ピクシブ百科事典

A-37

えーさんじゅうなな

1960年代にアメリカのセスナが開発したCOIN機。練習機T-37を基に開発しており、もちろん操縦は簡単。愛称は『ドラゴンフライ』。トンボの事である。
目次[非表示]

迫りくる『赤』の脅威

1960年代、アジアは共産化勢力が活動を活発化させていた。
ベトナムの『南ベトナム解放人民戦線』だけでなく、
カンボジアでは『クメール・ルージュ』、
ラオスの『パテート・ラオ』にフィリピンの『新人民軍』があった。

アメリカでは「アジアの赤化統一」に危機感をもっており、
友好的な政治勢力には兵器など軍需物資を支援していた。

だがA-1やT-28は旧式化しており、その上1957年には両方とも生産終了となっていた。
これに対し、新型のCOIN機が要求されて「A-37」の開発が始まった。

『小鳥』から『トンボ』へ

基になった「T-37」はセスナ社の練習機で、
アメリカ空軍の『訓練課程の全ジェット化構想』において採用された。
初飛行は1954年10月12日。

愛称は『ツイート』または『ツイートバード』で、「さえずり」や「さえずる小鳥」を意味する。
主翼付け根にエンジンを装備する双発機で、
特徴的なのは訓練生と教官が隣同士に座る『サイドバイサイド方式』(並列複座)を採用している事である。

この方式は双方の意思疎通がしやすい利点があり、
教官は訓練生の操縦を横から見て、直接監督することができる。
戦闘機の訓練だけでなく、もちろん輸送機などの大型機の人材育成に効果的。
アメリカを含めて18か国に採用されている。

T-37

現在ではさすがに旧式化しており、1999年以降はアメリカでも退役が進む。

XT-37

1954年に初飛行した試作機
2機製作。

T-37A

1954年から1959年まで生産された初期の生産型。
534機製造。
のちに多くはT-37B仕様に改造される。

T-37B

1959年に切り替えられ、1968年まで生産された改良型。
エンジンや航法装置を強化して449機生産された。

T-37C

照準機やガンカメラを装備し、主翼にハードポイントを追加。
翼端には増加タンクを装備しており、(チップタンクとも)
もちろん爆弾等を搭載できる。
海外向けに269機製造。

XT-37D

後述のA-37に発展する、T-37Cよりも本格的な作戦仕様。
試作機として2機製作。

『勝ち虫』のあゆみ

T-37Bの生産ラインから39機がA-37Aへ改造され、生産が始まった。
これら生産機は1967年8月から実戦テストが始まり、評価試験が行われている。

投入先はベトナム、もちろんベトナム戦争真っ盛りの頃である。
評価試験は『コンバット・ドラゴン作戦』と命名されて同12月まで行われ、
近接航空支援(CAS)や救難ヘリの援護(RESCAP)、
果ては昼夜の阻止攻撃にと活躍した。

試験の結果は『良好』と評価され、
さっそく戦訓を踏まえて改良された『A-37B』の生産も始まった。

このA-37Bでは機体構造が強化され、増えた重量を補うためにエンジンも改良型になった。
また、空中給油の受油装置が機首に増設され、
固定武装としてGAU-2ミニガンが装備されるようになっている。

すべて新規に生産されており、
のちにFAC(前線空中管制)仕様の通信機を備えたOA-37Bにも改修されている。

A-37A

『コンバットドラゴン作戦』に投入されたA-37の評価試験機。
翼端のチップタンクに加えて主翼ハードポイントを6か所備えている。(後に8か所)
エンジンはT-37Cよりも強力な型に換装されており、
天候の違うアジア地方に備えて航法装置が強化されている。

A-37B

評価試験を踏まえて改良されたA-37の本格生産機。
突然の回避行動などに備えて機体構造が強化され、エンジンはさらに強化された。
空中給油の受油装置が追加され、航続距離が伸ばせるようになっている。
さらにミニガンを機首に装備。

COIN機の限界

エンジンF-5と同じJ-85を装備する。
だが、性能面では大いに水をあけられている。

例えば最大速度は半分以下だし、航続距離も半分よりは多い程度である。
搭載量も少なく、しかもミサイル等は使用できない。
(ただし、これは初期のF-5も大差はない)
攻撃は爆弾ロケット弾など、もっぱら目視に頼る兵器を使う。

T-37に比べると重量は大幅に増加しており、
しかも航続距離や搭載量はもともと重視されていなかった。(練習機なので)
そんな機体をCOIN機に仕立てた訳なのだが、やはり無理があった

結局他のCOIN機の例にもれず、ひたすら中途半端として重視はされなかった。
対地攻撃機としては力不足、練習機としては無駄が大きかったのだ。

現在でもウルグアイペルー等では運用が続けられているかもしれないが、
何しろ数十年も前に生産終了した機体である。
予備部品の確保には相当な困難が予想されている。

A-37が現役を務めているという事は、
・A-37の(ただでさえ貧弱な)能力以上が求められていない
・買いかえる予算がない
のいずれか、もしくは両方である。

それを証明するように、wikiのA-37の記事には「第三世界」級の国家が並んでいる。
もちろん国家予算も貧弱である事が予想され、兵器の更新は進んでいないだろう。

後継機として順当な機はイギリスの『ホーク』練習機があり、
武装型の「ホーク100」、さらに単座とした「ホーク200」もある。

韓国などはとっくにホークへ更新しており、A-37の時代はとっくに終わっているのだ。
重量オーバーなので燃費も悪く、部品不足で運用コストも高価となったのである。

pixivに投稿された作品 pixivで「A-37」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216

コメント