ピクシブ百科事典

ガガーン

はいてくくりすたるぱわー

たった一つの命を捨てて 生まれ変わった不死身の身体 鉄の悪魔を叩いて砕くガガーンがやらねば誰がやる!
目次[非表示]

誘導

  1. 衝撃を受けた状況を示す効果音ガーン』の強調、もしくは複合形。
  2. TVアニメ宇宙大帝ゴッドシグマ』の登場人物。
  3. いわゆるまとめサイトコメント欄に頻繁に書き込まれた語句『エルダー帝国ガガーン少将(宇宙大帝ゴッドシグマ)』。

エルダー帝国ガガーン少将

CV:寺島幹夫

『宇宙大帝ゴッドシグマ』第27話『2300年の敵』から登場。
地球侵攻軍総司令官・テラルの許に、エルダー帝国元老院からのテコ入れとして、副官ダルトン・科学技術長官メサとともに派遣されてきた。
あまりにタカ派すぎるため元老院からは毛嫌いされており、厄介払いも兼ねて侵攻軍のNo.2に着任。上官たるテラルを失脚に追い込み、新たな総司令として全権を掌握するに到る。

意に沿わぬ者は容赦なく粛清する冷酷残忍野心家で、敵からよりも味方から怖れられているという人物。

最後はガルゴスに載ってゴッドシグマを襲うも相打ちとなり大爆発。脱出し、逃走を図ったがテラルに追い詰められ、彼(女)の正体を告白して動揺を誘うが、テラルと壇闘志也の銃撃を受けて負傷。何とかテラルを撃ち殺すも、「貴様のような奴は平和の敵だ!」と怒り心頭に達した闘志也に蜂の巣にされ、転落死した。

スーパーロボット大戦

CV:藤原啓治(代役)

スーパーロボット大戦Z』(2008年)に登場。
この作品ではシナリオ開始時点で、ベガ星連合軍のスカルムーン基地(『UFOロボグレンダイザー』)にアルデバロン(『宇宙戦士バルディオス』)・ガイゾック(『無敵超人ザンボット3』)・エルダーが結集したスカルムーン連合が結成されている。

ガガーン少将は途中で合流したヒューギ・ゼラバイア(『超重神グラヴィオンZwei』)を伴い連合に参加。
原作準拠の残忍さを披露し、キラー・ザ・ブッチャーとは早々に意気投合する一方、ベガ大王ゼオ・ガットラー「ワシでもここまではやらんぞ」ドン引きするという一幕も。
ゴッドΣグラヴィオンは名前がカンに触るらしい。

最後はS-1星人を盾にして逃げようとしたことを受けて逆上したガットラーに撃たれ、原作通り闘志也に射殺された。

謎の書き込み

『宇宙大帝ゴッドシグマ』はイカしたテーマ曲や終盤の超展開が現在も高く評価されてはいるが、続編リメイクはなく、長年映像ソフト化されなかった(なんと2011年になってからである)こともあり、1980年代に多数発表されたロボットアニメの中でも知名度が(比較的に)低い作品である。

SRWでも上述の『Z』が初参戦であり、以来『第2次Z破界篇』『第2次Z再世篇』と『X-Ω』にゴッドシグマは参戦しているが、ガガーン少将の登場は『Z』一作のみ。

そのため、まとめサイトのコメント欄に
『エルダー帝国ガガーン少将(宇宙大帝ゴッドシグマ)』
という文章が書き込まれても、多くの閲覧者にとっては何のことかさっぱりわからなかった。そして現在も、この書き込みの意味や意図は明らかではない。

いわゆる荒らし行為の一種と見なされてはいるが、『話題と無関係な書き込み』の中でも、闇雲に下ネタを連呼したり、特定の何かに対する批判(罵倒)に執着するよりはマシというものだろう。

関連記事

親記事

宇宙大帝ゴッドシグマ うちゅうたいていごっどしぐま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガガーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 757

コメント