ピクシブ百科事典

ガイゾック

がいぞっく

『無敵超人ザンボット3』に登場する謎の敵対勢力、およびその首魁の通称。
目次[非表示]

概要

地球に突如襲来した外宇宙からの勢力。
土偶を思わせる戦艦である「バンドック」を旗艦とし、キラー・ザ・ブッチャーが司令官となって、「メカブースト」を主戦力にした破壊や殺戮活動を行っている。
かつては神ファミリーの先祖達の母星である「ビアル星」を滅ぼしており、神ファミリーにとっては自分達の身を犠牲にしてでも倒さなければならない存在となっている。

数多くのロボットアニメに登場した異星人勢力の中でも極めて残虐非道な集団であり、文字通り人間に爆弾を埋め込んだ「人間爆弾」による爆破活動は「ザンボット3」を最も象徴する要素の一つとして有名。準レギュラーに近いキャラクターの数人も、様々な形でこれの犠牲となっている。
名称の由来はおそらく「海賊(かいぞく)」と思われるが、やっている事はもはや海賊どころでは済まされず「殺戮集団」に等しいものである。

戦力

バンドック

ガイゾックの母艦及び本拠地となっている巨大な移動要塞。
遮光器土偶の頭部が4脚付きの台座に乗ったような独特なフォルムが最大の特徴。
基本的にはキラー・ザ・ブッチャーが指揮を執っているが、内部には真の黒幕「コンピュータードール第8号」の本体も隠れ潜んでおり、この本体はバンドックの動力源ともなっている。
主砲「バンドック砲」を始めとした数々の強力な武装による高い戦闘能力、重装甲と要塞全面を覆う強力なバリアに守られた鉄壁の防御力を有している。
またその活動可能範囲は陸海空を問わない万能自在さを誇り、ザンボット3やキング・ビアルですら手出しできない海溝の奥深くに苦も無く潜むことも可能なほどであり、ガイゾックの神出鬼没振りはこの要塞の汎用性の高さに因るところが大きい。
内部にはメカブーストの製造工場や格納庫の他、研究施設、ブッチャーが趣味で自身専用に設置した娯楽施設などもあり、設備も充実している。
土偶型の頭部は独立した機動ユニットにもなっており、緊急時には分離して戦闘の続行が可能。

メカブースト

ガイゾックが主戦力としている戦闘用ロボット。
その多くは生物や兵器をモチーフとしたものであり、基本的に人類の通常兵器では全く歯が立たず、実質ザンボット3以外には対抗不可能な高い戦闘能力を誇る。
毎回異なる容姿や性質を持った個性的なメカブーストが登場し、ザンボット3と死闘を繰り広げるのが話のトリを飾る基本的なお約束となっている。
バンドック内部の製造工場で造り出されるが、一部例外もある。

赤騎士ヘルダイン、青騎士デスカイン

バンドックの奥深くに封印されている2体の騎士型メカブーストで、バイクに似た台車の上に鎧騎士の上半身が乗ったような外見をしている。
メカブーストの中では最強の戦闘能力を誇るガイゾック側の切り札の一つであり、普段はその強大さ故に使われることはない。
コンピュータドール第8号により封印を解く命令が下された際には、享楽主義者のブッチャーも驚愕して真の意味で事の重大さを悟り、遊び心を捨て本腰を入れている。
2体での連携戦術を得意とするが、単体でも十二分に強い。

正体

物語の後半に入るまでガイゾックの最高指導者はブッチャーだと誰もが思っていたが、地球人の香月慎吾がバンドックからの脱出を試みていた際に初めて真の支配者の存在が語られる事になった。

残虐非道と下劣さを併せ持ったブッチャーですらも震え上がるしかないその真の支配者の正体は、ガイゾック星人が造り上げた生体端末「コンピュータードール」であった。
コンピュータードールは悪い思考をした生命体の住む星を滅ぼす事を使命としてプログラムされていた為にビアル星や地球といった惑星に攻撃を仕掛けており、とどのつまりガイゾックにとっての殺戮活動の真意は「宇宙の秩序に混乱を巻き起こしうるバグの消去」のようなものであった。
ただし人間爆弾等の非道な作戦はあくまでもブッチャーが遊び感覚で独断に行ったに過ぎず、あまりにも無軌道かつ非効率なやり方で作戦を遂行する彼にはコンピュータードールも次第に痺れを切らしていたようである。

ブッチャーの詰めの甘さによる度重なる失敗が原因でバンドックが大きな攻撃を受ける事態となった結果、激怒したコンピュータードールはブッチャーに懲罰を行った後赤騎士ヘルダインと青騎士デスカインの封印を解かせてブッチャー自身に出撃を命令するも結局ブッチャーは死亡。遂に自らバンドックで攻撃を仕掛けるもザンブルとザンベースの特攻を受け、更には内部に神勝平のザンボエースが突入した結果、コンピュータードールも機能停止寸前にまで陥る。
最後は自らの元へ辿り着いた勝平に自らが生み出された目的を明かし、彼らが命を犠牲にしてまで身勝手な地球の人間を守る必要があったのかという問答をしあった後爆発した。
自分達の行為を無意味だったと認めたくなかった勝平は最後まで地球の人間を信じようとする返答をしていたが、結局はコンピュータードールの言葉を完全に否定するまでには至らなかった。

ガイゾックの謎

余談であるが、ガイゾックに関しては幾つかの謎を残したまま「ザンボット3」の物語は終幕を迎えている。そのおおまかは以下の通りである。

  • コンピュータードールが「第8号」であった事から、同型が存在する可能性はあるか(少なくとも7基)?
  • コンピュータードールを造り出したガイゾック星やガイゾック星人が現在も存続しているか?
  • コンピュータードールは正常に機能していたと言えるか?
  • 何の権利があってこのような殺戮行動を行うのか?
  • ガイゾック星人の「善悪の基準」は果たして地球やビアルと同じものだったのか?
  • そもそもコンピュータードールを生み出したガイゾック星人達の文明は何だったのか?宇宙の秩序とはいつどこで定められたものなのか?混乱を巻き起こしているのはむしろガイゾックの方ではないのか?

これらの謎について考えると、神ファミリーの殆どが犠牲になって撃退したガイゾックは、未だに太陽系外宇宙のどこかで存続しながら他の文明と戦いを繰り広げている可能性も否定できない。
ビアル星の記録にもガイゾック星に関する詳細が無かった為、結局の所ガイゾックとは何だったのかについては未だに明かされないままである。

関連タグ

キラー・ザ・ブッチャー ラスボス
ザンボット3

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイゾック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1476

コメント