ピクシブ百科事典

イーノ・アッバーブ

いーのあっばーぶ

イーノ・アッバーブ (Ino Abbab)とは、アニメ『機動戦士ガンダムZZ』に搭乗する架空の人物。
目次[非表示]

声:菊池正美

年齢は14歳(後に15歳になる)。

概要

奥ゆかしく温厚な人柄。そのために、仲間達に意見しようとしても反対に押し切られてしまう場面もあった。非常に仲間想いな面もあり、そのためビーチャ・オーレグモンド・アガケがアーガマを敵に売ろうとした事を知りながらもこれを糾弾することができなかった。(小説版では未遂に終わった後に2人が原因でアーガマの位置が探知されたのを隠して自分がやったと隠していた。)

しかし、決して小心者というわけではなく、初めて搭乗したコア・トップを操縦してドッキングを成功させる、頭部を破壊されたΖガンダムザクⅡの頭部を取り付けて(通称:Zザク)そのまま出撃する(12話)、成り行きからではあったがジュドー・アーシタと共にアクシズ旗艦サダラーンへと潜入するなど、時に大胆な一面も見せる。

敵の人質になったり、爆弾を体に括り付けられたり、女装させられたり(40話。余談だがそのときジュドーも一緒に潜入の為に女装していた。ちなみにジュドーはあまりの酷さに入口で門前払いを食らわされたが、イーノはそのまま女として潜入している)と本編では不幸な役回りが目立つが、第一次ネオ・ジオン抗争を通して己の意見をはっきりと口に出せるようになるなど成長していき、無事に終戦まで戦い抜く。

彼の搭乗したΖザクはあくまで応急措置を施した機体で全天周囲モニターも満足に機能しない代物であったが、攻め来るガザC部隊を相手に善戦している。また、慣れない砂漠戦においてもMSZ-010 ZZガンダムをそれなりに乗りこなすなど(25話)、MSパイロットとしての資質は意外にも高いものを備えていたようである。

また、人手不足のアーガマにおいてブリッジ要員や機体の整備も務め、器用な存在でもある。特に小説版では、MSの整備に興味を示し自ら率先して学んだのは彼だけであったため、アストナージ・メドッソは感激し、特に目をかけていた。

戦争終結後は、月面フォン・ブラウン市にて木星圏へ旅立つジュドーとルーを、仲間と共に見送っている。

搭乗機

コアトップ
コアベース
MSZ-010 ZZガンダム
Zザク
ドダイ改
メガライダー

関連項目

機動戦士ガンダムΖΖ ジュドー・アーシタ ビーチャ・オーレグ エル・ビアンノ モンド・アガケ ルー・ルカ エルピー・プル リィナ・アーシタ ブライト・ノア

pixivに投稿された作品 pixivで「イーノ・アッバーブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7391

コメント