ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

22/7音楽の時間

ななぶんのにじゅうにおんがくのじかん

「22/7音楽の時間」はアニプレックス配信・株式会社ハ・ン・ド開発のスマホリズムゲーム。
目次 [非表示]

目の前に壁はあるか?


概要

2020年5月27日にアニプレックス配信・株式会社ハ・ン・ドが開発したスマートフォンリズムゲーム。公式の略称は「ナナオン」。

プレイヤーは22/7を受け持つ新人マネージャー兼教師となり、彼女たちとコミュニケーションを取りながら導いていく。

メンバーと交流するアドベンチャーパートとリズムゲームを行うリズムパートに分かれている。


毎朝4時にログインボーナスが発生し、アイテムを1つ受け取ることが出来、一定期間ログインしないでいるとカムバックログインボーナスが並行して配布される。

メンバーの誕生日やシングルのランクインなどの特別な日にも期間限定のログインボーナスが発生する。


2021年5月27日に配信1周年を迎えることから同年5月23日に記念生放送が行われることが告知されたが新型コロナウイルスの感染状況を顧みて配信を中止、関連情報は同日18時から音楽の時間公式ツイッターで公開される運びとなった。


2021年12月22日をもって、サービス終了


システム

ゲーム関係

アドベンチャーパート

メインストーリー、イベントストーリーなどを読み進める。

イベントによっては漫画形式になることもある。


リズムパート

ブーストポイントを消費してリズムゲームを行う。

ソロ・マルチ・ナナニジマルチの他、特定の条件下で行うクエストライブなどがある。


ブーストポイント

楽曲をプレイする際に消費する体力のようなもの。

通常の最大値は10だが定期購入であるナナニジPASSを買うことで最大値が15になる。

ランクアップ毎に10(15)ずつ回復する。

ブーストポイントの消費数を変更することでアイテムの獲得数の倍率が上昇するが0でも恩恵を受けられない代わりにプレイできる。


デッキ関係

カード

デッキを組むのに必要なカード。

レアリティは☆1~☆4、属性はハート・ダイヤ・スペード・クラブの4属性。

同名カードを手に入れることで限界突破(最大5回)が可能。

カード付属のストーリーで総合力が上がるほか、☆3からは更にカードがパワーアップする「覚醒」が行える。


デッキ

5枚1組で構成されるデッキ。

どのカードでも好きに組むことが出来るが同名のカードをデッキに入れることは出来ない(例:☆3の滝川みうのカードがデッキに組まれていた場合、☆4の滝川みうのカードを入れることは出来ず入れ替える必要がある)。

属性がバラバラでも組むことは出来るが後述のアビリティメモリーの恩恵を受けるためには統一させておいた方がお得。


ナナニジエール

ナナニジメンバーの各カードの中で総合力が高いカードを1枚それぞれ選び、合算した総合力の10分の1をデッキに与える機能。

このエールは意外にバカに出来ないので低レアでも限界突破させて育成しておく必要がある。

後述されているがChouChouはナナニジメンバーではないのでエールに参加することは出来ない。


アビリティメモリー

メンバーの総合力を上昇させる特殊アイテム。

効果量は少ないがメンバー全員の総合力を上昇させるもの、効果を得られるメンバーは1人だけだが効果量が多い専用アビリティがある。

また、イベント「ナナニジシアター」では特定メンバー数人の総合力を僅かに上昇させるアビリティメモリーが登場した。


スキル

全てのカードが持っている特殊能力。

最大でレベル5まで上昇する。レベルアップさせるにはスキルブックが必要。

特定の判定でスコアアップ率が上昇したり、ライフの現在値で効果が変動するなど効果は様々。


ライブ関係

ソロライブ・マルチライブ・ナナニジマルチ

デッキを組んで楽曲をプレイするステージ。

1人で遊ぶソロライブ、5人で遊ぶマルチライブ、リアルメンバーが開催するナナニジマルチに分けられる。

ブーストを消費することでアイテムの入手数、D~SSに分けられたライブのランクでアイテムの獲得枠がそれぞれ変化する。

ナナニジマルチは不定期開催で専用チケットが必要。


2D衣装/3D衣装

キャラクターに着せる衣装。

2Dはミッション受け取りやメンバー画面、3Dはライブでそれぞれ反映される。

3Dは衣装の他に帽子や眼鏡、翼などのオプションパーツが豊富。

一部の衣装は壁ちゃん人形を使って交換する。


スタンプ

マルチライブで使用することが出来るLINEスタンプのようなもの。

キャラクター個々の特徴を捉えており、イベントや交換所で手に入れることが出来る。


オートプレイ

文字通りオートでプレイしてくれる機能。

オートプレイ中は以下の制約がある。

・判定は全て専用の「AUTO」になる(得点はGREAT相当)。

・判定強化/PERFECTで+〇〇%は一切使えなくなる。

・GREAT以下でスコア〇〇%はデメリット部分だけが効果を発揮する。

・ライフ回復/ライフ〇〇以上でスコア+〇〇%は問題無く使用可能。

・コンボ数は加算されるがFULL COMBO/ALL PERFECTにはならない。

・プレイヤーがオートを解除しない限りはアプリを終了させても継続する。


譜面クリエイト

文字通り「譜面を作ることが出来る」機能。

プレイヤーがリズムに合わせてタップやフリック、長押しをすることでその部分がそのままノーツになる。

作った譜面は公開・共有することが出来るようになっている。

ただし、ソロライブ・マルチライブの譜面には全く影響しない。


対戦ライブ

マルチライブとは違い、1対1で競い合う特殊ライブ。

楽曲のほかにバフ・デバフ効果がランダムで1つ選ばれ、最終的なスコアを競い合う。


ガチャ関係

ガチャ

ナナニジジェムを250個使用して回すガチャ。10連では2500個必要。

常時設置されているナナニジガチャ、イベント専用のガチャ、特定のキャラクターがピックアップされたバースデーガチャなどに分類される。

ジェムで引く他、専用のチケットを使うガチャなどもある。

どのガチャでも10連時は10枚目が☆3以上になるほか、タップ前・後の演出でレアリティがアップすることがある。

確率は規約により公表されている。


カードピース

☆4のカードが描かれたピース。

10枚集めると☆4カードを手に入れることが出来る(該当カードを既に持っていた場合、壁ちゃん人形に変換される)。

手に入れられるカードピースは21年5月現在、定常ガチャで排出されるカードまたは追憶のプリクエルシリーズのみとなっている。

クエストライブ以外のライブでFULL COMBO/ALL PERFECTを出すと出現率が僅かに上昇する。


その他

インテリア

寮や学院の施設や小物を変えられるシステム。

インテリア毎にメンバーのミニ会話イベントが発生し、該当メンバーの個人経験値とプレイヤーの経験値が僅かに上昇する。


交換所

交換アイテムである壁ちゃん人形と引き換えに特殊なアイテムを入手できる。

育成に必要なアイテムから衣装、スタンプなど様々。

イベントで入手できる限定衣装・スタンプは終了してから一定期間後に交換所に追加される。


イベント

プレミアムライブ

特定の曲をソロライブなどで稼いだポイントを消費して行う特殊なライブ。

獲得できるアイテムや経験値は少ないがイベントポイントを多く稼ぐことが出来る。


課題チャレンジ

選ばれた曲を日替わりでプレイするライブ。

スコアがそのままイベントポイントになり、別の曲をプレイする・(同じ曲の場合)ハイスコアで塗り替えない限りは加算されない。


クエストライブ

専用のブーストポイントを使ってプレイするライブ。

1ステージ5曲有り、属性指定・ライフで加算されるスコアが変動される・特定の判定時にダメージなどの条件が課される。

こちらもプレミアムライブ同様に獲得アイテムや経験値は少ないがジェムや壁ちゃん人形などの貴重なアイテムが手に入る。


追憶のプリクエル

キャラクターの過去に迫り、「アイドル」を目指すきっかけを描くストーリー。

このイベントで追加されたカードは定常カードとなり、終了後にナナニジガチャとカードピースで手に入れることが出来る。


夢幻霜のシークエル

キャラクターの「有り得るであろう未来」を描くストーリー。

このイベントで追加されたカードは通常のイベント同様に終了後は基本的には入手不可能になる。


ナナニジシアター

月刊ニュータイプで連載されている「ちょっと変わった」ナナニジメンバーの活躍を描くストーリー。


楽曲

22/7オリジナル曲の他、アニメ・AKBグループ・おニャン子クラブなどのカバー曲などが豊富に取り揃えられている。

これらの楽曲はストーリーを進めたり、特殊アイテムとの交換で増やすことができる。

オリジナル曲は22/7の楽曲リスト、カバー楽曲・コラボ楽曲はこちらを参照。


主題歌

風は吹いてるか?

作詞:秋元康

作曲:細井涼介

編曲:古川貴浩

音楽の時間配信と同時にフルサイズ楽曲が先行配信された。


キャラクター

22/7

ナナオン

本作のメインキャラクター。「壁に選ばれたアイドル」。

各キャラクターの設定はアニメ版に準じており、神木みかみ東条悠希柊つぼみらが加入して11人になっている。

突然動き出した壁の指令により、全員が六番町学院へ転校することになる。

みかみたちは加入してからまだグループに馴染んでおらず、メインストーリーではテレビアニメでの当番回に相当するストーリーを見ることができる。

今まで明確なライバルがいなかったことから思い悩み、時にはメンバー同士がぶつかり合うストーリーが描かれている。

テレビアニメで見せたお好み焼き円陣も完全版となり、新たに3種の具材が加わっている。


ChouChou(シュシュ)

六番町学院"最強"のアイドルである3人組ユニット。

22/7にとって初めての「越えるべき壁」として現れた。

前年度では90000という膨大なスコアを獲得した。

2020年11月1日に開催されるイベント「We Are "ChouChou"! ~トップアイドルの証~」にて楽曲「永遠はいらない」(作詞・作曲Q-MHz)と薫子・奈々・ミコの☆4カードが実装された。


ChouChouのカードには以下の特徴がある。

・ナナニジメンバーのカードを一緒に使うことが出来る。

・カードは交換所で手に入る☆2とガチャで引ける定常☆4のみ(2021年5月現在)。※1

・カード経験値を獲得できるがキャラクター経験値は獲得できない(キャラクターストーリーが存在しないため)。

・☆4には他のカード同様にカードストーリーが2本あるが☆2には無い。なので総合力的に他の☆2よりステータスが低め。

・アビリティメモリーの効果のうち、ナナニジメンバー指定以外の効果を得ることができる。※2

・ナナニジエールの恩恵を受けることは出来るがナナニジメンバーでは無いので総合力を高めてもナナニジエールには加算されない。

・センターに設定してもライブ前台詞、リザルトには登場しない(スキル発動時の台詞は有り)。

※1...薫子のみ「22/7×ChouChou 熱して、混ぜて、解けて、笑顔」にてイベント限定カードが登場した。

※2...アビリティメモリー実装時に「ナナニジのマイク(ナナニジメンバーのみ総合力アップ)」が「六番町のマイク(全員の総合力アップ)」に変化したため。


丸之内薫子

丸之内薫子

誕生日10月17日
年齢18歳
身長164cm
血液型O型
出身地
ペンライトホットピンク
座右の銘柳に雪折れなし
特技微笑むだけで人を魅了する
将来の夢ChouChouのメンバーでワールドツアー
好きな食べ物だし巻き玉子
苦手なもの方向音痴
趣味ヨガ、瞑想

