ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アネット(PSO2es)

あねっと

アネットとは、セガゲームスが運営・開発するスマートフォン用オンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2es」に登場するキャラクターである。タグとしては「アネット PSO2es」で検索した方が多くヒットする。
目次 [非表示]

CV:佳村はるか

概要

PSO2esのストーリーにて登場する、メインキャラクターの一人。年齢16歳、身長157センチとジェネより1センチ低い。一人称は「私」。

ストーリー内ではプレイヤーがリーダーを務めるチーム、その名も「ダーカーバスターズ」に所属している。チームメイトであるジェネらと同じく、プレイヤーのことはリーダーと呼ぶ。

本編時点ではすでに病死している弟がいたことが明言されている。なんでもその弟は、ウェポノイドのモアにそっくりだったとか。

アークスになる前は研究者をしており、「人体とフォトンについて」研究をしていた。


種族はニューマン

本編の立ち絵では、表情などによって長い耳が垂れ下がったりして、とても可愛い。(実際に、ニューマンの耳は猫の耳と同じように、ピョコピョコ動くという設定がある)

顔立ちは綺麗に整っており、腰辺りまで伸びる長く艶やかな黒髪を持ち、ゴシック風なコスチュームを着込んでいる。

性格は文字通り、冷静沈着。常に理性的であり、時には冷酷な判断も辞さないクールビューティー。そんな性格が災いし、仲間と仲違いをしてしまうことも…。また、モアに関わることになると、弟に似ているということもあってか、優しい表情を見せたり、冷静さを欠いて感情的になる一面もあり、ジェネとはまた違った魅力を持つキャラクターでもある。

ちなみに、ジェネの記事にも記述していることだが、本家には色々とブッ飛んだ人物が多い。それに対して、アネットはジェネと並ぶ普通の少女。

本家とこちらで、どうしてここまで差が出てしまったのか、甚だ疑問である。


本家の方では、アネット自身が登場したり、彼女が着用しているコスチューム「グラファイトローズ」や、髪型などが有料で配信されていた。

クラス(職業のようなもの)は味方の補助を得意とするテクター。


PSO2es本編ではチップとして、水着バージョンやサンタコスバージョンなどのバリエーションが多く実装されている。画像は実装された順番。

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品

水着バージョンでは髪を二つ結びにしている。2021年の水着ではツインテールに。

2018年夏期ACスクラッチでは、左端の画像の水着がレイヤリング形式で配信されている。その右隣りの水着もコスチュームとして配信された。


また、2018年最初の限定チップでは巫女服を着たチップが短期間配信。

ニューイヤーアネット

ジェネとはまた違った魅力に溢れる逸品である。


公式ウェブマンガ

うえぽの!

PSO2es公式サイトにおいて、本編には還元されない番外編のような何かの4コマ漫画「うえぽの!」が連載されている。また電撃G's magazine.comにおいては、うえぽの!の裏・公式コミックを謳う何か「うえぽの!テイスティ」も、絶賛(?)連載中。

タイトルのうえぽの!は本編に登場するウェポノイドが由来。実際に作中にも多数のウェポノイドが登場する。後者にくっ付いているテイスティ(Tasty)とは、おいしい・魅力的な、などを意味する英単語。いろんな意味でおいしく、また魅力的。


記念すべきうえぽの!第1話では、敢えて何を指してかは言わないが「ちまー」と描かれてしまう最悪のスタートを切る。初っ端から超現実へぶっ飛んでるぜ。

基本的に作中のアネットはチームメイトのブルーノに対する当たりが強く、モアに対する愛情が仲間のそれを逸脱しているような描写が目立つ。そして本作はギャグ漫画なので、もちろんギャグもしっかりとこなす。

第12話では、とあるウェポノイドが所持していた怪しげな本を目にしたことで、何かに目覚める。これに関連して、テイスティの方ではこれでもかと推され始める。

当の本人は「ブルーノ×リーダー」を推している。

当人は逆にジェネからきわどいボディタッチをされており、盗み聞きや覗き見などストーカーチックなことをされている。


恋やかん

余り出番はなく、忘れた頃に姿を見せる。

モアが好きで好きでたまらない重度のショタコンになっており、モアを私のものにするためにツナ缶をエサにしたトラップを張るが、代わりにデュナが引っ掛かってしまった。それをモアに見られたことで「デュナをいじめている」と誤解を受けてしまう。


ぎゅ。

当初はリーダーことrtfぎゅhklに不審を見せていたが、次第に面倒見がよくなっていった。

またこの漫画では基本的にツッコミ役であり、ツッコミを入れる際は口調が一変する。上記2作とは違ってショタコンの気はなく、モアから「アネット、お前重いだろ!」と言われた時はボコボコにしていた。


余談

ジェネがあんなのであるのに対して、こちらはかなりまないt…もとい、控えめである。両極端にもほどがあるが、これはこれで需要もある…と思いたいところだ。


ちなみに彼女が描かれた抱き枕形武器迷彩なんてものがある。さすがに裏面に脱いだりはだけたりした状態は描かれていないが。

…しかし、現実のイベントで発売された彼女の抱き枕は裏面もバッチリ描かれており、そこには上気して顔を赤らめた悩ましい表情の彼女が。しっとり汗もかいていてとっても紳士向け。

こちらの抱き枕形武器迷彩も無事ゲームに逆輸入されました。

また、別デザインの水着抱き枕も販売予定。


フィギュアでは水着姿がデザイン。体の細さ(特に浮き出たあばら)に力が入っており、スカート部分は着脱可能。


「ビジュアル&チップコレクション」によれば、実は「完璧主義者なので美意識が高い」という設定があり、衣装や下着は格好良さ重視で選んだという。なのでジェネに負けず劣らずすごい下着となっている。いや、むしろフェチ的な意味ではジェネをも上回るかも知れない。というのも、パンツ本体は黒のレース付き紐パン。しかもガーターベルトまで付いている豪華仕様なのである。

クールなふりしてあの子、わりとやるもんだねと。だがそれがいい!

ちなみにこのコスチュームは、プレイヤーが着て走るとスカートの後ろがめくれ続けて常時パンチラ状態になる。実はPSO2だとロングスカートの方がパンチラが激しいのだ。


過去

両親からはまったく構ってもらえないという冷え切った家庭環境で育った。その中で唯一「家族」と呼べたのが弟のリュロだった。しかし、リュロは病に伏してしまう。とある研究所から、高額の治療費を負担してもらうという条件で勧誘され、研究者となった。そのため研究に没頭することとなり、リュロが亡くなるまで会うこともできない状況だった。

守りたい者も守れず、孤独の中で死なせてしまったことは今でも心の傷として抱えている。彼女がダーカーバスターズに加わったのも、モアがリュロと似ていたからである。


関連タグ

ファンタシースターオンライン2_es ダーカーバスターズ PSO2NPC一覧


マノン(PSO2NGS)PSO2NGSのヒロインの一人。親友を支えるクールなニューマン女性という共通点がある。

エクセラ・ノア・アウラ:セガから発売されたゲームシャイニング・レゾナンスのヒロインの一人。DLCにてアネットとよく似た水着を着ている。

関連記事

親記事

ダーカーバスターズ だーかーばすたーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました