ピクシブ百科事典

どろんこ魔王

どろんこまおう

テレビアニメ・アンパンマン第1376話『アンパンマンとどろんこ魔王』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

声:高木渉
宇宙からやってきたおそろしい怪物
テレビアニメ版第1376話「アンパンマンとどろんこ魔王」より登場。

映画「キラキラ星の涙」に登場したドロンコ魔王と同名であり共通する点もあるが、顔付きや性格などが異なる。別個体か本人なのかは不明。
ばいきんまんが触手に絡まれ驚くと、「俺様はどろんこ魔王だどろ~」と名乗り自分の企みを発言したため、アンパンマンたちもすぐさま暴走を止めに入ろうとした。そのため、知り合いなのか初対面なのか出会ったことを覚えていないのかはいまひとつはっきりしない。
語尾に「~ドロ」を付けて喋り、笑い方も「ドロドロドロ~」である。また、コキンちゃんのあおいなみだで泣かされるコミカルな場面もある。「悲しくないのに涙が~」と言っていたため、彼も悲しいときは涙を流すようだ。
アンパンマン達の星を泥だらけにすべく核のような小さな姿で飛来し、湖を泥で汚染。
そしてだだんだんと戦うアンパンマン達の前に巨大な姿(メイン画像の姿)で現われた。だだんだんを見下ろすほど巨体ではあるものの、ドロンコ魔王に比較するとサイズは小さい。
映画の個体と違いドロドロンは連れておらず、「自分の手下にしてやってもいいぞ」というばいきんまんに対しても利用するどころか「手下になるのはお前の方だドロ」と露骨に突っぱねている。

武器は映画の個体同様、頭から生えるの触手だが、それに加えて先端から泥水を放つ。
実力はそれなりに高く(だだんだんに捕まった状態だったとは言え)アンパンマンの顔をその泥水をかけて弱らせ、しょくぱんまんカレーパンマンをあっさりと触手で絡めとり、「アンパンマンを倒すのはおれさまだ!」と言って立ち向かってきたばいきんまんのだだんだんを返り討ちにして投げ飛ばしている。
映画の個体同様再生能力もあり、トリプルパンチで体に穴を開けられてもすぐさま再生してしまった。ジャムおじさんは彼を見るなり、彼の弱点である熱風を放った。前にドロンコ魔王に会ったことを覚えているのかは不明だが、へどろまん相手に熱風攻撃をした過去があるため、泥キャラクターには熱風と認識しているのかもしれない。
映画の個体より乾燥への耐性は低い(キラキラの涙を持たないためと思われる)らしく、アンパンマン号の熱風で体を乾燥させられた所を熱風に乗ったアンパンマンのアンパンチで砕かれ、飛来した時の姿で宇宙へ逃げ去った。

キラキラ星の涙を所持していなくても、バイキン大軍団の連中よりははっきり恐ろしく強力な敵キャラクターであった。

余談

コキンちゃんアメちゃんなど、映画に登場したゲストキャラクターがテレビアニメ本編に再登場するケースはあったが、ラスボスに当たるキャラクターがテレビアニメ本編に再登場したのは彼が初である
例外として、オープニング映像にて、ゴロンゴラはちらっと登場し、オープニング補正のアンパンマンに退場された。
第2作同時上映に登場したたぬきおに(ラスボスではないがこの頃はテレビアニメ版のいたずらばいきんまんとほぼ同レベル)もテレビアニメに登場するのはずっと後の方であった。

また、テレビアニメの再登場可能な悪役たちが、劇場版の敵キャラクターとして登場したことは幾度かある。
いわおとこ(ゴロンゴラ)
化石の魔王ブラック大魔王として)
こおり鬼
ストローこうもり
ただし設定上、同族の別個体と思われる。

関連

ドロンコ魔王(1989年に登場した敵キャラクター)

pixivに投稿された作品 pixivで「どろんこ魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 720

コメント