ピクシブ百科事典

アリス(モンスト)

ありす

mixi発のXFLAGスタジオ製作のソーシャルゲーム「モンスターストライク」に登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

ねえ、世界を蹂躙しちゃってもいいかな? いいよね♡

概要

モンスターストライク』に登場する、少女の姿をした闇属性の女性型キャラクター。闇属性限定プレミアムガチャ(過去には獣神祭)の時ににて入手可能。
名前の由来はルイス・キャロル児童小説不思議の国のアリス」の主人公アリス

2014年5月に初登場、ガチャ限定だけに性能面などは申し分ない強さを誇っていたが、次々と強力なキャラクターが登場するうちに、そこまで強さを実感する場面が次第に減ってきた。

そんな状況下で2015年9月、ついに悲願の神化することが決定したのであった。
神化することで進化状態をさらに強化したような友情コンボに、HPの回復や仲間のステータス異常の回復などサポート面にも特化した性能となった。
何よりも彼女の真価を発揮するのは、通称「艦隊編成」とよばれる複数体パーティに入れる事である。そうすることでそれまで凶悪な難易度を誇っていた一部の降臨クエストの難易度がヌルゲー化したと絶賛されている。
特にハクアでは難易度を一変させたと言われている。

時が経って2018年10月には獣神化を果たす。性能については後述。

進化・神化・獣神化比較

  • 通常進化「不思議の国のアリス」
    種族妖精
    タイプバランス
    ボール反射
    アビリティアンチダメージウォール
    ラックスキルクリティカル
    友情コンボ貫通ホーミング8
    SS〈アリス・イン・ワンダーランド〉不思議の国の魔導波を撃ったあとマシンガンで追撃(21ターン)


  • 神化合体「不思議の国の女王アリス」
    種族妖精
    タイプバランス
    ボール貫通
    アビリティアンチダメージウォール
    ゲージショット回復 / 状態異常回復
    ラックスキルクリティカル
    友情コンボ超強貫通ホーミング8 / 貫通ホーミング8
    SS〈アリス・イン・マッドランド〉自身のスピードとパワーがアップ&シールドンに大ダメージ(18ターン)

  • 獣神化「鏡の国の絶対女王 アリス」
    種族妖精
    タイプバランス
    ボール貫通
    アビリティ超アンチダメージウォール / 回復M
    ゲージショット状態異常回復
    ラックスキルクリティカル
    友情コンボ超強貫通ホーミング18 / バラージショットガン
    SS〈アリス・イン・クレイジーランド〉自身のスピードとパワーがアップ&最初にふれた敵に貫通弾を放つ(16+8ターン)

獣神化後のステータスは、神化版の上位互換となっている。
アビリティはアンチダメージウォールが超となったほか、回復アビリティが強化されてゲージショット失敗でも回復できるようになった。
友情コンボは超強貫通ホーミングとバラージショットガン。ホーミング特化ではなくなったが、ホーミング弾数はむしろ増えており、バラージショットガンによってホーミング対策のある敵にも対応可能となった。
SSも配置によっては相手に大ダメージが狙えるものとなっており、攻撃・サポート両面でさらに頼れるようになった。

バックストーリー

性格元気で天真爛漫
誕生日3/30
性別
好きなもの可愛いもの、お菓子、クレイジーラビット
苦手なもの退屈な時間

※XFLAG DICTIONARYより

お気に入りのウサギのぬいぐるみクレイジーラビット」を抱えて、不思議の国にやってきた少女。

  • 進化前は襲い来るトランプ兵との戦いに挑むため、マシンガンを携える姿。
  • 進化後はマシンガンで敵を乱れ撃ちすることに楽しさを覚えた姿。心強い相棒となったクレイジーラビットと共に、ハートの女王に立ち向かう。
  • 神化後はハートの女王との戦いに勝利し、不思議の国の女王に君臨した。ハートの女王の武器や衣装も「可愛いから」という理由で全部自分のものとしてしまった。
  • 獣神化後はハートの女王から不思議の国を乗っ取った後、更なる楽しいことを求めて鏡の国に遊びに行き、赤の女王白の女王を倒して鏡の国も乗っ取った。チェスの要塞城にて下僕(アリス曰く「新しいお友達」)のチェス兵たちに楽しく指示を出し、世界を蹂躙している。クレイジーラビットはチェスのナイトにまたがって、アリスを守る騎士として周りを飛び回っている。

関連タグ

アリス 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス
マシンガン ぬいぐるみ
モンスト

pixivに投稿された作品 pixivで「アリス(モンスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288950

コメント