ピクシブ百科事典

クリプトクリドゥス

くりぷとくりどぅす

ジュラ紀中期~後期に生息した首長竜。名前は「隠された鎖骨」の意味。
目次[非表示]

特徴

大きさ4メートルくらいでやや小柄だが、首だけでも2メートルほどもあった。
しかし体型は釣り合いの取れたコンパクトなもので、ヒレも大きく遊泳力はそれなりだったようだ(高速移動には向かなかったが)。
 
頭骨は大きめで、を閉じると両顎のカーブしたが互い違いになり、小さな獲物も逃さない構造になっていた。

暮らし

西ヨーロッパ周辺の浅い沿岸水域に生息し、小魚貝類甲殻類アンモナイトイカ等、小型の獲物を主食としていたようだ。
 
頭骨が大きいというのはもちろん「体型のわりに」という意味なので、魚竜や大型の魚類のような大物を襲うことなどできず、殆どの動物にとっては脅威とならなかった。
 
積極的に獲物を追い回すよりも待ち伏せスタイルだったと見られ、長い首を魚やイカなどの群れに突っ込んで捕らえていたとされるが、時には細い歯で海底堆積物をより分けて、カニ、小魚、ゴカイ等を探したりもしたのかもしれない。
捕らえた獲物は丸ごと飲み込んだ。
 
現生のアザラシアシカのように陸に上がることもできたようで、休息を取ったり、リオプレウロドン等のプリオサウルス類海ワニ等の外敵を避けたり、繁殖のためと多目的だった。
とはいえ、陸上での活動範囲は狭く、水際から遠く離れたところへは行けなかった模様。
時には浅いで楽しそうに動き回る茶目っ気のある動物だったとも言われている。

関連タグ

古生物 首長竜 プレシオサウルス類
ゴジラ・ザ・シリーズ…ほとんど同名の怪獣が登場する。

関連記事

親記事

プレシオサウルス類 ぷれしおさうるするい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クリプトクリドゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437

コメント