ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ハワイで結成された特別捜査班「ファイブ・オー」の活躍を描くアメリカ発の刑事ドラマ
実はその昔作られたロングランドラマのリメイクだったりする。
アメリカ本国では、三大ネットワークのCBSで2010年9月20日(オリジナル版の初回放送から42年後)にシーズン1の放送が開始。2020年4月3日放送のシーズン10最終回2時間スペシャルをもって完結した。

日本ではAXNの他、テレビ東京のランチch(平日昼の海外ドラマ放送枠)でも放送されている。

名コンビ・スティーブとダノの夫婦喧嘩テレ東がそう言っちゃってるんだから仕方ない)が醍醐味。
ハワイの文化、日本を始めとしたアジアとの関わりなどハワイならではの展開も見ものである。『NCIS:LA』や『マクガイバー』、また同じくハワイが舞台の『私立探偵マグナム』とのクロスオーバーも度々行っている。

主要登場人物

ファイブ・オー

アジアとアメリカ本土を結ぶ中継点であるハワイを国際犯罪組織やテロリストの魔の手から護るために結成された州知事直属の特別捜査班。州知事から与えられた「包括的権限」は彼らの「超法規的活躍」に存分に活かされている。
「ファイブ・オー」の呼称は、高校時代にアメフト部のクォーターバックを務めたスティーヴの背番号から来るあだ名だったが、それを聞いたコノがハワイが50番目の州であることと合わせて非公式なチーム名とし、徐々にハワイ州の市民にも浸透していく。

オリジナルメンバー

  • スティーヴ・マクギャレット(演:アレックス・オローリン、吹替:綱島郷太郎

元ネイビーシールズ(予備役)であらゆる武器や戦術に精通し、英語、ハワイ語、中国語も堪能。父ジョンの殺害事件を契機に州知事に召集され、ファイブオーを結成。
割と気性は荒く、フツーの捜査じゃあり得ない行為に及ぶことも。運転も荒っぽいぜ!
なおNCIS:LAのメンバーサム・ハンナとは元シールズでの同僚なのだが、クロスオーバー回では共演を逃したまま番組が終わった。

  • ダニー・“ダノ”・ウィリアムズ(演:スコット・カーン、吹替:山路和弘
ニュージャージー州ニューアーク市警(NYじゃないよ)の刑事で、スティーヴの父ジョン・マクギャレット殺害の捜査に携わったことでスティーヴに巻き込まれる。
通称「ダノ」。別れた元妻レイチェルと一緒にいる娘のグレイスがそう呼んでいるのが由来。ただ、シリーズを経るにつれグレイスの成長のためか段々呼ばれなくなっていく。
スティーヴの荒っぽさに頭を悩ます常識人枠で愛車も勝手に運転されているが、子供が被害に遭う事件では一転してかなり荒っぽい捜査も辞さない子煩悩パパでもある。

  • チン・ホー・ケリー(演:ダニエル・デイ・キム、吹替:新垣樽助)※シーズン7まで登場
スティーヴの父ジョンの同僚であった元刑事。
韓国系と日系アメリカ人の血筋を持つ、仕事には抜かりがない頼れるいぶし銀。
フェンシングにバンド、数学クラブ、アメフト部のエースクォーターバックと多芸で文武両道。
ホノルル市警時代、ある事件の証拠品の現金を横領した疑惑をかけられ辞職しているが…。
劇中で結婚早々に妻と死別すことになるが、後に亡くした妻の弟と一悶着あり、その忘れ形見と共に恋仲となった女性と本土へ渡る。

  • コノ・カラカウア(演:グレイス・パーク、吹替:松井茜)※シーズン7まで登場
元プロサーファーという異色の経歴持ちのチンの従姉妹。
オリジナルメンバーでは紅一点だが、何度か出戻りを繰り返している。
気の強い女性で、警察学校を卒業していないのにファイブオーで働くなど行動は豪胆。
後に元ヤクザの後継者であるアダム・ノシムリと結婚するが、コノが別の使命に目覚めてファイブオーを抜けたことがきっかけで遠距離生活が続き、やがて別れを切り出して離婚という結末に至る。

追加メンバー・協力者

ファイブオー追加メンバー

  • ジェリー・オルテガ(演:ホルヘ・ガルシア、吹替:高戸靖広)※シーズン5からレギュラー登場、シーズン10-1まで

チンの高校の元同級生の巨漢(やっぱり横ry)。秘密結社や陰謀論大好きないわゆる俺ら(ギーク)だが、そのインテリジェンス能力は凄まじく、中国の工作員に襲われても返り討ちにして身元を調べ上げるほど。
警察関係者ではないがずっと協力者としてファイブオーに助力。ずっとファイブオーメンバーになりたがっていたが、後に正式にファイブオーのメンバーとしてバッジを貰う。チンが抜けてからは現場に立つようになり、時折体を張ることも多い。
加入後は地下にオフィスを構えており、台風などで浸水する恐れがあることから荒天時は機材などを上階のオフィスに避難させなければならないようである。
しかしシーズン10の冒頭(正確にはシーズン9のラスト)でスティーブへ復讐に来た女に腹を撃たれて、死を意識する程の痛みに襲われる。命に別状こそなかったが、この出来事から自分の時間の使い方について考え直し、ファイブオーを抜けることとなる。離脱後はずっと先延ばしにしていた陰謀論の本を書きたいと望んでいた。

  • ルー・グローヴァー(演:シャイ・マクブライド、吹替:ふくまつ進紗)※シーズン4から登場
ホノルル市警のSWAT隊に異動した、そこそこ巨漢横方向に)の元シカゴ市警SWAT隊長。ファイブオー(特にスティーヴ)とは対立状態だったが一緒に仕事する内に態度は軟化。
シーズン4の最後の事件で、人質にされた娘の為に犯人に従うという警官としてはあってはならない行動の責任を取って辞職するが、直後にファイブオーにスカウトされた。
陽気な性格だがかなり頑固で、一度決めたことは絶対にやり通す主義。
シカゴ市警にいた頃、ある人質事件に臨場した際、犯人の説得に失敗し人質(子供)と共に死なせてしまったことが原因で心に大きな傷を負った過去がある。
シーズン6では元同僚で友人を横領で逮捕したことにより、シカゴ市警職員と険悪な関係になる。

  • タニ・レイ(演:メーガン・ラス、吹替:行成とあ)※シーズン8から登場
コノが抜けた後に加入した女性捜査官。警察学校では優等生だったが放校処分を受け、ライフセイバーとして働いていたところをファイブオーにスカウトされる。
女性版スティーヴとも言うべき無鉄砲さの持ち主(放校処分も理不尽な教官への暴力やカンニングが原因)で、コノ以上に行動が破天荒。
しかしジュニアと上司の言い合いを再現して演じた際は、ダニーの物真似をしており、本人もダニー程ではないが悲観的な未来を想像した物言いをすることもある。
薬物依存症の弟がいるが、のちに克服させて更生させ、現在の仲は良好。また、同僚のジュニア・レインズとは友達以上恋人未満の関係が続いている。

  • ジュニア・レインズ(演:ビューラ・コアレ、吹替:奥田寛章)※シーズン8から登場
スティーブと同じ海軍SEALDs出身。海兵らしい性格をした若者で、スティーブに憧れてファイブオー加入を志す。その後は警察学校卒業を条件とされ真面目に勉学に励むが、活躍が認められて結局は卒業前に正式メンバーとなった。
タニとは違う意味でスティーブに似ており、彼の無茶な要請であろうと平気な顔をして受け入れて従う。
海軍を辞めた後はシェルターで暮らしていたが、それを見かねたスティーブが自宅に同居させる。
妹を交通事故で失い、以降父親とはギクシャクした関係が続いているが…。

