ピクシブ百科事典

御使い

みつかい

神などの使いとして現れる存在。天使などと同義。フィクションにおいても度々用いられる。

などの使いとして現れる存在のこと。
天使などと同義の言葉として用いられることが多い。

  1. ゲーム『サモンナイト4』に登場するキャラクターの肩書き。(メインイラスト)
  2. ゲーム『第3次スーパーロボット大戦Z』に登場する集団。

サモンナイト4の御使い

「竜の子(リュームorミルリーフorコーラル)」に仕えている存在。
虹色の流星として落ちてきた竜の子の卵を追って、トレイユの町にやって来る。

リビエル
霊界サプレス出身の天使。

セイロン
鬼妖界シルターンから来た龍人族の青年。

アロエリ
幻獣界メイトルパの有翼の亜人“セルファン族”の女戦士。

クラウレ
幻獣界メイトルパの亜人“セルファン族”の戦士。アロエリの兄で御使いたちのリーダー。

第3次スーパーロボット大戦Zの御使い

スーパーロボット大戦Zシリーズの戦乱の全ての元凶である高次元生命体にして根源的災厄の正体であり、喜びのアドヴェント怒りのドクトリン哀しみのサクリファイ楽しみのテンプティの四人で構成された一団。
人造神「至高神ソル」に仕え神の力を行使する存在であり自らを「全ての存在の頂点に立つ者」と自称しているが、四人揃ってその精神構造や思考は醜悪なまでの傲慢さと独善に染まりきっており、自分達こそが全ての至高の存在であると自惚れると共に自分達以外の存在全てを見下し、シンカを果たした存在として他の種を導くという本来の使命を行使する事無く、その独善によって数え切れない数の銀河や命を滅ぼし、多元世界に戦乱の種をばら撒き続けたという、究極のエゴの塊ともいえる悪意に満ちた存在である
自身の目的や欲望のために他者の命を弄び踏み躙る事も何とも思っておらず、本作の主人公であるヒビキもまた、彼らに人生を狂わされ、踏み躙られた者の一人である。
しかしそんな彼らも最終的にはZ-BLUEの前に遂に屈する事となり、ドクトリン、サクリファイ、テンプティの三人はアドヴェントにより至高神Zを生み出すための生贄として彼に吸収される末路を辿り(ドクトリンとテンプティに至ってはアドヴェントに必死に命乞いをした挙句の最期という特に無様且つ惨め極まりない小悪党そのものな最期だった)、自ら神となって理想の世界を創造しようとしたアドヴェントもZ-BLUEとの最終決戦にて敗れる事となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「御使い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7386

コメント