ピクシブ百科事典

ぎゆしの

ぎゆしの

漫画『鬼滅の刃』における、冨岡義勇×胡蝶しのぶのカップリング。
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃」に登場する、冨岡義勇胡蝶しのぶNLカップリング。

義勇が21歳、しのぶは18歳。
両名ともに鬼殺隊所属の" "であり、鬼狩を極めた剣士である。
その個性的な人物像や、寡黙な青年と毒舌美女のコントのような掛け合いは炭治郎と読者にかなりのインパクトを与えた。

登場回数に比べ、コンビとしてもカップリングとしても非常に人気の高い二人。
鬼滅のアニメ1期を代表する柱二人であることから、鬼滅関連グッズやコラボ商品などでも登場頻度が高く、二人セットになる機会も多い。
鬼滅公式イベント会場や企業コラボ先での音声ガイダンスを担当したことも何度かあり、
そこでしか聴けない本編以外での二人のコミカルなやりとりは貴重である。

3歳の年齢差、25cmの身長差と、心をくすぐる要素も備えている。

【ぎゆしの】25cm差



また、共通点も意外に多い

  • 2月生まれ
  • 犬(毛のある動物)が苦手
  • 唯一の肉親だった姉を鬼に殺されている
  • 大切な人の形見の羽織を着用
殊に下二つに関しては、笑わなくなった義勇と無理やり笑うようになったしのぶという、対のように真逆の方向で生来とは大きく性格が変わってしまった過去を持つ。

単行本のおまけページでは、しのぶが義勇を指でつんつんしながら「ねえ冨岡さん」「ねえねえ」と絡み、義勇がそれをスルーするカットが挿まれており、しのぶが一方的に懐いているとは言わないまでも、距離感はそれなりに近い様子が見て取れる(普段は苗字呼びだが、単行本第5巻のカバー裏おまけでは何故か「義勇さん」と名前で呼んでいた)。


那田蜘蛛山

十二鬼月がいるとの情報が入り、本部から那田蜘蛛山に派遣される二人。
鬼(禰豆子)を発見したしのぶはすぐさま斬りかかるが、義勇に阻止される。出立前には「鬼とは仲良くできない」と言っておきながら、禰豆子を庇う義勇の態度に、しのぶは「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と言い放つ。義勇の返答は、俺は嫌われてない(真顔)。

しのぶが言う「みんな」に彼女自身が含まれているのかどうかは、一考の余地があるかもしれない。なお、目の前で恩人が仲間から嫌われていると告げられた上、それをかなり気にして否定するという兄弟子の発言を聞いた炭治郎の心中は察するに余りある。

ちなみに第5巻で描き下ろされたおまけページの補足によると、しのぶは義勇のことを天然ドジっ子だと思っていて、那田蜘蛛山でも「義勇が鬼の目の前でボーッとしているように見えた」ので助けようとしたらしい。それを義勇本人に邪魔されたのでムッとしていたとのこと。上述の棘のある発言はそうした経緯で飛び出た憎まれ口の可能性が高い。

義勇が炭治郎と禰豆子を逃がした後、追い掛けようとするしのぶを義勇はフロントチョークで拘束。その体勢のままでの「何とかおっしゃったらどうですか?」「あれは確か二年前…」「そんな所から長々と話されても困りますよ」と微妙に噛み合わない問答の末、しのぶは草履の踵の仕込み刃で反撃を試みると言う、殺伐としながらもどこかシュールな笑いを催す攻防が繰り広げられた。

アニメ版では上記の間に、禰豆子を連れた炭治郎を追うしのぶを追いかける義勇の場面がオリジナルで差し挟まれた。同じく、那田蜘蛛山到着時には、しのぶが義勇に対して明治文豪の有名な訳を口にする場面も追加されており、舞台が大正時代であることもあって、視聴者が少しざわめいた(ただし、しのぶは後に姉蜘蛛にも同じセリフを言っている)。

柱合会議

禰豆子の処遇を巡っての全柱が集合しての会議では、炭治郎達を庇う義勇に対して、どちらかと言えば隊則派のしのぶは、義勇とそれ以外のメンバーとの仲裁に入るような形で会議を纏めている。最終的にはしのぶが竈門兄妹を管轄である蝶屋敷に受け入れ、義勇のフォローを務める形になった。

その他

キメツ学園

ぎゆしの


義勇が教師、しのぶが高等部の生徒となっており、パラレル的角度からぎゆしの派を湧かせている。

冨岡義勇外伝

義勇が主人公のスピンオフでは、任務に訪れた地で殺人の嫌疑をかけられた義勇と、生薬の買い付けに来ていたしのぶが偶然遭遇し、二人がマタギの娘・八重と知り合うところから物語が始まる。本編では描かれていない二人の本格的な共闘の他、義勇の天然としのぶの毒舌による漫才のようなやり取りも健在。エピローグも含めぎゆしの派にとってサービス満載の内容となっている。

土曜プレミアム『那田蜘蛛山編』

2020年10月17日放送。特別描き下ろし提供絵のひとつに、ぎゆしの2ショットが含まれた。

グランブルーファンタジー鬼滅コラボ

期間限定で開催されたグラブル×鬼滅コラボ。炭治郎達と共に義勇、しのぶ、煉獄も柱代表として登場した。第一章のイベントストーリーにて、義勇は突然開いた時空の赤い渦に引きずり込まれそうになったしのぶの危機にいち早く気づき、
「っ、胡蝶!」と大声で叫びしのぶを外側に押しやって助けている。

ファンブック弐巻

柱達同士それぞれの見解が明かされたが、義勇はしのぶが時々見せる顔色の悪さを気にしているようなことを述べている。

また、年齢・実力とも一目置かれ、盲目である代わりに人の本質を見抜くのに長けた岩柱からは、
しのぶ →「冨岡と話すのが楽しそう」
義勇 →「胡蝶と話すのが楽しいらしい」
と、まさかの公式燃料が投下された。

お互い他の柱とも話す機会はあったにも関わらず、何故悲鳴嶼がしのぶなら冨岡、冨岡ならしのぶ、と個人をさしてそう思ったのか、また、「楽しそう」と「楽しいらしい」の真意も深読みすると興味深いところである。

関連イラスト

桜の花が咲く頃に
ふたり


ぎゆしの
嫌われてない



関連動画



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 冨岡義勇 胡蝶しのぶ
鬼滅の刃男女CPタグ一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃男女CPタグ一覧 きめつのやいばだんじょかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぎゆしの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169618367

コメント