  • アダム・ノシムリ(演:イアン・アンソニー・デイル、吹替:羽田真
日本人ヤクザ「ヒロ・ノシムリ」の息子(どんな名字だ)。反社会的勢力の後継者ながら、ファイブオーのコノと付き合っており、やがて彼女の意思を組んで組織の脱非合法化を模索する。
しかしそれを快く思わない連中から幾度となく妨害を受け、自身の身を守るためとはいえ不可抗力で人を数人射殺して投獄。さらに服役中も何度か酷い目にあっている。
紆余曲折を経てコノと結婚するが、コノがファイブオーを抜けてから一年後に離婚を切り出され、失意に暮れる。
しかしスティーブがその前後に非合法組織の一層のため、対ヤクザ系に特化した特別チームを編成した際に、アダムはリーダーとして推薦される。その組織が悲しい結末を迎えた後、ファイブオーの正式メンバーとして迎え入れられることとなる。
ファイブオーに入った後も、ヤクザ時代のコネを使って危険な聞き取り捜査を任されることが多い。ま
たヤクザ出身なせいか特に身内意識が強く、ファイブオーからメンバーが抜けることを知らされたりすると酷く落ち込みやすい。コノとの離婚直後は特に荒れた生活を送り、風呂にも入らず酒浸りになっていたことがある。

協力者

  • マックス・バーグマン(演:マシ・オカ、吹替:藤原堅一)※シーズン2から登場、シーズン7に離脱

母が日系人のSFオタクな検視官ヤッター!!とか言わない。天才的な頭脳の持ち主だが、ウォーミングアップにピアノを一曲プロ級の腕前で弾くなどやはり変人。
死体ばかりを診ているが医者としての技術も素晴らしいものがあり、追手に追われてきたスティーブの治療も行っている。
ハロウィン回での彼のコスプレはある意味番組の名物とも言えるものであった。
オタクではあるが女性へのアプローチはかなりアクティブ。後に結婚することとなる銀行員のサブリナに会うために足繁く通った結果、彼女を死の淵から救ったことで交際が始まっている。
シーズン7の中盤、国境なき医師団に参加したことがきっかけで「今までは死体を向き合ってきたけど、これからは生きている人を救いたい」と考えたことから検視官を辞め、アフリカに移住した。さり際に、チンやファイブオーのオフィスを根城にしていたジェリーに、自身の住んでいた借家を与えている。なお、ジェリーいわく誰かとルームシェアを考える程に賃料の高い物件だったらしい。

マックスの後任の検死官で、マックスが退任する前から彼の下で働いていた。
マックスと違い常識人だが、時を経るにつれてたまに破天荒なことをするようになり、ジェリーが長年固執していた未解決事件にて、死体探しを手伝うために高価なダウジング機材を持ち込んだことがある。
『私立探偵マグナム』にも本格的なクロスオーバー回を前にしてシーズン1第1話からいきなり登場。同作の主人公マグナムとも顔馴染みな様子を見せている。

  • カマコナ(演:テイラー・ウィリー、吹替:杉野田ぬき
かき氷屋&シュリンプ屋台のマスターにしてファイブオー馴染みの経営者。巨漢(しつこくも横にry)。
前科者だが更生しており、情報屋として裏社会から流れてくるネタをファイブオーに渡す。
商魂たくましいやり手の商売人であり、スティーブ達相手だろうが少しでも儲けを出そうとあの手この手で自身のシュリンプ屋台などに金を落とさせようとする。
メインとなる屋台以外にも、観光用のヘリコプターやレストラン経営など、商売はかなり手広い。スティーブとダニーが店を出すという話になった際は助言もしている。
『マクガイバー』のクロスオーバー回には彼も登場。意外な所にまで出張しに行く商魂のたくましさを見せている。
…しかし巨漢(横ry)が三人も(ほぼ)レギュラーとかなんだこのドラマ(ある意味アメリカ・ハワイらしいかもしれないが)。

外部リンク

HAWAII FIVE-O ハワイファイブオー:テレビ東京
HAWAII FIVE-O | AXN Japan

関連記事

親記事

海外ドラマ かいがいどらま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「HAWAIIFIVE-O」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「HAWAIIFIVE-O」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267767

コメント