ピクシブ百科事典

ぜんねず

ぜんねず

漫画『鬼滅の刃』における、我妻善逸×竈門禰豆子のカップリング。作中では相容れないはずの鬼殺隊剣士×鬼の組み合わせであり、主人公の炭治郎から見れば仲間×妹という図式でもある。
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃』に登場する、我妻善逸竈門禰豆子NLカップリング。
鬼殺隊所属の善逸が16歳、鬼である禰豆子が14歳。
本来、鬼殺隊の隊士である善逸は鬼を殺さなければいけない立場ではあるが、禰豆子のことを殺そうとは(それこそ「出会う」以前から)ただの一度も考えたことがない。
惚れっぽい善逸だが禰豆子への好意は明確かつ一途。一方で意思表示の手段が制限されている禰豆子自身が善逸のことをどう思っているかは長らく不明だったが、ファンブックによれば“珍妙なタンポポ”だと感じているらしい。

鼓屋敷編

鬼狩の任務のために炭治郎と行き合った善逸。二人は山中の屋敷の前で、鬼に兄をさらわれたという正一・てる子兄妹を見つける。他にも複数人が連れ込まれたと思しき屋敷を調べるにあたって、炭治郎は兄妹を守るために背負っていた「箱」を置いていく。
善逸はこの時点で既に、箱の中から「鬼の音」がすることを承知しており、それでも炭治郎の人柄と、彼が「大事なもの」と呼んだ箱の中の鬼に、納得するに足る事情があるものと信じて、気にする素振りさえ見せなかった。
炭治郎が屋敷の主と死闘を繰り広げる間、正一と共に一足先に屋敷を出た善逸は、同じく屋敷から出てきた伊之助と遭遇する。屋敷の外に置き去りにされていた箱から鬼の気配を嗅ぎつけて躊躇なく斬りかかる伊之助を、善逸は制止する。中の鬼のことは自分が炭治郎に問い質す、手を出すなと啖呵を切った善逸は、箱にかじりついたままろくに抵抗もせず、伊之助の猛攻を耐え忍んでみせた(数々の情けない言動でいいところのない善逸が株を上げた貴重な場面でもあった)。
果たして箱の中の鬼は、炭治郎の妹である禰豆子だったのだが、初めて彼女を目にした善逸は、傷だらけになって守ったものが炭治郎の彼女だったと誤解して、嫉妬のあまり激昂することになる。

那田蜘蛛山編

禰豆子に一目惚れした善逸は炭治郎に対してあからさまに低姿勢になる。禰豆子に花をあげるなど懸命にアピールしている様子。また、禰豆子を連れて戦闘に向かう炭治郎の行動に対して「俺の大切な禰豆子ちゃん」と発言し、禰豆子が心配な一心で尻込みしていた蜘蛛山に突入している。

蝶屋敷(機能回復訓練)編

機能回復訓練でのことを、箱ごしに禰豆子に伝える善逸。花を手に取り、夜に花が咲いていた場所に連れていくと話しかけている。
またおまけページでは、善逸が持ってきた金魚鉢を見て、禰豆子がそれを興味深そうに眺めるイラストが登場した(ただししのぶの部屋から無断で持ち出していたため、この後善逸はアオイに叱られることとなる)。

関連タグ

鬼滅の刃  鬼殺隊  我妻善逸  竈門禰豆子
鬼滅の刃CPタグ一覧

関連記事

親記事

鬼滅の刃CPタグ一覧 きめつのやいばかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぜんねず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14104600

コメント