ピクシブ百科事典

クマのプー太郎

くまのぷーたろう

『クマのプー太郎』とは、中川いさみの4コマ漫画作品である。アニメ化もされた。
目次[非表示]

概要

『クマのプー太郎』とは、1990年から1994年にかけて、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館刊)に連載された。

TVアニメも制作され、『ツヨシしっかりしなさい』や『信長協奏曲』と同様フジテレビが完全自社製作をしていたが、その影響かかなり不遇な扱いが目立っており、アニメ版はほぼ幻の存在になっている(後述)。

2016年から『週刊ファミ通』(エンターブレイン刊)に1ページマンガ『スナックプー太郎』が連載中。

ちなみに、同じくフジテレビのダウンタウンのごっつええ感じのコント、「紙芝居のおっさん」にも同名の紙芝居が登場しているが、無関係である。

登場キャラクター


テレビアニメ

1995年4月26日から1996年3月29日にフジテレビなどでTVアニメが放送された。実制作はスタジオディーンだが、著作権はフジテレビが持つ。

第1話から第18話まではフジテレビ系列24局ネットで水曜19:00-19:30に放送されていたが、第19話からローカルセールスとなり、フジテレビでは金曜17:00-17:30に放送された。第19話からは遅れネットなどで放送されたのは、秋田テレビ関西テレビ岡山放送テレビ熊本のみとなった。いったん打ち切ったテレビ熊本では、『ポケットモンスター』がポケモンショックでいったん打ち切られた際に穴埋めで最終話まで放送された。

1年間放送の割には話数が相当少なく、特にゴールデン時代は9ヶ月=39週のうち半分未満の18話分しか放送されず、1ヶ月以上放送されないことも複数あったが、これは特番の多発のためであり、スポーツ中継などの他、当時世間を震撼させたオウム真理教関連の報道が組まれていた。同じ時期にゴールデンで放送されていた『キテレツ大百科』や『ロミオの青い空』等にもこの傾向が見られた。

2019年現在、フジテレビが自主制作したTVアニメ作品の中ではVHSDVDが未だリリースされていないだけでなく、専門チャンネルやローカル局においても再放送されたことがない唯一の作品(これは『ツヨシ』も同様であったがこちらは2017年にアニマックスで再放送が解禁されている)。 しかし皮肉にも最終回でプー太郎が最後に言ったセリフは「再放送も観ろよな」である。

ソフト化・再放送されない要因は某有名キャラに名前が酷似すること、作品内で実在の歌手名や楽曲が使用されていたことによる版権問題、上記の休止の長さなどが推測に挙がっている。

主題歌

オープニング

「たいたいづくし」
歌:国本武春

エンディング

「元気を出して節」
歌:国本武春

関連記事

親記事

ビッグコミックスピリッツ びっぐこみっくすぴりっつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クマのプー太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110387

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました