ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

声優:入野自由
九十九遊馬神代凌牙とのデュエル中、幻想の中に現れた謎の扉に両親の形見の『鍵』を超かっとビングしたところ、次元幽閉されていた扉から解き放たれた謎の生命体。彼の姿は遊馬や一部の人間やとある条件下でしか目視出来ないらしい。

解き放たれた際遊馬と激突し、その衝撃で記憶が『ナンバーズ・カード』となって飛び散り、記憶喪失となる。覚えていたのは、『アストラル』という己の名前とデュエルに関する記憶のみであり、何の目的で遊馬たちの世界に来たのかは当人にも分からなくなってしまった。自らの記憶のピースを集めるため、遊馬から離れられないこともあって彼と共に行動する事となる。
優れたデュエルタクティクスの持ち主で、デュエルに関して度々遊馬に助言する。物語当初の遊馬は(下手なくせに)自力でデュエルしたがるためあまり聞き入れてもらえなかったが、物語が進むにつれそれも改善されていった。

性格

「デュエルに関する記憶」がやたら偏っており、遊馬の住む世界の文化や生活様式など、ありとあらゆる事象をデュエルに関連付けるという超デュエル脳。その最たる例が、遊馬が「まさかお前! 幽霊だろ?!」と詰問した時「幽霊とはどんな効果だ? いつ発動する?」と真顔で返答した事であろう。
記憶喪失の影響か馬鹿にしているのか、当初は遊馬の事を何度もトンマと呼んでいた。

頭は良く、相手の攻撃によってこちらに残るLPを先読みして戦略を立てたり、サイコロを投げた時に6の目が12回連続で出る確率を一瞬で計算している。

遊馬から離れることができず、普段は遊馬の傍に付き添い身の回りの日常の出来事を「観察」する事を日課としている。実体化しない時は遊馬の持つ『鍵』の中に潜伏している。
真顔で迷言を連発し、全裸の体育座りでTVの特撮ドラマを視聴している姿はシュールの一言。
そんなギャップからか、ネット上では人気者である。

容姿

半透明で変な模様がある水色の身体に金色の瞳。常に浮遊している。
記憶を失っている影響で身体の一部が欠けており、瞳も透明と金のオッドアイ(アニメ版のみ)。決闘時には青白いオーラをまとっている。また、ナンバーズとの決闘では彼の命は遊馬のLPとリンクしており、敗北すると消滅してしまうらしい。

アストラルの観察結果

アストラルは遊馬の身の回りの出来事などを観察し、その結果を「観察結果その○○、(その日の観察結果)」という形式で発言している。
※以下、本編ネタバレを含む

その1君(遊馬)のデュエルタクティクスは、私よりはるかに劣るようだ。
その2君(遊馬)は変だ。
その3人間は食べては出すという永久コンボをする。…しかし、出す瞬間を見られては死んでしまう。人間は完全なコンボで動いている。
その4これ(遊馬のペンダント)は、この世界のものではない。何かメッセージが隠されている、パズルのようなものか?
その5人間は心が痛くなる。
その6人間は褒められると頑張る。
その7私の記憶のピース、ナンバーズカード。それに触れたものは心の中の欲望や闇が増幅するようだ。
その8遊馬はデュエルを禁止されている。
その9遊馬にも裏があるようだ…ウラ
その10人間の親子の感情は理解…してもいい。
その11どうやらまだ遊馬には女性の気持ちが理解できないようだ。
その12これが君達(遊馬・凌牙)の決闘(デュエル)…。
その13仲間がいれば、希望を信じることができる。
その14遊馬、君は皆に愛されているようだ。
その15サッカーとは、なかなか奥深いもののようだ。
その16かっとビングは、トマト嫌いにも効くようだな。
その17人間は思わず言った言葉で人を傷つける。しかもそれを覚えていない。
その18キャットビングにドッグビング、「かっとビング」は色々と呼び名を変えて広まっている。世界中に広まる日も、そう遠くはないだろう
その19やっぱり遊馬は…バカだ。
その20明里は女だった。
その21気持ちのいい敗北も、どうやらあるらしい…。
その22人間は時折、自分の気持ちを素直に表さないことがある。

関連イラスト

手のひらのUNIVERS
ちゅえりすと



関連タグ

遊戯王ZEXAL ナンバーズ 九十九遊馬 天城カイト 悪トラル アストラルバリア

似ているキャラクター




















以下、ラストデュエルのネタバレ





















ドン・サウザンドナッシュとのデュエルを経て世界の危機を救い、バリアン世界に囚われた魂を救い、世界を守るために命懸けで戦った仲間たちと再会した遊馬とアストラル。
しかしアストラル世界もバリアン世界もまだ救われていなかった。
アストラルは全てのナンバーズを揃え、ついにヌメロン・コードを出現させる。
そして自身の使命、「バリアン世界の消滅」のため、遊馬とラストデュエルを行う。






実はこのラストデュエルの真の目的は、遊馬との約束を果たすことだった。
その約束とは、ラストデュエルで遊馬が笑顔で勝つこと
遊馬は、仲間や世界を賭けたデュエルを続け涙を流す内に、デュエルがワクワクしてドキドキして楽しいものだということを忘れていた。だが、アストラルとの最後のデュエルでは本気で戦い、笑顔で見送ることを約束していたのだ。

使用デッキ
アニメ版と漫画版でコンセプトが異なる。
アニメ版のデッキは、エリファスの「アストラル世界のデュエル」と同様に魔法・罠カードのみで構成されており、デュエル中に使用したモンスターはエクストラデッキのナンバーズのみで、後攻2ターン目から5体の『希望皇ホープ』モンスターを展開している。
さらに、全ての『ホープ』モンスターが破壊された後で『No.39希望皇ホープ・ルーツ』も展開したことで、アニメで登場した『希望皇ホープ』モンスターをすべて召喚した
さらにホープ・ルーツを素体に、ナンバーズの頂点『No.99希望皇龍ホープドラグーン』へとランクアップさせた。

漫画版のデッキでは、メインデッキのモンスターが「アストラル」と名のつくモンスターで構成されており、ホープではなく多種多彩なナンバーズを展開する構築となっている。
こちらでのナンバーズの頂点『No.93希望皇ホープ・カイザー』では、漫画劇中には出てなくアニメでのみ登場したナンバーズを特殊召喚している。

関連記事

親記事

遊戯王ZEXAL ゆうぎおうぜある

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アストラル(遊戯王ZEXAL)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アストラル(遊戯王ZEXAL)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42088

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました