胸のサイズで負けている…が小梅の恋人である主人公は大きいのから小さいのまで等しく愛せる真の意味でのおっぱい星人なので一応は納得しているようである。

関連タグ

男子部:小梅が所属している部活
貧乳:自分以外はセクシー属性なのもあってか、小梅は男子部で唯一胸が小さい
ミルク(牛乳):小梅の好きな物であり、ゲームでは合成に使うと通常より経験値を多く獲得できる(レベルアップさせやすい)『こだわりミルク』というカードとしても登場している。
後輩 ツインテール ピンク髪 長髪

表記ゆれ

鶯谷小梅:一発変換だとこの誤字になるので要注意

関連記事

親記事

ようこそ!恋ヶ崎女学園へ ようこそこいがさきじょがくえんへ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鴬谷小梅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1833

コメント