ピクシブ百科事典

グアンロン

ぐあんろん

ジュラ紀後期に中国に棲息していた小型の肉食恐竜。ティラノサウルス類の中でも特筆して古いメンバーだとされる。

データ

全長3メートルほど。名前は「冠の龍」を意味する中国語をそのままラテン語化したもの。
最大の特徴は鼻の上に存在する骨で出来たトサカ。トサカは薄く脆弱で武器としては役に立ちそうも無く、恐らく異性にアピールする為の装飾と見られる。発掘された大小2体の化石でトサカの形状・大きさに差異があった事から、年齢によってトサカの形状が変化した可能性も指摘されている。
(広い意味での)ティラノサウルスの仲間に分類されているが、前脚は後のティラノサウルス類と比較すると相対的に大きく、目立つ3本の指があった。


関連タグ

ティラノサウルス上科 プロケラトサウルス

関連記事

親記事

ティラノサウルス上科 てぃらのさうるすじょうか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グアンロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256578

コメント