ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Victory_Belles

ゔぃくとりーべるず

『Victory Belles』(ヴィクトリーベルズ、ビクトリーベルズ)とは、アメリカ合衆国のBlack Chicken Studiosが開発した艦船擬人化ゲームである。
目次 [非表示]

米国のBlack Chicken Studiosがスマートフォンアプリとしてリリースを目指し、2016年にクラウドファンディングで資金を募り開発を進めていた。まる7年を費やし、2023年2月22日に正式リリースされた。


日本版のリリースは特にアナウンスされていないが、インターナショナル仕様のためiOSAndroidのどちらも英語版は日本からもダウンロード可能である。


特徴編集

艦船擬人化ゲームということで『艦隊これくしょん(艦これ)』や『戦艦少女』と比較されることが多いが、システムは中国製の『艦これ』フォロワー群とは全く異なる。


明確なストーリーを持たず世界観が意図的に曖昧にされている『艦これ』やストーリー・世界観が最初から存在しない『戦艦少女』と異なり、明確なストーリーと確固とした世界観を持つことが特徴。開発陣は、ストーリーモードや恋愛要素も盛り込まれると明言している。


なお、『艦これ』や『戦艦少女』はキャラクターにより絵師がバラバラであり(戦艦少女に至っては同一キャラクターの改造前と改造後で別の絵師が担当していたり、運営の都合で突然他の絵師の絵に変更されることすらある)、デザインコンセプトなども統一されていないが、本作は全てのキャラクターが同一のイラストレーター(Salmon88氏)によりデザインされている。


また、それぞれの艦船キャラクター「Belle」は所属国の言語で話し、その言語で演技ができる声優のキャスティングが行われている。


開発状況編集

kickstarterのサイトで随時開発状況が公開されている。クラウドファンディングで開発費を募っているゲームにはよくあることだが、2016年の発表から正式リリースまでにはまる7年を費やした。資金の集まりが目標金額をクリアしていないことと、Salmon88氏のイラストの仕上がりが遅い(何しろ他の仕事も抱えているので...全キャラを一人に描かせるという試みが無謀だったのでは?)ことが主な原因だった模様(その間に5タイトルの中国製艦船擬人化ゲームが太平洋を横断して西海岸に到達したのだが、一人勝ち状態になった1作を残して撤退に追い込まれている)。


世界観編集

プレイヤーは軍艦の魂が少女の姿を得た存在「Belle」と共に第二次世界大戦の代わりに勃発した人類の敵「Morgana(モルガナ)」との大戦に参加する。

Belle編集

Shch-205 "Nerpa"

Belleとは「美人」「ある場所で一番可愛い女の子」を意味する英単語。この名で呼ばれる彼女たちは美少女の姿を持つ。


軍艦の甲板に立つことにより、自身が乗る艦船の性能を本来以上に引き出す能力を持つ。


アメリカ合衆国大英帝国ソビエト連邦ナチスドイツフランスイタリア大日本帝国の七か国の艦船が登場し、それぞれの国の母国語を話す。


Belleとの恋愛要素も盛り込まれている。


Morgana編集

センシティブな作品

1939年9月1日、第二次世界大戦が始まるはずだった日に突如出現した「人類の敵」。あらゆる海に出現し、全人類に宣戦布告を行う彼らに対し、相争うはずだった列強は手を組むことを余儀なくされる。

Belle同様、人間に近い姿をしている。


名前はアーサー王伝説に登場する魔女モーガン・ル・フェイ」を指す「モルガナ(Morgana)」に由来する。

公式動画編集

外部リンク編集

公式サイト

kickstarter内のページ

@ww2waifusTwitter

関連記事

親記事

艦船擬人化 かんせんぎじんか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94706

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました