ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「男は心の中に一本の剣を持っておかねばならん、大切な者を守るには―――」

CV:森川智之(アニメ版) /竹本英史(ドラマCD版)

概要

ルーデウスの父親。冒険者パーティ「黒狼の牙」の元リーダー。アスラ王国の上級貴族ノトス・グレイラット家の生まれだが、12歳で家を飛び出し冒険者として生活していた。しかしゼニスを妊娠させたことで、安定した生活を求めて冒険者を引退。従兄弟のフィリップを頼ってフィットア領ブエナ村駐在騎士の職に就いた。

人物像

巨乳好きの自由奔放で破天荒な性格。子どもの頃からノトス・グレイラット家の悪童として有名で厳格な父親に束縛されるのを嫌がっていた。家出して冒険者になってからは、どこぞの鬼畜戦士のごとく好き勝手に生きて各地に敵を作るが、評判の悪い相手でも偏見で見たりせず長所を見抜き、同じようなはぐれ者を集めて「黒狼の牙」を結成するなどリーダーシップに優れている(ただし、ゼニスと結婚する際に何らかの揉め事を起こしたらしく、元仲間たち(特にエリナリーゼとタルハンド)は今もパウロを嫌っている)。
ゼニスと出会ってからは彼女に気に入られようと更生していき、他の女性に手を出さないという約束で結婚するが、結局性欲に負けてメイドのリーリャに浮気をした。

擁護するとこの世界では一夫一妻はミリス教徒などの一部の考え方で複数の妻を持つのは珍しくなく、村長就任時に2人目の妻を娶るのがルールで決まっている村もある。
パウロの立場だと複数人妻を持っても珍しくなく、この世界ではあくまで約束を破った嘘つきで、開き直らないで謝るだけましとも言える。

父親の才能もないと評されて、家事など家のことはできないうえに、子どもの教育でも失敗しているが、親としての責任感は強く、異常な息子にも父親として愛情を持って接している。
ただ才覚に優れたルーデウスの事をやや過剰に期待しておりそこでも大きな失敗をしてしまう。

戦闘能力

剣術の三大流派「剣神流」「水神流」「北神流」を上級まで習得した優秀な剣士。攻撃・防御・立ち回りが揃った剣技は理想の剣士を体現したと評されている。
剣神流を主体にしているが、一番才能があるのは北神流で本気で戦う時は二刀流で獣じみた戦い方になる。しかし、北神流は「あれは剣を使って戦っているだけで剣術ではない」として好んでおらず使いたくないと言っている。
実力は聖級剣士程度で剣王のギレーヌには一度も勝ったことはない。

ルーデウスが実家にいた頃は剣術を教えていた剣の最初の師匠だが感覚派なので「クっと踏み込んでザンッ!って感じだ」など抽象的な説明しかできないうえに、ルーデウスの適性に気づかず適性に合った北神流を自分が嫌いだから教えないなど(どんな技を使うのか教えたりと対策は教授していた模様)客観性に欠けており指導者としての適性はない(作者曰わく教え子が何かを掴みそうになったらぶちのめして芽を摘むタイプ)。


無音の太刀
剣神流上級技。奥義である光の太刀の下位に位置する技で風切り音もなく斬る。光の太刀と違って片手でも使用可能。


水神流基本のカウンター技。敵の攻撃に剣を当てて受け流しカウンターを放つ。基礎的な技だが、極めればどんな攻撃でも返すことができ、全ての技に通じる重要な技なので、水神流では奥義と名づけている。

四足の型
獣族の北神流剣士が開発した技。四つん這いで相手に突進して近づき、身体をひねりながら跳躍して、腰の剣を抜刀し斬りつけると同時に口に咥えた剣を左手に持ち逆手で斬りつける。

関連タグ

無職転生

関連記事

親記事

無職転生 むしょくてんせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パウロ・グレイラット」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「パウロ・グレイラット」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1135225

コメント