ピクシブ百科事典

2020年の再挑戦

にせんにじゅうねんのちょうせん

特撮番組『ウルトラマンZ』の第18話のサブタイトル。
目次[非表示]

概要

2020年10月24日放送、『ウルトラマンZ』第18話のサブタイトル。『ウルトラQ』の「2020年の挑戦」をオマージュしている。

ストーリー

怪獣が消え去る不思議な事件が起こった。調査するハルキが出会ったのは、古い観覧車を見つめる謎の女性・カオリ。さらに街では人々の失踪事件が相次ぐ……。果たして事件の真相は、そしてカオリの正体とは?!

余談

「ウルトラQ」というタイトルの由来は、1964年東京オリンピックの体操競技で実況を担当していたアナウンサーが言った「ウルトラC」。
1964年の東京オリンピックは、「1940年に開催権を得ていたものの、それを返上し、その後、再び開催権を得た」という経緯で行われたものだった。
そしてウルトラQが言及した2020年に、ウルトラマンZで「2020年の再挑戦」が放送された。この2020年は再び東京オリンピックが開催される予定であったが、今度は疫病で開催が延期されてしまった。
「2020年の再挑戦」放送時点では延期後の開催の可否も不透明であり、開催へ向けて2020年の再挑戦が必要な所まで含め、巡り合わせの妙と言うべきかもしれない。

関連タグ

ウルトラマンZ ケムール人 2020年の挑戦
パゴス

狙われない街:『ウルトラマンマックス』のサブタイトル。本作と同じく過去作をイメージしてある。
怪獣使いの遺産:『ウルトラマンメビウス』のサブタイトル。過去作の続編として制作された。
円盤が来ない:『ウルトラマンタイガ』のサブタイトル。これもやはり過去作と関連のある話。

関連記事

親記事

2020年の挑戦 にせんにじゅうねんのちょうせん

pixivに投稿された作品 pixivで「2020年の再挑戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12909

コメント