ChouChouのリーダー。圧倒的なパフォーマンスで場を盛り上げる正統派アイドル。曰く「22/7のような存在を待っていた」。

ライブ直前の停電や予算の極端な分配などの不正を嫌い、正々堂々と戦うことを望む。

何故かみうのことを知っていたり、1人だけ出身地が不明など謎が多い。

奈々曰く「過去のことは話したがらない」。


君島奈々

君島奈々

誕生日10月17日
年齢17歳
身長159cm
血液型A型
出身地神奈川県
ペンライトターコイズ
座右の銘忍の一字は衆妙の門
特技暗算
将来の夢地下アイドルのプロデュース
好きな食べ物ネバネバしているもの(オクラや納豆など)
苦手なもの甘ったるい食べ物
趣味オクラを中心とした野菜の栽培

会計委員として各アイドルグループの予算や練習場所、トレーナーの手配などの管理をしている。

22/7に対しては納得がいってないようでレッスンの機会を与えなかったり、道交法を理由に路上ライブを中止させるなど様々な手に出る。

だが、ニコルの実力は相応のものだと認めており、22/7を辞めて他のグループへ行くべきだと提案した。

元々ミコとユニットを組んでいたが敵も多く、自分たちに手を差し伸べてくれた薫子に恩義を感じている。そのため、自分のことより薫子のことを優先する。

歯科医の両親を持ち、兄がいる。


文野ミコ

文野ミコ

誕生日2月26日
年齢17歳
身長151cm
血液型B型
出身地神奈川県
ペンライトライム
座右の銘ChouChou命
特技賭けごと
将来の夢ベガスで豪遊する
好きな食べ物チョコバナナ
苦手なものバカにされること
趣味可愛いアイドルや温室育ちのアイドルをいじめること、プチプチ潰し

順調に進んでいる22/7を毛嫌いしているChouChouメンバー。

露骨に悪態を突いたり、妨害してきたりとやや悪質。

ギャンブル(コイントス)が得意であり、その戦績は全戦全勝。

実家がスナックで小さい頃から歌わされ、柄の悪い大人たちに囲まれていたこともあり素性を馬鹿にされてることがあった。

奈々とユニットを組んでいたが周りの生徒から度々妨害されていたようだ。


後輩たち

生放送の時間「気の抜けない最新情報♪」にて明かされた一大プロジェクト「二人三脚プロジェクト」。

ライバル」のChouChou同様にアイドルものではお約束である「後輩」を22/7が指導する。

プロジェクト解禁動画によれば「後輩グループの数は22/7と同じ11人」「メンバー1人につき、後輩が1人つく」という更なる飛躍と後進育成を兼ね備えたものになっている。

候補生30人が4月中旬に音楽の時間公式サイトで発表、そこから11人をユーザーの投票で決めることになる。

21年5月23日の音楽の時間公式ツイッターで結果が発表された。

今後はナナニジと後輩たちの交流ストーリーなどが展開されていく。


教職員

先生

プレイヤーが操作するG.I.Pマネージャー部署の社員。22/7を担当する。

G.I.Pの所属ではあるが「壁」のことは知らない。

性別はどちらとも取れるようになっており、出てくる選択肢も「うなずく」「〇〇に声をかける」などだがメンバーから先生へのアクションは男性を相手にしたものになっている。

選択肢によってはメンバーが抱える地雷を平気で踏み抜く鬼畜教師でもあったりする。

メンバーからは「先生(絢香はセンセ、ジュンはマネージャー先生)」と呼ばれている。22/7メンバーのことは名前で呼び捨てにする。

メインストーリーは22/7の物語なので陰が薄めだが、入学式イベント「芽吹き奏でるはじまりのメロディー」最終話ではサプライズ入学式をされるなど良い信頼関係を築けている模様。

「We Are "ChouChou"! ~トップアイドルの証~」ではChouChouの担任代行を一時的に引き受けた。


吉井恵美理

六番町学院の教師。

先生と同様にアイドルグループを受け持っている。


伊波園絵

六番町学院の学院長。

G.I.Pの所属ではないのに何故か「壁」の存在を知っているようで…


その他

合田蒼

芸能事務所G.I.P所属の男性。

ナナニジの元マネージャー。


用語

22/7

通称「ナナニジ」。

芸能プロダクションG.I.Pの「壁」により結成されたアイドルグループ。

当初は8人で活動していたが一度解散を経て再結成、更に3人の新メンバーが加わる。


22/7をプロデュースする文字通りの「壁」。

排出口から出される「指令」により、22/7は数々の活動をこなしていくことになる。

その他詳しい設定などはこちら


六番町学院

芸能産業の強化、推進プロジェクト」を掲げた国が運営する芸能学校。

恵美理曰く様々なアイドルが卒業していったらしい。女子校。

ライブ会場にも劣らない器材や大人数を収容できる会場があるほか、「スコア」と呼ばれる査定基準がある。

アイドルグループ毎に教室があり、22/7クラスももちろん存在する。

22/7クラスは一見すると普通の教室だが管から「壁」の指令が吐き出されるようになっている。


生放送の時間

大きいイベントが終わる頃を目途に「生放送の時間」と呼ばれる動画配信が行われる。司会は天津向。

Youtubeでライブ配信が行われ、ナナオンのアップデート情報や次回行われるイベントが紹介される。

放送回サブタイトル放送日
Vol.1(現在視聴不可)2020年5月27日
Vol.2ナナニジの日SP2020年7月22日
Vol.3残暑見舞い申し上げます2020年9月1日
Vol.4トリック・オア・トリート2020年10月14日
Vol.5全力待機中放送中止 ※1
Vol.6ぷれぜんと・ふぉーゆー&BIRTHDAY PARTY 20202020年12月23日
Vol.7Happy Early Valentine's Day!2021年1月27日
Vol.8優等生じゃつまらない case:佐藤麗華2021年2月22日
Vol.9気の抜けない最新情報♪2021年3月26日
Vol.101st Anniversary Festa!!放送中止 ※2
Vol.10.1二人三脚プロジェクト組み分け発表会2021年6月2日
Vol.11ナナオン夏の陣2021年7月24日

※1…柊つぼみ役の武田愛奈が急病により出演欠席したことに併せ、昨今の新型コロナの影響を鑑みて配信中止となった。

※2…戸田ジュン役の海乃るり、神木みかみ役の涼花萌が新型コロナウイルスに感染したことを踏まえ、配信中止となった。


学習の時間

メンバーが先生生徒に分かれ、本アプリに於けるチュートリアル的な役割を行う動画。

放送回テーマ先生生徒配信日
Vol.1ナナオンを上達しよう!天城サリー河瀬詩2020年9月2日
Vol.2お気に入りメンバーを育成しよう!海乃るり西條和2020年9月25日
Vol.3序盤で押さえておきたいポイント!高辻麗河瀬詩2020年10月2日
Vol.4(最終回)お気に入りのメンバーで腕試し!帆風千春宮瀬玲奈・涼花萌2020年10月9日

関連タグ

音ゲー アプリゲーム

22/7 22/7(アニメ)…本作はアニメ版以降のストーリー


関連リンク





















ここから先は丸之内薫子の謎についてのネタバレ有り。

自分で見たい方、未プレイの方はご注意ください。

















































丸之内薫子は「施設」に集められた子供たちの1人。出身地が「?」になっているのもそのため。

子供たちはそれぞれが個々の才能を見出され、家族と引き離された薫子は人心掌握に長けていることから「芸能の道」を選ばされた

「施設」には「」があり、「1週間以内に指定した歌を歌えるようになること」という指令を出される。

薫子が22/7の壁となったのも「22/7に立ちはだかる壁となること」という指令を出されているためであり、同時に「22/7が丸之内薫子を越えた場合、薫子は学院を去る」こととなっている。

いわば「プロジェクト22/7を発展させるために造られた踏み台」とも言える存在であった。

ライブ対決後、薫子は学院を去るつもりでいたがミコと奈々、みうやプレイヤーの言葉に動かされ、これからもChouChouとして活動し、壁の指令には従わないと宣言した(その後、壁から薫子への指令は一切出ていないことがみうによって語られている)。

関連記事

親記事

22/7 ななぶんのにじゅうに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82696

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました