ピクシブ百科事典

ところがぎっちょん

ところがぎっちょん

「機動戦士ガンダム00」の登場人物アリー・アル・サーシェスが放った台詞。
目次[非表示]

概要

初出は1stシーズン第12話「教義の果てに」より。
アザディスタンの太陽光発電所を防衛する為に、ガンダムデュナメスが保守派のアンフを沈黙させた後、隠れていた戦争屋のサーシェスのAEUイナクトカスタムがミサイルランチャーで攻撃する際に発した。
意味は恐らくところがどっこいと同じだと思われる。
刹那らの前に立ち塞がる彼の印象深い台詞だが、担当声優である藤原啓治のアドリブだとか。

なお語呂を合わせた「ところがどっこいぎっちょんちょん」という言い回しは古くからある。念のため。
死語を通り越し風化した表現であったが、形を変え再び陽の目を見たと言えよう。

元ネタ?

本作より以前に放送されたCGアニメビーストウォーズ第13話にて、劇中に登場するキャラクターの一人テラザウラーが、イントネーションの違いはあれど、まったく同じ台詞を喋ったことがある。なお、この作品では、OOにてアリー・アル・サーシェス役であった藤原啓治氏もダイノボット役で出演している。




関連タグ

ガンダム00 機動戦士ガンダム00
アリー・アル・サーシェス
台詞

pixivに投稿された作品 pixivで「ところがぎっちょん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29523

コメント