ピクシブ百科事典

こんなことになっちゃいました。

こんなことになっちゃいました

『ふたりはプリキュアMaxHeart』の最終回で九条ひかりが光の園のクイーンの命とは別の存在になってしまったときに発した言葉。
目次[非表示]

概要

正式な台詞は「こうなっちゃいました」なので注意。

『ふたりはプリキュアMaxHeart』の第47話・最終回で九条ひかりことシャイニールミナス光の園クイーンの『生命』としてハーティエルやクイーンチェアレクトと共に融合し、ジャアクキングを倒すときにクイーンに戻る。
しかし『未来へ導く光の王子ポルン』と『未来を紡ぐ光の王女ルルン』の力で、詳細は不明だが彼女はクイーンとは別の存在になりジャアクキングの生命だった洋館の少年とは姉弟という体でなぎさ達の元へ戻ってきた。

この際発された台詞がこちらの「こうなっちゃいました」である。

迷セリフ?

これだけなら別になんてことはなく、よくあるハッピーエンドなのだが、プリキュアシリーズのファンの間では「こうなっちゃいました」は「その時不思議な事が起こった」と同様の意味合いのネタセリフとして扱われている。

「クイーンが復活するとひかりは消えてしまう」ということは物語の中で重大な要素として扱われていて、その伏線は丁寧に積み重ねられていた。しかし、そのひかりが結局消えなかったことに対してわかりやすい説明が全くされていないのである。
最終決戦ではひかりは「消えたくない」という思いと「みんなを助けたい」という思いの間で揺れながら、最後の最後でクイーンを復活させることを決意する流れになっている。クイーンを復活させてもなお自分が助かるという可能性をひかりは考えておらず、普通にこの話を見る限りは、ひかりは消える覚悟を受け入れたとしか見えないのである。
「こうなっちゃいました」はひかり自身もなんで消えなかったかよくわかっていない戸惑いを含んだ言葉である。それもそのはず、制作スタッフもなんでひかりが消えなかったのかわからないのだから。
DVDBOX特典のブックレットによると、西尾監督は当時ラストでひかりをどうするかについて相当悩んだらしく、考え抜いた末の結末が「こうなっちゃいました」ということらしい。
作品が目指したテーマ的にはひかりは消えてしまうべきだったのだが、児童向けの作品として見たときに自己犠牲の賛美のように見えかねないというところはあったのだろう。

ただ一応、光の園を支えるプリズムストーンは「すべてを生み出す力」が秘められているという設定があるので、「九条ひかり」という存在が新たに生み出されたという解釈は可能である。(この場合、厳密にいえばひかりの精巧なクローンが生み出されたようなものとなるが)

プリキュアシリーズの他作品では

この流れはやはり無理がある展開だったのは作り手側も意識はしており、現在のプリキュア作品では奇跡が起こってハッピーエンドみたいな展開であっても、「奇跡が起こってもいいようなドラマ的な盛り上がり」を作ることが重要視されるようになった。思いの力が高まった時に奇跡が起こるというのはプリキュアの定番である。
しかしそれでも、予定していた展開が様々な事情で急遽変更となった場合、ドラマ的な盛り上がりなく謎の奇跡が起こることもごくたまにある。

スマイルプリキュア!』第48話(最終回)

バッドエンド王国との決戦後キャンディポップメルヘンランドに帰郷する。その後人間界とその世界の行き来ができなくなってしまったが、数か月後キャンディ曰く「星にたくさんお願いした」事で、詳細は不明だが人間界とメルヘンランドの行き来が可能になりみゆきたちと再会して共に暮らせるようになった。そしてキャンディは放映終了後も映画「プリキュアオールスターズ」に無事出演することができたのである。要するに大人の都合でどうしてもキャンディを故郷にかえすわけにいかなくなったのである……

ハピネスチャージプリキュア』第35話

心の中の「大切な思い」を自覚することで覚醒するイノセントフォームにおいて、他のプリキュアたちはみんなその思いを見つけることが一つの試練としてドラマチックに描かれていたのに、大森ゆうこ/キュアハニーだけは別段何の盛り上がる流れもないまま、戦闘中に突然脈絡なく覚醒した。作中では一切これについて説明はなく他のプリキュアたちも「ゆうこらしい」として深く考えずに受け入れている。後にスタッフインタビューで明かされたことによると、もともとはゆうこにも悩みを乗り越える展開を予定していたが、「ゆうこはメンタルが完成されすぎてて、悩み事が似合わない」としてこういう展開に差し替えたのだとしている。

関連タグ

ふたりはプリキュアMaxHeart 九条ひかり ポルン ルルン

コメント