ピクシブ百科事典

アメリカ合衆国横断

あめりかがっしゅうこくおうだん

水曜どうでしょうの海外企画の一つ
目次[非表示]

1999年4月14日~6月16日まで8回に渡って放送された企画。
第1回目では「ANAに誘われ、サンフランシスコを紹介する」という企画のもと、プロローグの「ANAで行くサンフランシスコ」が行われたが、その“ついで”としてワシントンD.C.までのアメリカ横断に企画が変更された。企画全般に渡って、アメリカでの地域時差修正による走行スケジュールの調整で苦しんでいる様子が見られる。どうでしょうClassicで数少ない原曲の1/6の夢旅人が使用されている企画でもある。
使用した車両はシボレーアストロ

主な事件

大泉さんラスベガスで大損

第2夜でのこと。ラスベガスに到着したどうでしょう班は「お金をかけず」に楽しむためにラスベガスで行われる無料のショーを見たものの、ディレクター陣と大泉の強い要望でカジノを行うことになる。
30分1本勝負で一人50ドルを持って行ったところ、嬉野雅道(うれしー)は24ドル、藤村忠寿(藤村D)は150ドルの勝利となったものの、ミスターと大泉は全額スる。さらに大泉がD陣の儲けたお金でもう一度カジノに行こうとしてうれしーと口論。大泉がD陣の金を「倍返しにする」と豪語し、D陣は許可し見事400ドルの勝利を収める。しかしここで欲を出したために見事撃沈し全額スってしまう。ルームサービスを含め174ドルの借金を発生させてしまった。

大泉さん倒れる

ホテルのレストランでの食事中に大泉が廊下で倒れた事件。リバースしようとしている大泉に藤村Dが買ったばかりのトレーナーを差し出し、「吐くならこれに吐け」と渡し、大泉はそれにリバース。トレーナーを洗おうとしたミスターが大量の吐瀉物に驚き、彼もリバースしてしまった。大泉は本気で死を覚悟したらしいが、翌朝には何事もなかったかのように復活し、カメラの前で前夜の出来事を語っていた。あまりに突然の出来事だったため、カメラは回っておらずVTRがない。第4夜でこの話を聞くことが出来る。

ミスター激怒→インキーマン

詳細はインキーマンを参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「アメリカ合衆国横断」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3149

コメント