ピクシブ百科事典

ファースト・ジャグリング

ふぁーすとじゃぐりんぐ

円谷プロ作品「ウルトラマンZ」第5話のサブタイトルにして超闇回である。
目次[非表示]

概要

2020年(令和2年)、7月18日(土)放送。

脚本:中野貴雄
監督:辻本貴則
音楽:安瀬聖

第5話予告


ナレーション:ウルトラマンゼット(CV:畠中祐)

アラスカで謎の石器が発見された! 同時に冷凍怪獣ペギラも出現!
ウインダムが氷漬けに!? もしかして、あの石器に何か秘密が…?
って、一体お前は何者だ!?

次回、ウルトラマンZ!「ファースト・ジャグリング」

ウルトラ冷えるぜェ!!

STORY

アラスカで3万年前の古代石器が発掘され、帝都山大学研究所に送られる事に。
一方、アラスカではペギラが永久凍土の眠りから復活。ユカの解析から例の石器によって封印されていた事が判明、自身を封印していた石器を破壊するべく、避難所となっている帝都山大学に向かっている事実を知る。
ヨウコウインダムで迎撃に向かうが苦戦、冷凍攻撃によりダメージレベル50%を超過。状況の悪化からヘビクラ隊長も現場に急行。避難誘導に当たっていたハルキウルトラゼットライザーを構えるが…












未視聴の方はブラウザバック、公式配信されている本編第5話を視聴された後、ここから先の閲覧を推奨します。











ゼットライザーを構えたハルキの背後から謎の魔人が出現する。
よぉ、元気?
誰だ⁈
ふぅん、面白そうだな。俺にも遊ばせてくれよ。
気さくに話しかけた魔人はハルキからライザーを強奪、姿を消してしまう。

更にペギラの冷凍攻撃でウインダムは氷漬けに、最後まで交戦していたヨウコが閉じ込められてしまう。零下30度に冷却されたコクピットの中でヨウコの体温は低下。
ゼットに変身出来なくなりハルキは「俺は…俺は何も出来ないのか…」と絶望するが、無線から、

絶対に守る…絶対に守る…皆を…それが…私の仕事だから…

意識朦朧としたヨウコの声を聞き、
そうだ、まだ何か出来るはずだ!俺だってパイロットじゃないか!
ハルキはストレイジ整備員の制止を振り切りセブンガーで出撃。
ヨウコ先輩、今行きます!


一方、
星の瞬く狭間の闇よ、暗黒のパワーを我にもたらせ。光から闇へ、闇から光へェェェェッ!
魔人はゼットライザーから新たなライザーを創り出していた…


セブンガーで出撃したハルキはペギラと交戦するが、左腕の破損・残り活動時間1分に追い込まれる。
ユカに脱出を促されるも、

ヨウコ先輩はギリギリまで諦めなかった、人々を守る為には自分の身を顧みない!アレがプロだ!俺も…俺もプロでいたいんです!

意地でも脱出しないハルキはついに、隙を見てセブンガーのバーニアでウインダムの氷を解凍し、セブンガーを自動操縦に切り替えてヨウコの救出に成功する。

地上に降りたハルキにペギラに冷凍攻撃が迫った瞬間、魔人が現れ妖刀で防御したのだった。

お前は…
…んん?
返せ、ゼットライザーを返すんだ!
まぁまぁ落ち着け。ほら、返すぜ。ありがとよ。
待て、お前は誰だ⁈
オイオイ小僧、俺に構ってる場合か?

意外にも魔人はあっさりとゼットライザーをハルキに返却、姿を消してしまう。

ライザーを取り戻したハルキはようやくゼットとの再会を果たす。

ハルキ、今までどうしてたんだ⁈
ゼットライザーを奪われてたんです!
ウルトラヤバい闇の波動を感じたぞ…!
それより、あの怪獣を止めないと!

ご唱和ください、我の名を!ウルトラマンゼェェェェット!
ウルトラマン、ゼェェェェット!

ハルキはアルファエッジに変身、ペギラとの空中戦に臨むが地上に叩き付けられてしまう。
その時、研究所にあった石器が光ってゼットの手元に現れ、ゼットランスアローに変化した。

これは…なんです?
ウルトラマンの力を感じる…何万年の時を経たウルトラの力を!
えっ、そんな昔からこの地球にウルトラマンがいたんですか?
分からない…ただ、コイツの使い方は分かる!分かっちゃいます!

光の槍を構えたゼットを前にペギラは驚愕するが時既に遅し、必殺技『ゼットランスファイヤー』で瞬殺されて爆発。

その様子見ていた魔人はヘビクラの姿に変わり、新たなライザーを構える。

ジャグジャグ



ほう…やるねぇ…。久しぶりに血が騒ぐぜ。

<Hebikura,Access Granted.>

ゼットンさん、パンドンさん、マガオロチ。

<Zetton,Pandon,Maga-Orochi.>

2020/12/22「お待たせしました。」



お待たせしました。闇の力、お借りします!


<Zepandon!>

魔人は自身のアクセスカードとメダルでゼッパンドンに変身、ゼットの前に立ちはだかる。
ゼットは応戦するものの、光線吸収や瞬間移動で追い込まれてしまう。

なんて強いヤツだ…

…いや、たとえどんなに相手が強くても俺は諦めない。 俺達は、怪獣退治の専門家だから!

そうとも!それがウルトラマンだ!


ゼットアイスアロォォォッ!

ゼットランスアロー



必殺の一撃がゼッパンドンを貫き、ゼットは勝利するのだった。

ハルキが戻るとヨウコは搬送されており、回復に向かっていると連絡が入った。
安堵するハルキに、今度はヘビクラから無線が入る。

こちらヘビクラ、よかったよかった…じゃない。
すんません…
ハルキ、出動許可も無いのにセブンガーブッ壊したな。ブ厚い始末書書いてもらうからな。
すいません!
…フッ、いいから早くヨウコに会ってこい。
…押忍!

無線を終えたヘビクラは、瓦礫の上に横たわりつつ、不気味な高笑いをするのだった。

…ッハハハハハハハハハハハハハハハ!アァーッハハハハハハハハハハハハハハハ!アハハハハハハハハハハハ!…あぁ、面白ぇ。


余談

  • ご覧頂いたら分かる通り、とにかく魔人が目立ち過ぎて、ネットでは、そのノリノリな彼に興奮するファンは多かったと言える。


  • 魔人がゼットライザーから新たにダークゼットライザーをいとも簡単に創り出したことから『ヒカリはコピーガードくらい付けろ』『セキュリティどうなってんだヒカリィ!』『光の国法務部案件』『闇の違法コピー』『闇の著作権侵害』『闇のプレバン商法』など散々な言われようだった。

  • ニコニコ動画での公式配信では、前述のように、ヘビクラやその正体の魔人がちょっと何かするだけで『闇の○○』とコメントされた。

・冒頭、ヘビクラのダジャレでは『闇のダジャレ』『闇のオヤジギャグ』
・ヘビクラの出動時、『闇の現場急行』『闇の出陣』
・魔人の姿で現れた時は『闇の出現』
・ゼットライザー強奪時は『闇の借用』『闇の窃盗』『闇のジャイアン
・ライザー複製(?)時は『闇の儀式』『闇の中二』『闇のプレバン注文』

……等々、言い出したらキリが無いくらいである。

  • ヘビクラの変身時、怪獣メダルをセットする際『ゼットンさん、パンドンさん』と敬称だったのに対してマガオロチだけ呼び捨てだった。理由は不明だが同期だったから」という説が浮上している他、「自分の目でマガオロチの実力を見知っている=目の前でオーブに倒されたから」とも考えられている。

  • ヘビクラの変身時の『お待たせしました』は視聴者一同『待ってました』と言わんばかりの瞬間だった。

  • ラストのヘビクラの『面白ぇ。』は視聴者一同『こっちの台詞だわ』の一言に尽きる。

  • 今回だけでも充分過ぎる興奮だったが、次回は休ませないと言わんばかりにが登場・活躍することが次回予告で判明している。

関連タグ

ウルトラマンZ ウルトラマンゼット
ウルトラゼットライザー ダークゼットライザー ゼットランスアロー
ヘビクラ・ショウタ
ペギラ




























ジャグラスジャグラー

関連記事

親記事

ウルトラマンZ うるとらまんぜっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファースト・ジャグリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64580

コメント