ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ギレーヌでいい。さんはいらん」

CV豊口めぐみ


概要

猫系の獣族「デドルディア族」の女剣士

三大剣術流派の一つ『剣神流』の使い手であり、"剣王"の称号を持つ。

冒険者パーティ「黒狼の牙」の元メンバーで、主人公・ルーデウスの両親とは昔の仲間。


獣族の王家「ドルディア族」族長の血筋だが、幼少期は「獣返り」と呼ばれる知性や理性を持たない人を襲う凶暴な獣そのものだったので、追い出される形で旅の剣士に預けられて「剣の聖地」で修業し、師匠から世の中を知るように言われて旅をして、冒険者パーティ「黒狼の牙」に加入。

パーティメンバーのパウロゼニスの結婚を機にパーティが解散した際は、一人では仕事ができず無一文で路頭に迷う。

行き倒れているところをエリスとその祖父に拾われ、エリスの護衛・剣術の師匠として雇われる。エリスのことは「お嬢様」と呼ぶが、師匠として接する場合は「エリス」と呼び捨てにしている。


ルーデウスがエリスの家庭教師になった際には、ルーデウスにも剣術を教えると、同時にエリスと一緒に読み書き・魔術・算術をルーデウスから教わるようになった。(ルーデウスに剣神流の才能がないのには気づいていたので北神流を紹介しようと考えていた)


容姿

のような髪と褐色の肌を持つ女性。獣族特有のケモミミ尻尾が生えている。

鍛え抜かれた肉体には戦いでの傷が点々としており、魔眼である右目には眼帯を着用。加えてスタイルの良い美人。

スピード重視で動きやすさを追求する剣神流なため、非常に露出が高い服装で、羽織った上着以外はほぼ下着にしか見えない。


人物像

男口調で喋る女傑で、やや素っ気ない態度も多いが割と面倒見はいい。体育会系の脳筋と評される獣族の例に洩れず頭が悪く、自分の職務や役割に関して真面目に取り組もうとするが、「複数の指示を与えると全部忘れて敵に突っ込み、指示を忘れていたことすら忘れる」「極限状態になると敵味方の区別がつかなくなって暴れる」など、元仲間からは「脳まで筋肉」「直感で二択を当てる時だけは役に立つ」と散々な評価をされている。


ただし、師匠から叩き込まれた剣神流の理論や知識に関してはしっかり理解しており、剣術に関してなら合理的な説明ができる。もっとも応用力がないので、教わったことをそのまま教えるしかできない。



戦闘能力

「剣神流」の中でも4番目の強さとされるほどの実力者。奥義である「光の太刀」で聖級以下の剣士なら文字通り瞬殺でき、天才剣士と呼ばれているパウロでも一度も勝ったことがない。

実力的には上位の剣帝と大差はなく、師匠からは合理的な思考を身に着けずに乱暴者のままだったら、剣帝になれたと教育に失敗したと思われている。

また、魔力を視認する「魔力眼」を右目に宿し、獣族の鋭い五感も相まって索敵にも秀でる。


装備

  • 平宗(ひらむね)

赤い片刃の魔剣。金属や霊体への攻撃力が上昇する効果を持つ。

師匠である剣神ガル・ファリオンのコレクションの一つで剣王の身分証明にも使っている。


  • 剣神流のコート

剣聖以上の剣士に与えられるコート。


指導者として

指導者としては師匠から教わった合理的な説明で相手の悪いところを説明するので、ルーデウスにとっては、感覚派でまともに説明できないパウロや、実戦形式で教えるルイジェルドよりも分かりやすかった。逆に感覚派のエリスはルイジェルドのほうが分かりやすいと言っている。また、応用力がないので自分が教わったやり方以外の教え方はできない。

龍神オルステッドはエリスに対して「もう少し分別を持ち、しかるべき師匠に付けばと」と言うなどギレーヌの指導者としての能力は評価してない。


関連人物

センシティブな作品

仕える主人で弟子。パーティ解散で仕事ができずに行き倒れたところを助けてくれた恩人で、非常に大事に思っており、エリスからも姉の様に慕われている。

師匠で育ての親。故郷から追い出されたギレーヌを引き取って「人の世界で生きたければ人のルールを守れ」と厳しく育てた。結果、ギレーヌは合理的な思考を身につけたが、「餓えた虎から子猫になった」と剣士としての成長を阻害したので教育に後悔している。

剣術を教えている弟子にして勉強を教わる先生。頭の悪い自分にさまざまな工夫をして読み書き、算術、魔術を覚えさせた事で師匠と同等の敬意を持っている。ギレーヌに読み書き、算術、魔術を覚えさせた事で、ルーデウスの教育能力の高さの証明となっている(ルークが礼儀作法を教えても、忘れている事すら忘れている有り様でまったく覚えられず、ルークはルーデウスを尊敬する結果になった)。

主人。一度妾にならないかと誘われたが、エリスに顔向けできないという理由で断っている。後に「受けておくんだった」と後悔していた。

かつての仲間。軽蔑しているが義理はあると元仲間で唯一解散後も交流していた。しかし、義理以外の感情はないと仲間関連を否定したパウロに情はないともとれる。フィットア領転移事件では元仲間で唯一パウロの家族の捜索に関わらずボレアス・グレイラット家臣の立場で動き、パウロの悲劇に対しても「だろうと思った」とゼニスやギースに対して見せた感情の動きを見せずにドライな反応をしている。

かつての仲間。パウロの事よりもゼニスに起きた悲劇の方がショックを受けている。

かつての仲間。ギャンブル癖の悪さに呆れているが、最後の別れの際は悲しそうにしていた。パーティ解散で別れる時に「人付き合いを恐れず、剣でも教えれば食いつなげる」とギレーヌにアドバイスをしており、ギレーヌがエリスに剣を教えるきっかけとなる。


余談

様々な属性てんこ盛りなキャラクターのためか、現在pixivに投稿されているイラストの約半数がR-18である。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品無題

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

無職転生 女剣士 眼帯 脳筋

ルーデウス・グレイラット エリス・ボレアス・グレイラット

関連記事

親記事

無職転生の登場人物一覧 むしょくてんせいのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました