2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ふきのとう(蕗の薹)とは、(フキ)の花茎である。
が開く前の鱗片状の包葉に包まれたものを食用にする。

野山道端など、日あたりのよい場所に自生する。の訪れを告げる山菜で、初春季語。わが国最古の野菜のひとつで、現在では栽培もされている。
自生しているものを摘む時期は、の少ない地方では、2月ころに若草色のつぼみを摘む。雪の多い地方では、雪が解けきらないうちに、雪の下で黄色い「ほう」が開き、をだしたものを摘む。

特有の芳香苦味があり、焼いたり、ゆでたりしたものに練り味噌をつけて食べたり、てんぷら佃煮などに、また刻んで吸い物の実にする。

栄養成分

ビタミン類やカリウムカルシウムなどのミネラルを含み、食物繊維も比較的豊富に含むので、便秘に効果的といえる。
特有の香りほろ苦い味わいは、カリウムポリフェノール化合物クロロゲン酸によるもの。

がんに効く?

2021年9月2日。岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科の発表によると、フキノトウの苦みの主成分である「ペタシン」を抽出、がん細胞に投与したところ転移と増殖を強く抑制することを発見したという。
これが事実ならばがん治療の大きな発展と言えるが、まだまだ研究中であるため実際どうなるかは未知数である。

同研究科によると「直接食べても効果を得られる可能性は低い」としているので、ふきのとうを食いまくっても意味はないので注意。
なお、ふきのとうには発ガン性の成分も微量ながら含まれており実際は相殺していると思われる。

関連イラスト

スノーシューズ
きたぐにのはる。
春
冬から春へ



別名・表記揺れ

蕗の薹 フキノトウ

関連タグ

植物 野菜 / やさい 山菜 花菜 / 花菜類
 多年草
初春 早春  春の風物詩 季語

   もっこり

関連記事

親記事

ふき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ふきのとう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138483

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました