ピクシブ百科事典

イキアタリバッタリサイキンメーカー

いきあたりばったりさいきんめーかー

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC20巻収録「へやいっぱいの大ドラやき」。
その名の通り、行き当たりばったりで細菌を作ることができる機械。どんな菌が出来るかは本当に行き当たりばったりで決まる為、下手をすると大惨事になる可能性もある。
22世紀でも危険なひみつ道具として認知されているらしく、作中ではドラえもんのび太にこの道具の危険性を説明している。

作中ではドラ焼きを沢山食べたいと考えたドラえもんや、この道具を使用して便利な菌を作りたいと考えたのび太により様々な菌が生み出されたが、一部を除いてどの菌も役に立たないものばかりで、最終的には空気が存在する限り無限に巨大化する「ドラや菌」が生み出されてしまった。

一度生み出した菌は、専用のライト型ひみつ道具を使用することで滅菌出来る。この道具の名称は原作版では不明だが、参考として『ドラえもんのひみつ道具使い方事典2』では「ハザード・ランプ」、水田わさび版アニメ「へやいっぱいの大どらやき」では「殺菌ライト」という名称が付けられた。

また、スピンオフ作品『ザ・ドラえもんズスペシャル ロボット養成学校編』では、この道具によって開発された「腐食菌」(金属を全て腐食してしまう菌)が世界中に広がったことで文明崩壊が起こり、生活レベルが原始時代レベルまで戻ってしまった

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具 ドラ焼き
生物兵器 化学兵器 生物化学兵器

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イキアタリバッタリサイキンメーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287

コメント